RSS

記事一覧

Apple、消費税増税に合わせてアプリ・課金の値上げを発表。10月1日の課金にはご注意を

01
日本の消費税増税を受け、AppleはApp Storeのアプリ価格が上昇することを告知した。
対象となるのは、App Storeのアプリ価格とアプリ内課金の価格。ただし、自動更新のサブスクリプション契約については対象とならない。
Appleの価格改定に関しては為替相場・税金に合わせて自動で行われるため、一部のアプリでは10月の更新時には一時的にアプリ内で表示される課金額より、実際の価格が高額になることが想定される。

なお、改定後の価格は為替も考慮されるため、単純な10%アップではなくなる。
公式発表によると、例えば下記のようになる。

120円→120円
240円→250円
360円→370円
480円→490円
600円→610円

これまでの例では、買い切りの有料アプリに関しては大抵は値上がりするので値上げ前に購入するのが良い。
運営系ゲームに関しては、調整されて元の価格に戻ることが多い。
いずれにせよ、10月1日の日付改定と共に課金すると割高にお金を払ってしまうことがあるので、当日はゲーム運営の発表を確認してから課金するように注意して欲しい。

関連リンク:

 コメント一覧 (3)

    • 1.
    • 2019年09月24日 22:07
    • 妥当と思うけど
      480→490は許せるのに
      600→610は割高に思える謎
    • 3. 2
    • 2019年09月25日 17:09
    • > 運営系ゲームに関しては、調整されて元の価格に戻ることが多い。

      Appleの課金は固定の価格帯なので、そうはならないかも。
      泣く泣く元の価格より安く設定し直す可能性はある。
    • 4. マックス
    • 2019年09月26日 12:50
    • 既にいくつかのゲームでアナウンスされてますけど、増税後も価格は同じままという所が多いですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント