RSS

記事一覧

宇宙の龍脈を追う少年少女の物語『OPUS 星歌の響き』、日本語吹き替え対応してiOS版の予約受付開始。予約すると12%オフで購入可能

OPUS 星歌の響き (App Store 1,200円 / Steam 2,570円 / Switch 2,680円)
552x414bb (1)
台湾のインディーデベロッパー SIGONO は、『OPUS:星歌の響き』の App Store 向け予約受付を開始した。
リリース前に予約をすると、通常価格の12%オフである1,200円で購入できる。
本作は地球を探す旅を描いた『OPUS  地球計画』、失われた技術を復活させて宇宙葬を執り行う『OPUS 魂の架け橋』に続く『OPUS』シリーズ第三弾。
“龍脈”のエネルギーを巡って大国が争い荒廃した宇宙を舞台に、龍脈を探す少年と龍脈を探す歌声を持つ巫女エイダがと出会い、その謎を解きながら物語は進んでいく。
どこか神秘的なグラフィック、美しい音楽や歌に彩られるシリーズの特徴はそのままに、今作では日本語吹き替えにも対応。より自然に物語に入り込める。
先行する Steam 版の評価は「圧倒的に好評」となっている。

Nintendo Switch版の動画はこちら。iOS版には「Full Bloom Edition」という表記はないが、同等のものになる。


本作は竜脈を巡って争い没落した一族の跡取りの少年と、そして謎の目的を持ち竜脈を探す巫女エイダの物語。
08

今作は人々と話して情報を集めるパート、3D マップを移動して探索するパート、竜脈を探して宇宙を探索するパートなどがあり、シリーズ作でも最大規模のボリューム・システムを持つ。
ss_d065902dad0207b2a5b55ec9270d38b08f2556a7.1920x1080

マップは神秘的なイメージをひきついだまま 3D になり、さまざまなカメラアングルで描かれる物語演出は見栄え抜群。
04

筆者はすでに先行する Steam 版をプレイしているが、本作に関してはシリーズの中でも最も出来が良いと感じている。
音楽、繊細な世界観で感動を引き出す演出はひときわさえわたっているので、シリーズファンならプレイして損はない。
iOS版はPCやSwitch版の半額以下でプレイできるほか、今ならばXbox Game Passでも配信されている。好みのプラットフォームで遊んでみてほしい。

なお、Android版については開発予定であることを2021年に開発元に確認しているが、「小さなパブリッシャーなので展開は順次」とされており、まだ手が出ていないようだ。

関連リンク:
OPUS 星歌の響き (App Store 1,200円 / Steam 2,570円 / Switch 2,680円)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント