RSS

記事一覧

Steam、スマホ版『クロノ・トリガー』に3月11日アップデート告知。オートバトル速度1.5倍、おまけモード追加など大幅パワーアップ

クロノ・トリガー (アップグレード版) (App Store 1,220円 / GooglePlay 1,220円 / Steam 1,980円)
chorono-5
スクウェアエニックスは、『クロノ・トリガー』のiOS / Android / Steam版を3月11日にアップデートし、機能追加する予定であることを発表し、その紹介動画を公開した。
『クロノ・トリガー』は、1995年にスーパーファミコン向けに発売されたRPGで、時を超えてさまざまな時代の人物が友情を育み、世界の破滅の原因を探り、滅びの未来を回避する物語が展開されるゲーム。
『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さん、鳥山明さん、さらに『ファイナルファンタジー』の坂口博信さんが参加した上でスクウェアが開発する“ドリームプロジェクト”として当時話題になった。
が、移植版である本作は2018年、移植の出来の悪さにPCでは返品騒ぎが起きる状況で、そこから1年かけてアップデートして遊べるようになり、今回2022年満を持して満足度アップのアップデートの配信となる。
クリアしたから「楽しかった」と断言する。新しいスマホ版『クロノトリガー(アップデート版)』レビュー



今回のアップデートでは、iOS/Android版にSteam版に存在した“おまけモード”が追加され、ムービーやサウンド、イラスト、エンディングを視聴できるようになる。
さらにPCでは全画面、最大21:9のウルトラワイド画面表示、操作性の向上や、オートバトルの1.5倍速対応、セーブスロットは20個までに増加。
恐らく、スマートフォン版にもオートバトルのスピード増加はやってくると思われる。
この機会に、初期に購入して捨て置いていた方は遊んで見るのも良さそうだ。

関連リンク:
クロノ・トリガー (アップグレード版) (App Store 1,220円 / GooglePlay 1,220円 / Steam 1,980円)

 

 コメント一覧 (1)

    • 1. ななし
    • 2022年03月25日 15:57
    • 最初期のタッチ操作では死の山の防風を木陰に入って避けたり、滑る谷のところを抜けるのが無理ゲーって言われていたのがものすごい昔のことだったように思えるのだが、そろそろCS機向けにこれを土台にした物を移植するつもりなんだろうか?それともクロノ・クロスのようなリマスター版を作る…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント