RSS

記事一覧

2Kの『シヴィライゼーションⅤ』を基にしたMMOSLG、『シヴィライゼーション: 覇者の君臨』11月29日リリース。3種の勝利条件を持つ独自性の高い『Travian』系戦略ゲームになる模様

シヴィライゼーション:覇者の君臨 (App Store 予約受付  / GooglePlay 予約受付)
01_正式サービス開始日決定
ネクソンは、株式会社NDREAMが開発する新作モバイルMMOSLG『シヴィライゼーション:
覇者の君臨』の日本正式サービス開始日が2022年11月29日(火)に決定したことを発表し、アプリストアでの事前登録を開始した。
『シヴィライゼーション』は 2K が開発する人気戦略ゲームシリーズ。
文明の指導者となり、文化や化学を育成しながら国を育て、最終的に世界制覇を目指す、戦略ゲームだ。単に軍事力で世界を占領しても良いが、科学水準を高めて他国を圧倒したり、文化力を高めて他国の尊敬を集めて世界を制覇したりもできる、勝利の方向性が複数存在することが特徴。
本作はなかでも『シヴィライゼーションⅤ』をベースとして、大勢のプレイヤーが勢力を率いて同盟を作って世界の制覇を目指すものになるという。

さて、そんなゲームはどのような思いで開発されているのか?
それについては、NDREAMで本作の総括ディレクターを務めるキム・テゴンさん(左)と、開発プロデューサーのキム・ソンミンさん(右)のインタビューが届いているので、引用する形で掲載しておきたい。
 07_インタビュー
 
Q. 『シヴィライゼーション:覇者の君臨』は、ひと言で表すとすれば、どのようなゲームですか?

テゴン:

「ひとりではなく、みんなで楽しむシヴィライゼーション」と言えるかと思います。
 
Q. 今回の『シヴィライゼーション:覇者の君臨』の開発で重視した点はどこでしょうか?

テゴン:

『シヴィライゼーション5』の面白みは活かしつつも、大勢のプレイヤーが気軽に、簡単に楽しめるコンテンツをお届けすることに重きを置きました。
 
Q. シヴィライゼーション5をベースに制作した理由は?どのような要素をモバイル版でも楽しめるの
でしょうか。

テゴン:

「シヴィライゼーション」シリーズの中でも人気の高い『シヴィライゼーション5』の面白みを活かしつつ、大勢のプレイヤーが気軽に、簡単に楽しめるようにできないか?」という発想から始まりました。

ソンミン:
基本的には「シヴィライゼーション」シリーズ固有の特性を継承し、原作の偉人が持つ特徴も最大限に引き継いでいます。最も重要な「シヴィライゼーション」ならではの特徴は、「勝利条件」にあると考えています。様々な勝利条件が設定されているおかげで、プレイヤーは多種多様な遊び方ができるようになったと思います。また、「遺産」もシヴィライゼーションの重要な要素ですので、『シヴィライゼーション:覇者の君臨』ならではのやり方で継承、反映するために集中して取り組みました。
 06_ゲームイメージ5

Q. 従来の「シヴィライゼーション」シリーズとの違いは何でしょうか?

ソンミン:

最も大きな違いはジャンルですね。『シヴィライゼーション5』の要素は活かしつつも、ジャンルはMMOSLGになるよう調整しました。プレイヤー同士のインタラクションが発生するMMOの要素を考慮し、PvP戦闘コンテンツを追加したことが、本作の特徴です。基本的に共闘する同盟があり、侵略、占領、連合、対戦を繰り広げるというMMO要素は、本作で初めて披露することになります。
05_ゲームイメージ4

Q. 「シヴィライゼーション」シリーズはターン制の戦闘を踏襲していますが、『シヴィライゼーション:覇者の君臨』ではプレイヤー間のPvP戦闘が目を引きます。PvP戦闘にした目的は何でしょうか?
04_ゲームイメージ3

ソンミン:
『シヴィライゼーション:覇者の君臨』は、初期の企画段階から大勢のプレイヤーが楽しめるコンテンツを制作することに注力しました。一味違う楽しさをお届けできるように、個人の成長に留まらず、多人数のプレイヤーが集まって団体戦を楽しめるコンテンツに焦点を合わせました。そして、多人数で楽しくプレイするためには、ターン制よりはMMOSLGのほうがより向いていると判断しました。
 
Q. 同じジャンルの他タイトルと比べ、『シヴィライゼーション:覇者の君臨』ならではの差別化ポイントを教えてください。

テゴン:
「シヴィライゼーション」の強みである時代発展を通じて様々なユニットを運用できる点、同盟間の外交や歴史的な偉人を登用して戦略的に運用する体験、実在する有名な傑作を製作して収集する体験など、様々な差別化ポイントがあります。
ss3

Q. 公開されたゲーム映像を見ると、グラフィックのクオリティや偉人らのイラスト等にも目を見張るものがあります。最も重視した点はどこでしょうか?
ss4

ソンミン:
できるだけ時代考証に基づきつつも、個性や独自性を感じられるポイントを活かす部分に注力しました。たとえば、韓国のランドマークである城門は、極力時代考証に合わせて製作し、決まった空間内で重要施設が目立つよう、まわりのデザインは最小限に押さえるなどの工夫をしています。
03_ゲームイメージ2
 
Q.『シヴィライゼーション:覇者の君臨』はシーズン制のコンテンツが特徴的ですが、今回シーズン制を採用したきっかけは何でしょうか?また、シーズンごとにどのような記録がリセットされるのか気に
なります。

テゴン:
「シヴィライゼーション」シリーズの特徴である「勝利条件」を最大限に活かす方法として、シーズン制のコンテンツが最適であると判断しました。勝利条件の達成とともに、また新しいゲームがスタートする「シヴィライゼーション」の従来の仕組みを、シーズン制のコンテンツに落とし込んだ形になります。

ソンミン:
シーズン中にゲーム内で獲得可能な資源と文明の成長要素がリセットされ、次のシーズンでは新しい文明として生まれ変わります。シーズンが更新されてもリセットされないデータとしては、獲得済みの偉人と偉人装備、同盟基本情報などがあります。
 
Q. ゲームのビジネスモデル(BM)はどのようになっているでしょうか?

テゴン:
『シヴィライゼーション:覇者の君臨』の重要BMは、偉人と偉人に装着可能な装備です。文明を成長させるためには、様々なコンテンツをプレイする必要があります。数多くの偉人を手に入れて、戦略的に起用できるという楽しさを体感していただけるように、メインのBMは偉人に重きを置いています。そのために必要な主要資源は、プレイを続ければ十分に調達できるようバランスを調整しました。
 
Q. グローバルリリースの計画はありますか?

テゴン:
現在は韓国をはじめとしたアジアリリースに集中しています。
 
Q. 開発中の楽しかったエピソードや、開発にまつわる秘話などはありますか?

ソンミン:
冗談ですが、『シヴィライゼーション:覇者の君臨』開発メンバーは、「地獄行きの特等席」チケット所持者だなーと(笑)。ビルドの締め切り日に予期しない不具合が発生した場合、遅い時間帯でもやむを得ず開発メンバーに連絡をすることがあります。その度に申し訳ない気持ちになり、「我々はきっと地獄に落ちるよ…」と叫ぶ光景を目の当たりにします。深夜にもかかわらず常に誠実に対応いただき、メンバーにはいつもありがたく申し訳ない気持ちです。
 
Q. リリースを控えてた所感を聞かせていただけますか?また、『シヴィライゼーション:覇者の君臨』を心待ちにしているプレイヤーの皆様にひと言お願いします。

テゴン:
『シヴィライゼーション:覇者の君臨』のリリースのために、これまで大勢の開発チーム、関係部署メンバーが全力を注いでまいりました。開発メンバーの血と汗の結晶である『シヴィライゼーション:覇者の君臨』を、皆さんに楽しくプレイしていただきたいと願っています。

ソンミン:
『シヴィライゼーション:覇者の君臨』を皆様に楽しんで頂けたら、それ以上望むことはありません。開発メンバー全員の願いです。何卒よろしくお願いいたします。

以上。
インタビュー内容から見るに、『Travian』系ではあるが、原作に倣って制覇・科学・文化の3つの勝利条件が存在し、偉人なども登場する独自性が高いゲームになるようだ。
この手のジャンルをやりつくして、変化を求めているならやってみるのも良いかもしれない。

アプリリンク:
シヴィライゼーション:覇者の君臨 (App Store 予約受付  / GooglePlay 予約受付)

関連リンク:
シヴィライゼーション:覇者の君臨 公式サイト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント