RSS

記事一覧

絶望の世界を旅する贖罪のダーク・アクションRPG『パスカルズ・ウェイジャー』がGoogle Playに上陸。iOS/Android双方で記念セール開始

Pascal's Wager (App Store 490円 / GooglePlay 430円)
01
スマホでハードなダークファンタジー・アクションRPGが遊びたければ……『ダークソウル』系ゲームが遊びたければ、これを遊ぶしかない。
Giant Networkより、アクションRPG『パスカルズ・ウェイジャー』がGoogle Play向けに、ついに配信開始となった。
本作は先行してiOSで配信されているが、Appleがカンファレンスで使用するほどの

定価は860円だが、現在Google Playでは430円で買えるリリース記念セール中。しかも、7月9日までに購入すると追加スキン“テレンス服装 先駆者セット”(通常120円)も無料で提供される。
さらに、iOS版もこれに合わせて490円で購入できるセールを行っているので、気になったら今が買いどきだ。

予告動画はこちら。


本作の舞台は、太陽が沈んだままになり、穢れと呼ばれる超常の力によって人が狂い、怪物となっていく絶望の世界。
人間は穢れを退ける“巨像”と呼ばれる存在と共に生きていたが、その巨像も疫病で倒れ人間たちは死に絶えようとしていた。
03
▲ほとんどの人間が……怪物に

そんな世界のなかで、プレイヤーは“先駆者”と呼ばれる戦闘にたけた騎士テレンスとなって、妻を探しつつ、贖罪の旅をする。
世界設定も良いが、ストーリーも先が気になる骨太のもの。
04

ゲームとしても、本作には強烈な特徴がある。
これまでスマホのダークソウル系と言えば、そのままではなくエッセンスを抽出したゲームが多かった。
しかし、本作はゲーム機でも遊ばれるような内容をスマホで実現している。
立体的な3Dフィールドを隅々まで探索し、怪物たちと激しい戦闘を繰り広げ、手ごたえを楽しめる。
01

つまり、スマホでちゃんと遊べるダークソウル系ゲームに仕上がっている。
また、主人公テレンスのほか3人のキャラクターが仲間になり、どれも異なるアクションを楽しめるのも特徴。
二刀流で攻めに強い主人公テレンスのほか、棺桶で攻撃をガードしつつパンチで戦う仮面の男ノーウッド、銃器を扱うビオラなど、どのキャラクターも個性的。
ss3

ちなみに、私が好きなのはガードボタンがない代わりに薬で回復しながら戦う薬漬けの聖職者。
2020-06-25_11h56_48

また、『パスカルズ・ウェイジャー』はAppleが新端末の性能を示すためにカンファレンスで使用したアプリで、美しいグラフィックが特徴なのだが……設定を落とすとiPhone 8など数年前の機種でもスムーズに動く。
むしろ、消費電力は近年の3Dバリバリのゲームより少ないぐらい。
01

なお、本作はかなり難しい部類に属するが、カジュアルモードで遊べばかなり簡単になる。
通常モードが難しすぎると思えばステージ1で卵を背負うことによってダメージが少ないモードに変更する(カジュアルとノーマルの間ぐらいの難易度)ことも可能なので、わりと幅広いプレイヤーが遊べるはずだ。

見た目、内容ともにとても完成度の高いゲームなので、ぜひ遊んでいただきたい。
いま、クリア寸前だがこのゲームは、お勧めと自信を持って言える。

関連リンク:
Pascal's Wager (App Store 490円 / GooglePlay 430円)

 コメント一覧 (3)

    • 1.  
    • 2020年06月25日 14:19
    • >>クリア寸前
      総プレイ時間はだいたいどのくらいでしたか?よければ教えていただけますでしょうか!
    • 3. 管理人
    • 2020年06月26日 12:27
    • >>1
      死んだ時間、サブクエストを追っていた時間も合わせると12時間ぐらいではないでしょうか。真エンディングを目指すと難しくなるので、もっと長くなるかと。
      うまければもっと早いのかもしれないですが。
    • 2.  
    • 2020年06月25日 18:04
    • PvEのマルチプレイが来ると言われて半年ほど、気長に待ってます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント