RSS

記事一覧

『Hitman Go』などを開発したOnoma(旧Square Enix Montréal)が閉鎖。『Hitman Sniper: The Shadows』、『Space Invaders: Hidden Heroes』など4タイトルのサービス終了を発表

ss_36625e16b14f8db02d7c8cf6e2fa2fe2bd4a9313.1920x1080
Onoma(旧Square Enix Montréal)は、スマートフォンゲーム『Arena Battle Champions』、『Deus Ex Go』、『Hitman Sniper: The Shadows』、『Space Invaders: Hidden Heroes』のサービスを、現地時間2023年1月4日に終了することを発表した。

Square Enix Montréal はスクウェア・エニックスから Embracer Group に2022年8月に売却され、10月に Onoma とスタジオ名を変えて再出発していた。
が、11月には同じく Embracer Group に買収された Crystal Dynamics(近年の『トゥームレイダー』シリーズを開発) と Eidos-Montréal(『Marvel's Guardians of the Galaxy』などを開発)に開発能力を集中させるために閉鎖され、一部の開発社が移動したることが GamesIndustry.biz で明かされていた。

『Hitman Sniper: The Shadows』はスマートフォン向けAAAクラスのゲームとしてアナウンスされ、『Space Invaders: Hidden Heroes』は『スペースインベーダー』の位置情報ゲームとして日本でもマニアが注目していたが、ついに日本に配信されないまま終わってしまった。


Square Enix Montréal は、スマートフォンで『Hitman:Go』や『Hitman:Sniper』などオリジナルのヒット作を開発し、「スマートフォンでも売り切りゲームのヒット作は作れる」と、大手の中で最後まで有料ゲームにこだわっていた過去を持ち、スマートフォンのコアゲーマーの中では非常に特異な大手開発スタジオだった。
2018年に基本無料に移行したとき、それがニュースになるほど存在感があったのだが、これで完全にその歴史が終わってしまうこととなる。
悲しいが、これも時代の流れか。

関連リンク:
Embracer closing former Square Enix Montreal studio and QA team | GamesIndustry.biz

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント