RSS

記事一覧

Google、クラウドゲームサービスStadiaに月額9.99ドルのPROと無料のBASEの2通りを発表。無料のゲームもあるが、最新ゲーム個別購入が必要

最大規模と目されるクラウドゲーミングサービスが、いよいよベールを脱ぎ始めた。
Googleは、自社Stadia Connectでクラウドゲーミングプラットフォーム『Google Stadia』のサービスを11月より開始すると発表し、公式サイト(日本から閲覧不可)をオープンした。
それによればサービスには2グレードがあり、無料のSTADIA BASE(2020年より開始予定)と、月額9.99ドルのSTADIA PROに別れる。
STADIA BASEは1080p・60FPSまでのプレイをサポートし、ゲームはすべて別途購入の必要がある。
一方、STADIA PROは最大で4K・60FPS・5.1サラウンドのプレイを提供し、PS Plusのようなゲーム割引と無料ゲームが提供される。
無料ゲームの範囲がどこまでのものになるか不明だが、最新のゲームは(たとえばDistiny 2は別途購入)買う必要がある。

Google Stadiaは、オンラインサーバー上でゲームを起動し、プレイヤーの操作を送信すると動画でゲームの様子が送られてくるゲームプラットフォームだ。
ゲームをダウンロードせずに遊べて、PC、テレビ、スマホまで画面があればどこからでもアクセス可能となる。
GoogleのサービスであるYouTubeとの連携も特徴としており、配信中のゲームを配信者が遊んでいる状態のままほかのプレイヤーが遊んだりすることも可能とされている。
なお、ストリーミングサービスになるため、画質や音質は回線速度に依存する。
最大の4K60fps時で35Mbps、720p60fpsのステレオサウンドで10Mbpsが必要となる。
2019-06-07_01h48_59

気になるタイトルに関しては、100以上のパブリッシャーと連携して作品を提供することを発表。
EAやスクウェア・エニックス、カプコンなど、名だたるメーカーの名が画面に登場する。
ローンチタイトルも『ファイナルファンタジーXV』、『DOOM』、『Rage 2』、『サムライスピリッツ』と旧作から新作までバラエティ豊か。
2019-06-07_02h32_43

また、目玉ゲームとしてD&Dをベースとした西洋RPGの人気作『Baldur’s Gate III』を発表。
Ubisoftからは『Ghost Recon: Breakpoint』と『The Division 2』と、未発売・最新のタイトルの対応することが発表された。
ただし、これらはPC版も発表されており、独占ゲームではない。
2019-06-07_02h25_38

専用コントローラー(PS4などのコントローラーにも対応するが、専用コントローラーは遅延が抑えられる)が70ドル。
STADIA Founder’s Editionというお得なセットも発表されており、こちらはChoromecast Ultra、3ヶ月分のStadia Pro利用権、友達にプレゼントできる3カ月分のStadia Pro利用権、『Destiny 2』と拡張コンテンツ、特別なStadia Nameがセットで129ドル。
2019-06-07_01h50_33

初期にサービスされる国はベルギーや米国など西洋圏となり、日本は2020年以降になるようだ。
01

今回の発表について、正直に言えば「思ったより魅力的ではないな」と思わされた。
Stadiaが要求する回線のハードルは高いし、初期はコアなゲーマーにアプローチしていく必要があると思われる。
今回は、そういったゲーマーを取り込むタイトルを中心に発表し、これからプラットフォームを盛り上げるサービスを発表していくのではないかと思っている。
実際、独自タイトル開発の噂は聞こえてくるので、サービス開始の11月までに何が発表されるのか、楽しみに待っていたい。

 コメント一覧 (5)

    • 1.
    • 2019年06月07日 05:16
    • 自分が1P、フレンドが2Pのいわゆるオフラインプレイをオンラインで出来るなら悪くないかなぁ
      あとは正直ゲーミングPCを持ってる人にとっては独自タイトル次第かな
    • 2.
    • 2019年06月07日 06:44
    • 思った以上に普通のクラウドゲームサービスだったかも。利益出るのかな?
    • 3. ノノノノ
    • 2019年06月07日 08:05
    • 人が集中する時間をどう捌くかですよね
      YouTubeも20時から23時くらいまで重かったりしますから
    • 4. h
    • 2019年06月07日 15:18
    • PCゲーマー的にはこれだとGeForce Nowでいいじゃんってなっちゃいますね。
      GeForce Nowはホームストリーミングとクラウドを合わせたプラットフォームで
      steamで買ってあればゲームは遊べますし、対応ゲームも1500くらいありますし。
      てかゲーマーにとってはぶっちゃけ家の中でやるならgeforce nowなりsteam linkなり
      ストリーミングでいいんですよね。まあそれでもいまいち流行ってないんですが。
      その流行ってないものよりも遅延や価格、ゲーム数などの面で劣るものを出されても
      ゲーマーは見向きもしないと思います。

      だから非ゲーマーをメインターゲットにしているのかと思っていたのですが、
      現状出ている情報からは、モバイルを主眼にしてるわけでもなく、家の外でプレイする
      シーンを押し出しているわけでもなく、これで非ゲーマー層取り込めるの?って。

      当初の発表からは、家の外でもプレイ可能なスマホ特化のマルチプレイヤーゲームを
      出してくるだろうとか個人的に思ってたのですが、悪い意味で予想が外れました。
      スマホ向けMMOとかなら、遅延があまり気にならず、既にそれなりに市場があって、
      グラフィック面などでより上質なものを提供できそう、とか考えてたんですが。
    • 6. ノノノノ
    • 2019年06月07日 23:42
    • あれ?
      ゲーミング PCなくてもChromecastでPCゲームが遊べる、みたいに思っていたのですが
      私の勘違い?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント