RSS

記事一覧

描いた絵がゲーム世界に登場するARゲーム『トコトコ』10月3日登場。ネコのハコに描いた花をプレゼントしたり、豊かな遊び場を提供するお絵かきパズル

プレイヤーの描いた絵をカメラで撮り込み、ゲーム内に出現させるARパズルゲーム『TokoToko』が10月3日、App Store向けに配信を開始することが発表され、東京ゲームショー2019向けの特別動画が公開された。
本作は悩めるネコの絵描き“ハコ”と話し、プレイヤーが絵を描いてゲーム内に出現させて悩みを解決し、ハコが絵描きとして成長することを助けるパズルゲーム。
ARを通じて目の前に出現するハコのキュートな動きと、絵がゲーム世界にそのまま登場する面白さがセットになって、「お絵かき絵本」を触っているような面白さを味わえる作品だ。

TGS2019の体験版を起動してみると、ハコがやってきて、プレイヤーに描いたイラストをゲームに取り込み、立体化する“アニメーター”をくれる。
ハコは「長いことここにカンヅメになっちゃっているから、外に出たい!」と語り、部屋に扉を作るようプレイヤーにお願いする。
IMG_0366

その扉を作る方法とは、お絵かき。
プレイヤーがお絵かきして……。
IMG_0373
 
それをアプリ内の“アニメーター”のカメラにとらえて写真を撮る。
IMG_0369

すると、扉が立体化して開き、ハコとプレイヤーは外の世界に出て遊べるというわけだ。
ゲームには機械学習が使われており、もともと持っているデータベースから扉の絵を判別しつつ、プレイヤーの絵を学習してどんどん認識精度が上がるという。
IMG_0372

このように、ハコの悩みやお題に対して絵を描き、それをアニメーターで取り込んでゲーム内に出現させることで物語が進んでいくお絵かきパズルゲームが『トコトコ』だ。
体験版ではハコに花を描いてあげたり、木のイラストを描いて立体化させたりと、見た目にもワクワクする体験ができた。
WS000195

製品版では、友達と一緒に絵を描いてサンドボックスのように世界を作ったり、プレイヤーの描いたものにハコが歌ってくれたり(音楽自動生成機能もある!)、単なるお絵かきソフトを超えた遊びが体験できるとのこと。
本作はTGS2019のインディーブースにて展示されているので、気になったらtokotoko/Kalankを探して遊んでみて欲しい。
絵が立体化して世界が豊かになっていく様子は、プレイヤーを童心に返してくれることだろう。



関連リンク:

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント