RSS

記事一覧

『NieR:Automata』などを開発したプラチナゲームズ、中国テンセントと資本提携を発表。基盤を強化してパブリッシング事業へ展開

01
2020年1月7日、プラチナゲームズはテンセント・ホールディングス社(Tencent Holdings Limited)からの出資を受け入れ、資本提携を行ったことを発表した。
プラチナゲームズは、スクエニの大ヒット作『NieR:Automata』や、任天堂からNintendo Switch向けにリリースされた『ASTRAL CHAIN』などの開発を行ってきた実績のあるゲーム会社。スマホにおいては、DeNAと組んで『World of Demons』を開発している。

今回の出資受け入れによって経営基盤を強化し、今後はゲーム開発のみならず自社タイトルのパブリッシング事業にも取り組むとのこと。
また、資本提携後も自主性に変化はなく、従来の経営陣を中心に経営を行うとされている。

中国メーカーが有名開発会社と資本提携・買収を行うことはここのところ珍しくもないことで、『League of Legends』のRiot Games、『クラッシュオブクラン』のSupercellなどはすでにテンセント傘下だし、そのほかのインディゲーム会社もテンセントの資本を受け入れて経済基盤を強化し、ゲームを開発している会社はかなりある。

テンセントのライバルである中国NetEaseは『Detroit: Become Human』開発元のQuantic Dreamや、『Destiny』開発元のBungieと提携しており中国資本によるゲーム会社の取り込みはもはや日常的なことと言える。
買収後・資本受け入れ後に大きく開発会社が変化したという話もあまり聞かず、現在のところ「資本提携後も自主性に変化はなく」というのは信じられそうだ。

米国ではテンセントが『トップガン』のスポンサーになってから台湾と日本のワッペンが消えたという話もあり、中国からみてセンシティブな政治的表現は及び腰になる可能性もあるが……。

ただ、完全に傘下に入ったならともかくとして、創業者が50%以上の株を保持しているEPIC Gamesが香港問題に関連して「政治的発言を守る」と宣言したことから、そういった心配も薄いと思われる。まあ、進んで発言することはないだろうが。

いずれにせよ、ゲーム面で言うと口を出される場面は少なそうだし、有名な開発会社のことだけあって衝撃もあるが、基盤が強化されたプラチナゲームズが、さらに良い作品、そして会社として念願のオリジナルIP作品を世に出せることを願って応援していきたい。

関連リンク:
お知らせ | PlatinumGames Inc. Official WebSite

 コメント一覧 (8)

    • 1. ななし
    • 2020年01月07日 15:19
    • 個人的には好かないですが、今やゲーム業界でやってくには中国と関わっていかざるを得ないんでしょうね
      プラチナは好きなので上手く付き合っていってほしいです
    • 2.  
    • 2020年01月07日 21:52
    • ゲームが売れない理由をゲームを買ってる個人がなくすことはできないので、なんともできない話ではあるけど、海外資本、特にご近所さんはちょっとなぁ。
      これは映画だけど、パシフィックリムも2は明らかに中国に気を使ったよねって配役と展開で失望したのも記憶に新しい
    • 3.
    • 2020年01月08日 01:24
    • チャイナマネーに染まるとチャイナでは出せない仕様はngになる場合あるしなぁ
      もうプラチナは別物と思ったほうがいいかも
    • 4.  
    • 2020年01月08日 03:06
    • プラチナはそもそもファンタジー寄りというか現実世界を舞台にしたゲームは全然ないから特に変にツッコまれるようなところはないと思うんだけどそう思わない人もいるみたいでなんだかなぁ
    • 7.  
    • 2020年01月09日 11:01
    • >>4
      チャイナリスクっていうのは何が共産党の逆鱗に触れるか分からないのが一番の問題
      舞台が現実世界かは大して重要じゃなくて、内容に反体制的なメッセージが含まれると判断されれば弾圧対象になりうる
      実際に多くのゲーム(ファンタジーな内容のものも含む)が「好ましくないコンテンツ」として是正を命じられているし、そういった現実を無視してうちはファンタジーだから関係ない、みたいな認識の甘さだとそれこそ墓穴を掘ることになる
    • 8. まあ、あれですな
    • 2020年01月09日 17:39
    • >>7
      皆さんが危惧するような案件も将来状況によっては出てくるかもしれんませんね
      今の中国においては、体制維持の為にあらゆるものを管理・監視し
      (数値化して評価したり、分類した上で国民の1人1人にまでそれを徹底する方針)
      中国にとって従順であるか、あるいは悪影響を及ぼさないか、邪魔にならないか
      味方か敵か、といったような基準(判断)で全てを指導管理下におく方針だろうから
      いわば戦中の軍主導の日本や敗戦直後のGHQ管理下の日本のようなものかもしれない
      (絶対的な権力でもって上から監視・管理・監督し、支配しているようなもの)

      一見表面上(経済的には)開かれた市場のようにみえても
      根本的に政治や思想や体制としては欧米とは全くの別質なんで
      国の意にそぐわない場合は排除されたり意図的な嫌がらせを受けるでしょうね
      欧米の場合は基準となるものはあくまで法ですが(それによって権利は守られる)
      中国においては国(共産党)の意向や思惑が何よりも優先されるだろうから
      まあ仕方ないっちゃ仕方ないんですが
      それを甘んじて受ける覚悟があるか、従う覚悟があるかどうか、、という話になりそう
    • 5. 七草粥
    • 2020年01月08日 06:41
    • ゲームも映画同様中継地点やラストフィールドが突然中国になるんだろうな。雰囲気に合ってた全残大丈夫なんだけどなぁ
    • 6. 山ノ花
    • 2020年01月09日 07:39
    • バブル時代には、日本が欧米から同じように言われていたのでしょう

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント