RSS

記事一覧

『ガラージュ』、iOSに続いてAndroid版配信開始。生体機械となって精神世界をさまよう奇怪なアドベンチャー

GARAGE ガラージュ (App Store 610円 iPhone向け / GooglePlay 610円)
001 (11)
“ガラージュ”と呼ばれる精神治療装置の被験者になり、生体機械の姿を借りて自らの精神世界を探索し、そこからの脱出を目指す1999年発売のアドベンチャーゲーム『ガラージュ』。
動画配信文化が花開くと配信を通じて奇怪な世界観が受け入れられて人気に火がついき、ついにはプレミアがついて10万円以上もするゲームとなってしまった本作が、審査が難航していたという Google Play でも配信開始となった(App Storeではリリース済)。
価格は610円。パッケージ版のプレミア価格と比べれば、もはや買うだけで10万円分得すると言っても過言ではない。

本作は現代でも見られるように映像を高解像度で修正し、新しいサブクエスト、新エンディングなど実装してボリュームが2倍になった完全版。
ゲームプレイとしてはポイントクリック型のアドベンチャーになっており、プレイヤーが精神世界を移動して回って探索するものとなっている。

順応度という行動力、瓦斯(ガス)と呼ばれるエネルギーの2種類が時間と共に減るため、序盤は制約がタイトに感じるが、マップを覚えてくると普通にプレイできるようになってくる。
このあたり、不便ではあるが原作の空気を再現した物だし、世界観の補強にもなっていて単なる不便さとは感じられなかった。

▲初プレイの筆者の様子。

筆者は初プレイだが、映像は見やすくなっており(それでいて世界は雑然としていて汚い)、昔のゲームゆえのわかりづらさはあっても、プレイできる範囲になっていると感じた。
動画を見て、世界観に惹かれたら触ってみるといいだろう。

関連リンク:
Garage: Complete Version公式サイト

アプリリンク:
GARAGE ガラージュ (App Store 610円 iPhone向け / GooglePlay (公開予定URL))

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント