RSS

記事一覧

1月22日の新作スマホゲー16本感想。RPGの表現技法で作られたライトノベル『夢の中からさようなら』が切なくも面白い。一気にプレイして20分で終わる良作

本日はたまっていたソシャゲの分まで一気に消化。面白いゲーム盛りだくさん。

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
夢の中からさようなら (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)

雪だらけになって思い出が補充されなくなった夢の世界を舞台としたRPG風ライトノベル。
夢の世界が雪に覆われた理由を探す物語としても良いのだが、注目すべきはその表現技法。
バトルもあり、マップ移動もあるRPGの仕組みを使っているが、RPG的な成長とか育成の面白さは、戦術性は低く、単にRPGという表現を使ってライトノベルとして楽しませることに注力している。
見せ方もいいし、引き込まれるストーリーとプレイしやすさもあるし、さらに言えば1プレイ20分で終わる気楽さで一気に遊んでしまう。
おすすめ。

おすすめゲーム
Grand Mountain Adventure (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

オープンワールドの雪山を自由に滑るアクションゲーム。
左右のストック操作だけで簡単に雪山を滑れるだけでなく、雪の表現が美しく、滑るだけで気持ちいい。
ミッションを追ってもいいし、好き勝手に滑って崖に突っ込んでもいいし、リフトを乗り継いで最短コースを探すのもいい自由度も嬉しい。
ゲーム内には5つの雪山が用意されており、うち1つは無料。フルバージョンを購入すれば、全部の山が遊べて、スノーボードでも滑れるようになる。

Maze Machina (App Store 250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)

邪悪な機械人形に捉えられたネズミが、娯楽のために作られた迷宮であらがって見せるパズル。
『Card Thief』など、シンプルなルールで何度も楽しめるパズルゲームを作り続けるArnold Rauersの最新作で、今回もまた面白い。
ゲームは1歩ずつ歩いてゴールを目指すターン制のパズルで、マップには触れたものに特殊能力を与える床と敵メカが配置されており、敵メカは毎ターン主人公が移動した方向と同じ方向へ1歩移動する。
床の能力を利用しつつ、主人公を移動させつつ、敵も都合の良い位置に誘導するパズルは複雑だが、かなり面白い。

ミニ四駆 超速グランプリ (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

タミヤのミニチュアモーターカー、ミニ四駆を題材とした基本無料ゲーム。
パーツを集めてミニ四駆をカスタマイズし、コースを走らせてライバルを抜き去るレースゲームなのだが、ミニ四駆の再現度が非常に高くて工夫のし甲斐もあり、とても面白い。
単純にレア度が高いパーツを集めても速くならず、コースに合わせて試行錯誤してレア度の低いパーツを組み合わせた方が早くなるという、「作る面白さ」がある。
ガチすぎてミニ四駆を知っているか、ちゃんと遊ぶ気のあるプレイヤーでなければ振り落としそうなことが欠点だが、その分面白いともいえる。

アークナイツ (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

『アズールレーン』のYoastar新作タワーディフェンスゲーム。
美しいイラスト、やや不穏ながらも興味を引くストーリー、そして工夫が凝らされたタワーディフェンスが楽しめ、開発元の中国では『ドールズフロントライン』などのアートスタッフなどが関わったことでも話題を集めた。
キャラクターの向きと言うタワーディフェンスではあまり見ない仕組みを取り入れており、バランス的にも歯ごたえを感じ物になっていて楽しめる。

光るものあり
Rage Quest (App Store 120円 / GooglePlay 無料)

インターネットの世界に迷い込んだ主人公が、ネットの悪意や危険と戦う戦術RPG。
ゲームはステージクリア型で、各ステージではYoutubeの罵倒コメント、ウィルスのようなインターネットの悪意が次々と敵として襲ってくる。
英語でなければものすごく面白かったかも(コメントや画像がネットあるあるで面白い)。
また、戦闘システムとしても、敵の動きを予測してコマンドを先行入力(入力してから行動まで時間がかかる)し、効率よく戦うリアルタイム戦術ゲーム風になっていてかなり楽しめる。見た目と裏腹に面白いゲーム。
これで日本語に対応していれば……。

Mikey Hooks - GameClub (App Store 無料 )

左右移動とジャンプ、スライディングのシンプルな操作でゴールを目指すプラットフォーマー

ジャンプボタンを押したとき、近くにブロックがあるとフックを射出し、ブロックにロープをひっかけてジャンプが行えるのが今作からの特徴。
これによってアクロバティックなジャンプが可能になり、コースが多様に。前作に引き続きシンプルながらステージ量もモードも多く、タイムアタックをするとかなり遊べる良作。

IDOL COMPANY (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

アイドルを育ててプロデュースする経営SLG。
プレイ中にリアルタイムで時間が経過し、アイドル育成でチマチマ画面を操作し、ときにアイドルのお願いを聞いたり、CDをプロデュースして金を稼いだりとカジュアルゲーム的な面白さがある。
また、アイドルユニットで戦うRPG的なバトルは単純に暴力で戦っているようにも見えてシュール。
ソシャゲとして遊ぶより、カジュアルゲームとして遊ぶ気持ちだと楽しめそう。というか、動画撮影のために遊んだはずが気づくと1時間遊べていた。

Legends of Covitoria (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

テーブルトークRPG風の冒険が楽しめるRPG。
キャラクターを1人だけ作成し、ネットから他のプレイヤーのキャラクターをダウンロードして一緒に冒険する“キャラクター=プレイヤー”形式。
プレイヤーは冒険するだけでなく物語を作る側になることも可能で、アプリとは別に公式ホームページ上にある『Legends of Covitoria Scenario Editor』を利用し、オリジナルのシナリオを作成して配布可能。
まだまだつくりは荒いが、発展する可能性は感じる。

その他
De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~ (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

ファンタジー世界観のRPGで、天使によって壊滅的な打撃を受けた人間たちが、最後の砦レムナントに集って戦う終末世界の4人協力プレイRPG。
3Dグラフィックはわりといい感じで、とくに背景やら敵ボスやらはファンタジー感が出ている。
ストーリーも先が気になるもので、グラフィックの良さがそれを彩っている。
バトルは他のプレイヤーが随時参加するもので『剣と魔法のログレス』に近い印象。
ビジュアルや演出が良い一方、チュートリアルやストーリー(スキップはできるがシーンの早送りはできない)の見せ方などは間延び感がある。
バトル演出もやや説明不足で、いろいろと気になる点が目立つ。

オーブジェネレーション (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

特殊な能力をもつ美少女キャラ、オーブを率いて戦うRPG。
オーブは暴走するとモンスター化するなど、かなり不穏な設定で、物語はまあ気になる。
ゲームとしてはオートバトル+プレイヤーがスキル使用タイミングを選ぶプリコネ系。イベントイラスト(キャライラストはばらつきアリ)は良いが、ゲームはどうにも古く、演出もあか抜けない感じ。

かわいい住宅 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

恋人とネコと暮して思い出の写真を撮って集めるスローライフな放置系ゲーム。
恋人にお弁当を作って送り出し、猫の世話をすると愛が貯まり、愛を消費して家具や新しい猫を買って、理想の家を作って暮らし、思い出を写真に残りs手コレクションしていく。
時間がたつとまた弁当を作ったりできるようになるので、愛を少し稼いだらアプリを閉じて、しばらくしたらまた起動して……と繰り返す放置系ゲーム。
ビジュアルがいいので遊びたくなるが、愛の収穫作業が面倒。

G.I. Joe: War On Cobra (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

基地を作り、宝箱(時間でオープン)からキャラを得て強化していき、敵の基地を攻める『クラッシュオブクラン』系ゲーム。
バトルが気持ちクラロワ系に見えること、キャラクターが完全なAI行動ではなく、移動先などを都度指定できることなどが特徴となっている。

ポリ・スター:プリンスストーリー (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

 ある夜、広大な砂漠に不時着した後、砂漠で会った男の子は彼の旅行の話を始める。
ポリゴンを別の角度から見て、何かしらの物体に見える角度を探す視点パズル。
たくさん物を作ると物語が進みます。ざっくりしたポリゴンアートの雰囲気は良好で広告も少な目。
ただ、パズルがマニアックすぎてあまり楽しめないかな。

Alien Baby Virtual Simulator (App Store 無料 )
ss4
宇宙人を育てるたまごっち系アプリ。
思ったより宇宙人がかわいく見えるのが驚き。

CocoPPa Dolls (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

女児向けコーデバトルなノリのRPG。
個性豊かなファッション文化をもつ12の星々が存在する宇宙ココロアを舞台に、主人公のティアがオシャレの最高称号“プリンセスドール”になるために、コーデバトル(さまざまな衣装を着てオシャレ度で競うバトル)を繰り返すゲーム。
悪くはないのだが、演出のふるさとか、微妙なボイスなどが気になる。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント