RSS

記事一覧

『マッチョGOGOGO!』のクアッドアロー、新鋭ローレフォト作家とゲーム作家のコラボ展示を神田AWAJI cafe and galleryで開催。10月13日から7日間

02
無限に筋肉が育つゲーム『マッチョGoGoGo』を出して話題になったクアッドアローが、新鋭ローレフォト作家FLY:Dさんとのコラボレーションゲーム作家のコラボレーション展「アート+ゲーム2020」を2020年10月13日(火)~2020年10月19日(月)まで開催することを発表した。

ローレフォトとは、写真を多重合成して作るファンタジー絵画。
本展ではローレフォトと、クアッドアロー代表取締役であり、現代アート作家の小野口正浩さんのアート・新作ゲーム作品のコラボ展示が行われるという。
ゲームが好きな方、現代アートが好きな方の両方が楽しめる趣向を凝らした展覧会になるとのことなので、お近くのゲーム好きの方は見に行ってみると良いかもしれない。

本展は、「現代アートが地球を救う」というコンセプトの元、売上の一部を継続的に植林事業へ寄付する「グリーンアートプロジェクト」の最初のイベントとなる。
展示会では『ユニットプライス方式』という新しいオークション形式での展示販売方式で1000円未満から3億円以上まで幅広い価格帯での展示販売を予定。

新作ゲームも展示ということは、何かしらアーティスティックなゲームも展示されるのだろうか。
『マッチョGoGoGo』もある意味前衛芸術だったので、このあたりは期待しておきたいところだ。
machogo-6
▲『マッチョGoGoGo』

開催概要は以下の通り。

■開催概要
タイトル:「アート+ゲーム2020」
会期:2020年10月13日(火)~10月19日(月)
時間:12:00~19:30(13日は14:00~19:30、19日は16:30終了)
会場:AWAJI cafe and gallery(https://awaji.tokyo/
東京都千代田区神田淡路町2-4-6 エフアンドエフロイヤルビル1F
入場料:無料
企画・主催:株式会社クアッドアロー
※新型コロナウイルス対策のため入場時に手指消毒、マスク着用をお願いしております
※本展示の作品はすべて撮影/SNS掲載推奨となっております。

■作家紹介
FLY:D
03
2069年スペイン生まれ。幼少より大学時代まで油彩、アクリル画などで制作活動をしたのちグラフィックデザイナーとなる。
その後しばらく筆を置いていたが、20余年後にローレフォトをメインとしたアーティストとして活動再開。AIによって永遠に管理され続ける未来都市をモチーフにした作品は彼の創作テーマ『After Human』を体現し見るものの心を打つ。

小野口正浩 Masahiro Onoguchi
04
1996~97年ナムコ(現バンダイナムコゲームス)
1998~2007 アンカー株式会社取締役
2008~株式会社クアッドアロー 代表取締役
3DCGデザイナー/写真家/現代アート作家/バリスタ グリーンアートプロジェクト主催。本展覧会企画運営。ゲームを始めとするデジタルコンテンツ開発企業を指揮する傍ら現代アート作家としても活動


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント