RSS

記事一覧

Google、Google Playのアプリ売上にかかる手数料の値下げを発表。全デベロッパー対象に、100万ドルまでのアプリ手数料を半分に

01-204
Googleは、2021年7月1日より、すべてのデベロッパーを対象に Google Play の手数料引き下げを行うことを自社ブログで発表した。
現在、Google Play 上で公開しているアプリの売上から、30%が Google のサービス手数料として差し引かれている。
手数料引き下げ後はアプリ・アプリ内購入での売上合計が毎年100万ドルに達するまでは、サービス手数料が15%になる。100万ドルを過ぎた後は、通常通り30%の手数料が適用される。

本施策は、ライバルである Apple の手数料引き下げに対応したものと想像される。
Apple は、2021年1月より売上げ100万ドルに達するまで手数料を15%まで引き下げていたからだ。

ただし、Goolgle の値下げはより大きい。
Apple の施策は売上の低い中小企業を対象にしたもので、売上が100万ドルを超えると翌年からデベロッパーの手数料は30%に戻る仕組みになっている。
対して、Google Play の手数料割引は常に、全デベロッパーが対象となる。これに対して Apple がどのように動くのか、見物である。

それにしても、2020年、Apple、Google ともにプラットフォームの寡占によって競争が阻害しているとして、Epic Games に提訴され、両者ともそれを否定していた。
が、10年間ほぼ変化がなかった手数料に関して、訴訟から1年で競争が始まり、こういった動きが出てきたことはなかなかに興味深い。

関連リンク:

 コメント一覧 (1)

    • 1. ななし
    • 2021年03月17日 18:40
    • 同時に発表されたポリシーの変更でアプリ内課金の際にはGoogle playの課金システムを決済方法に利用するよう明確に義務化したので、自社サービスで決済させてるようなところにとっては締め付けが強まったとも言えそうですね。
      もっとも自社サービスを用意することができる時点で大手だと思うので、売上100万ドル以下の中小(Googleの発表だと99%のデベロッパーはそうらしいです)にとっては実質的に負担半減。個人的には肯定的に捉えています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント