RSS

記事一覧

ロシアにてOSとマーケットを分離する法案提出。App StoreやGoogle Playなど手数料上限20%、外部アプリストアの自由化案が盛り込まれる

01
アプリ配信自由化・手数料引き下げをめぐる Apple、Google と Epic Games の争いが報じられて久しいなか、ロシアにてより決定的な動きが発生しようとしている。
ロシア下院にて、OSの提供者とアプリマーケットの提供者を分離し、マーケットプレイスの手数料上限を定める法案が提出されたのだ。
この法案は非常に強力で、これが成立すれば Apple や Google はロシア国内でサードパーティー製のストアを認めざるを得なくなる。
また、App Store や Google Play、PCのSteamなども巻き込んで手数料上限が20%となる。

法案の概要は下記のようになる。
1.オペレーティングシステム(以下、OS)提供者は、携帯電話、タブレット、コンピュータ、その他OS使用するデバイスにインストールされた第三者のマーケットプレイスをインストールすることを制限または禁止してはならない。

2.OS提供者は、そのOSを使用する携帯電話、タブレット、コンピュータ、その他の装置に第三者のソフトウェアをインストールすることを制限してはならない。

3.ソフトウェアのライセンスを販売したり、サブスクリプションでの使用権を販売する、アプリ内でアイテムを購入する場合、マーケットプレイス所有者が請求する手数料(付加価値税を除く)最大で販売価格の20%までに制限される。
さらに、マーケットプレイスの権利者または所有者は、この最大20%の料率の1/3を四半期ごとの料金のコンピュータ技術のトレーニング特別基金に送金するものとする。

4. マーケットプレイスの所有者は、四半期ごとにロシア連邦の領土内での販売レポートをマスメディアに掲載する義務を負う。

5. マーケットプレイスの所有者による報告は、四半期の終了後1カ月以内に行う。
ロシア政府文書より、翻訳は知人の第三者によるもの
簡単に言えば、

・OSの提供者はアプリのインストールを自由化しなければならない
・誰でもアプリマーケットを作れるが、手数料は上限20%まで
・マーケットは四半期ごとにロシア国内の販売データを公表しなければいけない
・最大20%と定められた手数料のうち、1/3はロシアの技術者基金に寄付

という、とてつもなく影響がでかいもの。
OSという区分を広くとるのであれば、XboxやPlay Stationなどのゲーム機ですらマーケット解放が必要になるかもしれない。

2019年のロシアでは、Apple がペアレンタルコントロールアプリを、プラットフォームの権限を利用して不正に削除したことが問題になっており、ロシア連邦反独占庁は2020年8月28日に Apple が App Store において反競争行為を行ったことを認定している。
その流れで何かしら起きるかと思っていたが……単純に Apple の独占に対して対応するのではなく、根源となるOS 提供者とマーケットプレイスの分離をやってしまおう、というのが本件の意図のようだ。

だが、こういったことが行われると特にスマートフォン上ではセキュリティリスクが増大する。
本当にこれが施行されるとなると問題が大きく発生してしまうが……どこに落ち着くのか、スマホゲーマーとしても目を離せない。

 コメント一覧 (11)

    • 1. ゆうていみやおうぺぺぺぺ
    • 2020年09月02日 18:40
    • でもAppleでも外部ストアを認めると多分ウイルスが蔓延するんだよなあ
      手数料下げるのは歓迎
    • 2.  
    • 2020年09月02日 20:25
    • クソゲーやクソアプリが今まで以上に増えそう。
    • 3.
    • 2020年09月02日 21:14
    • ウイルス塗れのアプリが氾濫するのか
    • 4. ななし
    • 2020年09月02日 21:17
    • 仮にこのまま施行されたとしてロシアだけでストア改革が行われるのかな?
      そうすると地域で価格格差が生まれるだろうからPCゲーみたいに地域を誤魔化してロシア版を購入するようなことがスマホでも横行するのかな
    • 5. a
    • 2020年09月02日 22:46
    • 実質最大13%でしょ…これを飲んだら他の国に波及するのも間違いないだろうし、ロシア撤退かなあ。
      そうなったらGardenscapeとかのロシアのデベロッパも影響受けそうなもんだけど…
    • 6.  
    • 2020年09月02日 23:56
    • じゃあロシアではiPhoneもアプリも販売しません、でいいんじゃないか?大した市場でもないだろ。
    • 7. ああs
    • 2020年09月03日 02:59
    • 普通にロシア撤退でしょ
    • 8. 通りすがり
    • 2020年09月03日 07:55
    • ロシアだからと軽く見ないほうがいいとは思いますねえ。どの国もAppStoreをかなりウザがってる(特にEU)のは事実で、ここで頑な姿勢を見せてしまうと、さらに各国政府から嫌われてしまうのは確実ですからね。

      なにより重要なのは、ロシアを含む各国政府からしてみれば、iPhoneが自分の国から撤退したところで何も困らないってところですね。iPhoneでないと使えない社会サービスとかなにもないので。むしろ撤退してもらって、自国の企業の売上が増したほうがいいに決まってる。

      ロシアはアップルを必要としてないが、アップルはロシアを必要としているってのが現実です。同じことは中国にもEUにも言えます。
    • 11. 名無し
    • 2020年09月03日 18:52
    • >>8
      これロシアが自分の首しめる方だと思うわ
    • 9.  
    • 2020年09月03日 11:08
    • これが日本でも通るんならiPhoneを使う意味がなくなるなぁ
      なんだかんだAppleのセキュリティ面での審査は信用出来る
    • 10. 名無し
    • 2020年09月03日 17:00
    • iPhoneをただ使ってる側としては、Appである程度きちんと危険アプリを弾いてくれるのは非常に助かってる

      若者だけではなく、老人にも初めてのスマホならiPhone進めるキャンペーンしてるし、変なストアでアプリDLできるようになったら、たぶんあちこちのショップや家庭で悲鳴が上がることになると思うなあ
      若者でもその辺気にしてる人ばかりじゃないし

      まあそれでも胡散臭いのはあるけども、大抵は見てすぐわかるやばさだし
      女の子と茄子がNGとかは、各国文化を理解できる層がApp側に増えていけばいいと思う

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント