RSS

記事一覧

米国、『Tiktok』に続きテンセントとの『Wechat』に関わる取引を禁止へ。ただし、『LoL』や『クラクラ』などの傘下会社のゲームプレイには影響なし

米国にて、動画共有SNS『TikTok』を運営するバイトダンス、メッセージSNS『WeChat』を運営するテンセント2社との取り引きを来月下旬から禁じる大統領令に、トランプ大統領の署名がなされたことをNHKなどが報道している。
禁止の理由は、ユーザーの位置情報や閲覧履歴などさまざまなデータが中国共産党に提供され、安全保障上の脅威となる可能性があるため、とされている。

テンセントと言えば『League of Legends』のRiot Games、『クラッシュオブクラン』のSupercellなど大手ゲーム会社を傘下に収めている大ゲーム会社でもある。が、ゲームに関する影響は限定的になりそうだ。

ゲームに関しての影響が限定的という情報は、LA Timesの記者Sam Deanさんが伝えている。
これによると、「ホワイトハウスは、LA TIMESに対してWeChatに関する取引のみに限定されていることを公式に認めた」とのこと。
ゲーム内のSNS連携に影響があるだろうが、テンセント傘下にあるRiot Gamesの『League of Legends』、Epic Gamesの『フォートナイト』、スマホの『Call of Duty』など、ゲームプレイそのものは今のところ影響を受けないようだ。

ただ、このほかにも中国アプリなどをネットから締め出すClean Network構想が始まっており、米国の姿勢によっては何かが起きる可能性はある。

この強硬姿勢は選挙が終われば軟化するという説もあるが、未来の予想ができるほど材料が出ているわけでもない。
面倒でも、今後は注意深く見守る必要がありそうだ。

関連リンク:
インド、中国製アプリ使用禁止をTikTok以外にも対象拡大 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
Announcing the Expansion of the Clean Network to Safeguard America’s Assets - United States Department of State

 コメント一覧 (3)

    • 1. ななし
    • 2020年08月07日 16:28
    • そのうち共産陣営と自由主義陣営の間で完全に情報遮断がなされてゲーム文化も各々がまったく違った進化を遂げていくとか妄想するとけっこう興奮する
      いや、どこの国のゲームも自由にできるにこしたことは無いんだけどね...
    • 2. 通りすがり
    • 2020年08月09日 19:26
    • 他国サービスの排除については中国が大先輩なので、この問題でアメリカのことを横暴だと避難できないんですよねえ。

      中国がFacebookやTwitterを始めとした多数のサービスを排除して、自国でパクリサービスを作って稼いでいる(ついでに情報も集めている)以上は、アメリカが中国のサービスを排除するのは正当な対抗処置であると言えてしまうので。

      しかし、テンセントはほとんどすべてのゲーム企業(任天堂含めて!)と取引のある超大企業なので、本当にテンセントとの取引が禁止されたらそれは恐ろしいことになりますな・・・
    • 3. 名無し
    • 2020年08月16日 11:51
    • アメリカも中国もゲーム業界からすると害悪でしかないっすね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント