RSS

記事一覧

Google、自社ゲームストリーミングサービスStadia向けの独占ゲーム開発を停止。ゲーム開発スタッフも離脱が決定

g-1kXWap
Google は米国時間2021年2月1日、自社のゲームストリーミングサービス Stadia 向けゲームへの投資をやめ、社内開発を終了することを自社ブログにて発表した。
Stadia 上では『サイバーパンク2077』のローンチが成功したが、このような AAA タイトルの開発費は年々増大しており、膨大な投資が必要になるためコストと見合わないと判断。
今後は当初の予定通りパートナーとの連携を重視していくとしている。
Google は独占ゲーム製作のため『アサシンクリード』シリーズで知られるジェイド・レイモンドさんを迎えて Stadia Games and Entertainment を設立したが、スタッフの多くは離れ、レイモンドさんも Stadia から離脱する。
一方、Stadia 技術の有用性は立証されており、引き続きへの設備投資は続けていくとも語っている。

クラウドゲームサービス『Stadia』は、1つの転換点を迎えた。
自社プラットフォームのために身銭を切り、独自ゲームの開発ができないとあればパートナーも開発に尻込みする。
スタジオを解散するにせよ、ファンに新しい可能性……例えば、パートナーによる独占大作を同時に発表するなどができないのであれば、かなり苦しい状況に追い込まれていると想像できそうだ。

Google は IT 業界の巨人だが、成功の影で多くのサービスが失敗し、ひっそりと終わっている。
今後数ヶ月で大きな発表がなければ、Stadia もまた、そういったサービスの一つになってしまうかもしれない。

関連リンク:
Google、クラウドゲームサービスStadiaに月額9.99ドルのPROと無料のBASEの2通りを発表。無料のゲームもあるが、最新ゲーム個別購入が必要

 コメント一覧 (5)

    • 1. ななし
    • 2021年02月02日 14:44
    • Googleほどの資金力があっても厳しいんですね
      最近はスタジオの買収合戦も激化してますしどこに買われたかで天国と地獄に分かれるところがどんどん出てくるんでしょうね
    • 2. あのにます
    • 2021年02月02日 15:19
    • 黒船さんどうして・・・とは誰も思ってでしょうね。
      開発費の高騰自体は事前に織り込み済みと思うので、このコロナ下でもstadiaが伸びなくて回収不可能と判断されたかな。
    • 3. ななし
    • 2021年02月02日 18:24
    • 巨大プラットフォーマーをぶんかつせなあかんみたいな風潮もどこかで影響しとるやろうなぁ

      それに意外とみんなハードウェアが好きなんやろか

      でも5年10年後はわからへんねんけどもな
    • 4. 無名
    • 2021年02月03日 01:03
    • クラウドゲームってハイスペックゲームが動くゲーミングPCをサーバー側で数十万台稼働させる必要あると思うけど、採算あう気がしない…
      それでgoogleの場合スマホの小さい画面で劣化プレイするわけで意味合いが薄いサービスな気がする。

      ソフト出すことなく胴元が撤退ってひどいな…
      アップルアーケードの邦画なんだかんだで頑張ってる感あるな…

    • 5. マックス
    • 2021年02月10日 17:53
    • 試みとしては意義があったと思うので、この失敗を次に生かす事が重要ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント