RSS

記事一覧

『テリーのワンダーランドSP』が33%オフ、『Motorsport Manager Mobile 3』がiOS/Androidで無料に - 5月25日の値下げゲーム

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』は鉄板でおすすめ。
『Motorsport Manager Mobile 3』の無料も併せてどうぞ。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP (itunes 2,400円→1,600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
3DSの『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』のリメイク移植版。
モンスターを仲間にして牧場に預け、配合して次々仲間を増やして冒険を進めるRPGで、サクサク仲間にしてどんどん配合を増やして、テンポよく遊べる。
スマホ版は『ドラクエ11』などのモンスターが追加され、スマホ向けの操作、オート戦闘、一定時間事にダンジョンを自動踏破する“らくらく冒険”、新規エリアなどが追加されている。

おすすめ
Motorsport Manager Mobile 3 (itunes 480円→無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss4
F1チームのマネージャーとなり、スポンサーの誘致からドライバーやエンジニア、マシンの管理まで一手に引き受ける経営ゲーム。
演出は地味だが、スポンサーに課される目標をクリアするため、複数のマシンとドライバーを管理して良い順位を目指す戦術性と経営が楽しい。

Forgotten Memories: Alternate Realities (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Forgotten Memories: Alternate Realities
懐中電灯の明かりだけで廃病院を探索し、囚われた少女を探すホラーアドベンチャーゲーム。
グラフィックがリアルなだけでなく、不気味なマネキンが散乱する院内のビジュアルは狂気を感じるほど。
オーソドックスなシステムだが、歩いているだけでも怖い。
iOSでも最高のホラーゲームの1つ。
紹介記事:光と影、リアリティの産む恐ろしさ。Forgotten Memories : Alternate Realitiesレビュー

ドラゴンクエスト3  (itunes 1,200円→840円 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)
dqrui2
ドラクエの中でも人気が高い、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ』のスマホ版。
初代やIIで乱れていたドット絵はかなり良くなっており、ぱっと見では気にならない。
ガラケー版の移植なので、新職業やキャラクターのカスタム、クリア後のおまけダンジョンが追加され、サクサク進むようにバランス調整もされている。
縦画面の片手持ちで遊びやすく作られており、スマホ版ドラクエ2同様にバーチャルパッドの位置やサイズの調整も可能。
懐かしさを味わう目的のドラクエ2までと異なり、現代のゲーマーにもおすすめできる。
紹介記事:ドラゴンクエスト3 レビュー - 今プレイしても面白い、歴史に残るRPG。

気になったら

ドラゴンクエスト1  (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)
dqgamecast2
初代ドラゴンクエストの移植作品。
ガラケーをベースにしたせいか、見た目が結構キツい。とはいえ、過去を懐かしみたい方、ゲームの歴史を知りたい方が遊んでみるにはOK。
操作性はアップデートで改善された。
レビュー: ドラゴンクエスト - オールドファン、新規向け、どちらつかずな移植の残念さ

ドラゴンクエスト2  (itunes 500円→360円 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)
IMG_1314_R
スマホ版のドラゴンクエスト2。
元のゲームが古いので不便に感じるところもあるが、オリジナルよりは遊びやすくなっているので昔遊んだ方が懐かしむには充分。
昔ドラクエ2を遊んだ方、国民的RPGと言われるドラクエシリーズを試しにプレイしたい方は、この機会にどうぞ。
紹介記事:ドラゴンクエスト2 レビュー - 初代DQの移植を教訓に、懐かしのDQ2を再現

One Deck Dungeon (itunes 1,200円→600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
同名のボードゲーム移植作品。
5人の冒険者から最大2名までを選んで山札(ダンジョンイベント)をめくっていき、モンスターやトラップを攻略して、ボスに到達するまでに十分に成長したうえで戦うRPG系ソリティアゲーム。
Game Gallaryさんの動画が詳しく解説している。

ダンジョン姫 (itunes 360円→240円 / GooglePlay)
unnamed
主人公(男)と、姫たちがモンスターと戦うバトルRPG。
キャラクターそれぞれに5つの固有コマンドが用意されており、時間と共にチャージされるエネルギーを消費して行動を行う。
最後に行動したキャラが前列に移動し狙われやすくなるため、敵の行動に合わせた動きが重要になる。
ひたすら戦って、ランダムドロップアイテムで武装して、さらに奥へ挑むシンプルバトルRPG。
iOSのみセール。

Sir Questionnaire (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応)

部屋に入るたびランダムイベントの発生するダンジョンに潜り込み、「戦う(調べる)」か「素通り」などの2択を繰り返して、成長・装備集めを繰り返しながら潜る小さなローグライク系RPG。
毎プレイ3段階の難易度のミッションのいずれかを選んでもぐったり、写真機能で珍しいモンスターの写真を集めて楽しんだりできる。
やや単調だが、遊べる。

60 Seconds! Atomic Adventure (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
60 Seconds! Atomic Adventure
核爆弾が落ちた世界を生き延びるシミュレーション。
爆弾落下の60秒前からゲームがスタートし、家の中を歩き回って物資をシェルターに蓄えるアクションパートと、その物資を使って生き延びるシミュレーションパート(メイン)の2本立てで遊ぶアイデアは良し。
ゲームは……サバイバルが好きならば楽しめると思う。

Adventures of Poco Eco - Lost Sounds (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
ss2
アドベンチャーパズルゲーム。
抜群のビジュアル、素晴らしいBGMで、とにかく先に進みたくなる。
ゲームは面白くない。
でも、ビジュアルと音楽を味わうためにひたすら進めてしまう。
紹介記事:面白くないのにやめられない。音楽を聴きたくて遊ぶゲーム『Adventures of Poco Eco - Lost Sounds』レビュー

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (itunes 3,000円→2,000円 iPhone/iPad対応)
STEINS;GATE Linear Bounded Phenogram
大ヒットSFアドベンチャー、『>Steins;Gate』に登場する9人のキャラクターを主人公にした短編ストーリー集。
本編の主人公視点だけでは見えてこなかった、各キャラクターの悩みや葛藤などが描かれており、『Steins;Gate』の世界をより深く楽しめる作品。
元のゲームのファンならば、この値段でも楽しめるハズ。
逆に、元作品をプレイしたことがなければ本編からどうぞ。

True Skate (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
スケボーを操作してトリックを決める、本格スケボーアクション。
実際のスケボーを動かしているようなリアルさがあり、海外ではかなりの人気となっている。
操作もそこまで難しくないので、気になった方やスケボーが好きな人は試してみて欲しい。


継続セール
Mos Speedrun 2 (itunes 250円→120円 iPhone/iPad対応)
Mos Speedrun 2
ステージクリア型の横スクロールアクションゲーム。
左右移動、ジャンプ、壁ジャンプなどを使うオーソドックスなゲーム内容だが、グラフィックとステージ構成どちらもしっかり作ってあるので楽しめる。

Rebuild 3: Gangs of Deadsville (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Rebuild 3: Gangs of Deadsville
ゾンビだらけになった街の生存者になり、仲間を探して街を復興させていく経営シミュレーションゲーム。
子供を育てて成長させる要素が加わっており、イベントが過去作の中でも多め。
日本語非対応。

Sproggiwood (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Sproggiwood
村を再建するためにダンジョンに挑むローグライクRPG。
やや運要素が強いように感じるが、正統派ローグライクが楽しめる1作。
財宝を貯めて村を再建すると、少しずつキャラクターの選択肢が増えるのも嬉しい。

Million Onion Hotel (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay) Million Onion Hotel
画面をタッチしてパネルの色を変え、ビンゴのように列をつなげると摩訶不思議で気持ちよい演出が繰り出される“アクションパズル&ポエム”。
PSのカルト作『moon』を手がけたディレクターの木村さんと、アートの倉島さんのタッグが放つ奇妙な世界観と、ゲーム機の流れを汲む遊んで学ぶゲームプレイが融合しており、スマホ系のカジュアルゲームとは一線を画す作品。
おすすめ。
紹介記事:奇妙で、理解不能で、愛しいパズル『Million Onion Hotel』レビュー

 コメント一覧 (3)

    • 1. 元
    • 2019年05月25日 23:03
    • 現在入手しようとするとmotorsportが480円に戻っています。
    • 2. バッキンガム
    • 2019年05月26日 00:00
    • 5 ダンジョン姫のリンクが切れてました。
    • 3. 管理人
    • 2019年05月26日 00:18
    • ダンジョン姫、こちらでクリックすると普通に表示されました。
      どのリンクでしょうか?

      MSM3に関しては、まあ出した瞬間は無料でDLできたと報告があったので、その時期の記事ということで一応。
      でも、報告ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント