RSS

記事一覧

Campfireで『ガラージュ:完全版』製作のクラウドファンディング開始。異形となって精神世界を探索する伝説の奇ゲー

002
伝説の奇ゲーが現代に蘇ろうとしている。
“ガラージュ”と呼ばれる精神治療装置の被験者になり、生体機械の姿で自らの精神世界に入り、そこからの脱出を目指すアドベンチャーゲーム『ガラージュ』の完全版開発のためのクラウドファンディングが Campfire で開始された。
制作は原作者である作場知生さんと、スマホで『TRIGLAV』を展開して人気を博しているSmokymonkeySが行い、オリジナルの世界観、シナリオを踏襲しつつ、20年前には実現できなかったグラフィッククオリティ、ゲームバランス、より深いシナリオを実装し、『ガラージュ完全版』として制作される。
アプリは iOS と Android 用の有料買い切り・ゲーム内課金なしでの提供予定となる。

完全版予告動画はこちら。

完全版は、1990年代の3D技術では実現できなかったガラージュの世界の「あるべき姿」を引き出す方針となっている。
ゲーム内で使用される動画はAIによるフレーム補完によって、全て30FPSで再生され、一部の動画では手描きの前景を加えることによるディテールアップが施される。
hikaku

ゲームとしてはポイントクリック型アドベンチャーだが、昨今のゲームに合わせてインターフェースなどを改善し、全体マップを追加してプレイアビリティを向上する。
また、序盤から中盤のゲームバラン(謎解きの難易度と思われる)スの大幅な見直しが行われ、やり込み要素であるビンドウや釣のシステムは、難易度を適切に調整しつつ大幅に強化するとのこと。
002

クラウドファンディングの最期は、下記のように締めくくられている。
『ガラージュ』、ある時には伝説のゲームと呼ばれ、ある時には幻のゲームと呼ばれるこのゲームは、話題になりこそすれ、実際にはほとんどの人がプレイできないという、作者にとってもユーザーにとっても不幸なゲームでしかありませんでした。最初で最後と思われるこの機会によって、なんとかしてガラージュをその本来あるべき姿でリリースし、このゲームに関心を寄せる全ての人にプレイしてもらいたいと考えています。それは、この無謀な試みに対する皆様のご支援によって可能になります。どうぞよろしくお願いいたします。
このあとがきの通り、「気になっていたけどもプレイできなかった」方は、クラウドファンディングで応援するといいだろう。

すでにプロジェクトは100%を達成しているが、追加で資金が投入されればクオリティを向上さられるストレッチゴール方式を採用している。
製作者自らクラウドファンディングページで書けなかったことをこちらで書いているので併せて見て、ファンディング額を決めると良さそうだ。

関連リンク:
『ガラージュ:完全版 for Mobile』制作プロジェクト

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント