RSS

記事一覧

清涼感が残る短編『探しものは、夏ですか。』レビュー。ボクと少女、ひと夏の不思議な体験。そして決断の物語

探しものは、夏ですか。 (App Store 無料 / GooglePlay 近日)
01
無気力なまま田舎に戻った大学生と少女の、ひと夏の物語。
物語も、ゲームのつくりも火の玉ストレートと言っていいド王道。
しかし、それを照れもなく、やりきっているから清々しい。

スマートフォン・ブラウザ向けのゲームを制作するスタジオ・ワンダーフォーゲルから、王道のボーイ・ミーツ・ガールノベル『探しものは、夏ですか。』がリリースされた。
本作は、ティラノゲームフェス2018にて佳作を受賞した同名ノベルに演出、エンディング分岐を足したもので、もともと好評だった作品をブラッシュアップしたものとなっている。

無気力な大学生、空木恭平(うつぎきょうへい)は、幼い頃に通った駄菓子屋の店主が亡くなった機会に帰省する。
懐かしさと寂しさに包まれつつ、住人のいなくなった駄菓子屋を訪れるのだが……無人になったはずの駄菓子屋に謎の少女、織原真琴(おりはらまこと)が住みついていて……。
偶然に着替えをのぞいてしまった恭平は、許されるかわりに真琴の探し物を手伝うことになる。
wea-12

その過程で恭平は田舎に置いてきたさまざまな思い出、自分自身の停滞と向き合う。
02

育ててくれたことに感謝しつているが、関係が冷え切ってしまった祖父。
wea-7

幼い頃に駄菓子屋で出会った、初恋の女子との思い出。
真琴は、彼女の関係者ではなさそうだが……。
wea-11

冒頭に書いた通り、『探しものは、夏ですか。』は物語もゲームのつくりもド王道で、堅実に作られている。
まず、プレイヤーをノベルの世界観へと一気に引きずり込む。
電車で帰省する様子から、田舎感あふれる背景、畳みかけるように場面を変えて懐かしさを刺激し……。
wea-4

そこに登場するのは、水彩で描かれる透明感あふれる人物画。
この組み合わせで、「幻想的な、都会人が想像する田舎」へプレイヤーをトリップさせる。
wea-1

そのうえで、少年少女のひと夏の出会いを描き、七夕をテーマにした不思議な体験を無理なく受け入れさせる。
ヒロインはかわいいし、1時間程度の短編にうまく複数のテーマを盛り込んで解決するし、全体的にうまく作られている。
中でも感心したのは、4つの選択肢のどれを選ぶかでエンディング。
wea-5

4つエンディングですべてにおいて異なる決断をした結果が描かれ、それぞれのエンディングを見ることで他のルートで見られたキャラクターの行動の意味が判明する。
エンディング同士が絡まり合って効果的に使われ、物語を多面的に見せている。

そうして、すべてのエンディングを見終わった後には「あー、こんな幼少期や青春を過ごしてみたかった」と思ったり、「俺ももう少し目の前の問題と向き合おうかな」と思ったり、ちょっと前向きになって気持ちよく現実に戻れる。
1時間強ですべてを読み終えられると思うので、夏の夜にちょっと眠れないとき『探しものは、夏ですか。』を読んで前向きになり、気持ちよく翌朝を迎えるといい。

動画:


概要:
清涼感あふれるボーイミーツガール物語。

評価:6(面白い)

おすすめポイント
4つのエンディングが物語の結末を多面的に見せている
ファンタジックな田舎感を味わえるイラストと背景

気になるポイント
特になし

アプリリンク:
探しものは、夏ですか。 (App Store 無料 / GooglePlay 近日)

開発:スタジオ・ワンダーフォーゲル(日本)
HP:https://studio-wandervogel.com/
レビュー時バージョン:1.0
課金:なし

ライター:寺島壽久(ゲームキャスト トシ)
ゲーム紹介サイト、ゲームキャスト管理人でゲームライター。
アクション、新しさのあるゲーム、旅を感じるゲームが好き。
Twitterでも情報発信中

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント