RSS

記事一覧

終了したソシャゲのヒロインたちを描く『終幕彼女』ゲーム開発中止。物語はノベルとしてリリース予定

endrole_ogp
サービス終了したスマホゲームのヒロインが現世に転生し、ソシャゲを終了に導く存在と戦う3DアニメーションRPG『終幕彼女』の単独開発中止が、アクセルマークの決算発表資料にて明かされた。
2018年11月13日には「総合エンターテイメントプロジェクト」として展開を広げるとしてサービスの開始時期を延期すると発表されていた本作だが、ゲームの開幕を迎えることが困難になっているようだ。

このゲーム、設定自体が異色で目を引くだけでなく、物語が面白いと話題の『アイドルコネクト』を手掛けた石原宙さんがストーリーを担当したことで注目を浴びていた。
また、終了したゲームの設定から「あのゲームがモデルかな?」などと推測するマニアックな楽しみ(確か、初期の発表時は他のゲームとのコラボも予定していたはず)もあり、ソシャゲマニアとしても楽しみな作品だった。
world01_pc

そんなわけで過去にも紹介してきたのだが、残念ながら単独での開発中止(おそらく、どこかの会社が拾えば開発できるのだろう)となってしまった。
が、キャラクターやシナリオを活用しIPを進る方針であり、まずはライトノベルとして再編集し、公開することを予定しているという。
とすると、気になっていた物語は全部読めるわけで……これは不幸中の幸いか。
石原宙さんのファンは、引き続き動向を見守っていくとよさそうだ。

関連リンク:
アクセルマーク2018年期末報告書

 コメント一覧 (1)

    • 2.
    • 2019年05月14日 21:54
    • しかしなー、ゲーム業界を舞台にしたマンガとか結構あるけど、実際に作中ゲームを出して勝負していないし、現存しないゲーム会社じゃないから皮肉屋の高みの見物みたいな目線が根っこにある気がしていた。
      「エンドロール」も開始されたサービスの中でプレイヤーとしてキャラを育てていくのと、モデルケースとなる物語を読み進めるのでは当事者意識みたいなものが全然変わってきてしまうよなあ。
      自分がゲームの中でキャラと出会って受けとる筈だった言葉と、出来上がった物語の中のキャラクター同士で交わされる言葉では、前者の方が日本語が稚拙でも刺さったりする。
      本来意図した出会い方は出来ない干渉できない世界のお話ではファン心理が持ちづらくなるのは勿体無いような気もするな。

      …まあ、他に世の中に出す方法が無くなった仕方ない判断なのでしょうけどね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント