RSS

記事一覧

Googleの新ゲームプラットフォームSTADIA発表。自社ゲームスタジオStadia Games and Entertainmentも設立

2019-03-20_16h11_41
Googleが、ついにゲーム産業に本格参入する。
3月20日、ゲーム技術カンファレンスGDC2019時にて、Google新ゲームプラットフォーム“STADIA”が発表された。
さらに、Google自らがファーストパーティーとして専用ゲームを作る“Stadia Games and Entertainment”の設立も発表。
その指揮を執るのは『The Sims Online』や『アサシンクリード』のプロデューサーとして活躍したジェイド・レイモンドさん。
本気の布陣である。

STADIAは、オンライン上のサーバーがゲームを実行し、映像が動画で送られてくるストリーミングゲームサービスであることが特徴となる。
ゲームはオンラインサーバーが実行するので、PS4やNintendo Switchのように特別なハード購入は必要ない。
WindowsやMacなどのChromeブラウザが動くPC、Chromecast UltraをさしたTV、スマホやタブレットなど再生する画面と高速なオンライン環境があれば利用できる。
2019-03-20_18h50_24

通常のゲームコントローラーにも対応するが、専用の“Stadia Controller”を利用すると、コントローラーが直接STADIAのサーバーに接続するため、低遅延でゲームが遊べるとのこと。
2019-03-20_16h14_11

ゲーム機としてみた場合の性能は、サービス初期で1ゲームインスタンス(1回のゲームに割り当てられる処理速度)あたり10.7teraflopsを実現。
これはPS4 Proの4.2teraflopsと、Xbox One Xの6.0teraflopsを合計したものより高いと、自信を持って発表された。
必要であれば複数のサーバーを合わせて処理することも可能だ。
2019-03-20_16h10_14
▲発表会では、見事にアサシンクリードが動いていた。その気になれば、どの会社から新ハードが出てもサーバーを拡張して性能を上げ、最高性能のゲーム環境を提供し続けられる。

すごい。とはいえ、サーバーとの通信には時間がかかる。
「ネットワーク遅延があって、操作から動くまでタイムラグがあるのにゲームがまともに遊べるか」
という疑問はわくことだろう。
実際、数年前からいくつかのストリーミングゲームサービスが立ち上がっているが、満足いくゲームが遊べなかった経験のある方もいるだろう。

しかし、技術進化は目覚ましい。すでに3年前の時点でNvidiaの高速ストリーミングゲームサービスで1人用ゲームを遊んだことがあるが、私は遅延を意識できなかった。
昔のアーケードゲームのように動きがタイトで、動きがドット単位でパキパキ動くものは難しいが、3Dアクションでぬるぬる動く作品なら問題なく遊べることだろう。
当然、STADIAもそういったレベルで遊べるものになるはずだ。

さらにGoogleならではの機能もある。
Google アシスタントと連携し、ゲーム中に攻略方法を探すことなども可能……とか言われていたが、目玉はYoutube連携。
これまで最新のゲームを配信するYoutuberは、ゲームプレイ用のマシンと、配信用の環境、2台のマシンを使うことが多かった。
しかし、STADIAならサーバー側で配信作業を行ってくれるため、手軽に配信できるようになる。
また、ある瞬間のゲームの状態を複製し、誰でも同じ状況からプレイできる“State Share”機能で配信者のプレイの続きを遊んだり、“Crowd Play”でゲームに乱入できるようにもなるとか。
2019-03-20_16h36_24

ゲーム開発にも新たな可能性が示された。
Googleの用意する機械学習が開発に利用できるのだ。例えば、灰色のこのゲームに対してイラストを与えると……。
2019-03-20_19h50_01

機械学習で色合いがゲームに加えられる。アーティストでなくとも、基になるデータを与えられればゲームに変化を出せるわけだ。
近年、GoogleはゲームをプレイするAIなども実験しており、将来的にはプレイヤーの行動を分析して敵AIを作ったり、自動でステージを作るなども機能に加わることだろう。
2019-03-20_19h50_26

また、オンライン上にサーバーを置き、たくさんのプレイヤーが同じ世界を共有することが容易となる。大勢のプレイヤーが同時に同じ世界を破壊したり、その記録を残したりできる。
これは、かつてスクウェア・エニックスのクラウドゲームサービス“シンラ・テクノロジー”が提唱していたものと同じ内容だが……ゲームとして実現することはなかった。
早すぎた思想は、Googleの手で花開くのだろうか。

サービス開始は2019年で、アメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパの4地域が対象となる。
日本でのサービス時期は不明だが、発表の内容は下記の動画で確認できる。

 コメント一覧 (10)

    • 1.
    • 2019年03月20日 21:13
    • 凄くワクワクする反面、記事でも触れられているけど一般家庭レベルの回線で遅延などのストレス無く遊ぶことが可能なのかなという疑問はある
      いずれは技術の進歩で解決してこうした方式がスタンダードになってくのは間違いないだろうけどね
    • 2. ^_^
    • 2019年03月20日 21:21
    • そこまでクラウドで遊びたいものなのか?
      って部分が一番引っかかるかな
      試みは面白いしワクワクするけど

      どこでも5Gのコストが高い部分に触れて無いけど
      高コストかけて、現行のゲーム機並みが体験出来るって考えるとかなりのリッチマンなんですよね

      実際どうなるか気になりますね
    • 3. 通りすがり
    • 2019年03月21日 00:11
    • どうせアップルが許可しなくてiPadではプレイできないんだろうなあ。8割のことはiPadだけできちゃうのに、そういうつまらないアプリ制限があるせいで、未だにWindowsパソコンが捨てられないんだってアップルは理解してるんかねえ。
    • 4. ぬ
    • 2019年03月21日 00:51
    • こんな大々的に発表するって事は賞賛があるんだろうが、現状10f程の遅延があるようだしスピード求められるゲームへの対応は厳しそうに見える。
    • 5. すていでぃあ
    • 2019年03月21日 02:19
    • 高速なオンライン環境があれば、スマホやゲーム機のマシンパワーはそれほど必要なくなりますよって言う人けっこういましたよね。これがそれなんですねー。

      若い人はYouTuberが使ってたらすんなりと受け入れそう。そしてYouTuberは運営とズブズブになりやすいから普及が早そう。
    • 6.
    • 2019年03月21日 06:04
    • GOOGLEは毎回いろんなサービス作って消すから、まだなんとも言えんね。
    • 7. sage
    • 2019年03月21日 11:56
    • 数々のストリーミングサービスが散っていったからgoogleでダメだったらもう後がない
    • 8.
    • 2019年03月21日 12:35
    • アメリカはネット回線格差の激しい国なので、広く支持されるとは思えないし
      Googleは鳴り物入りでリリースしたサービスでも思ってた程の手ごたえを感じなければ、あっさり切り捨てるので(それが出来るから強い企業でもある)
      なんとも
    • 9. ななし
    • 2019年03月21日 12:49
    • 要するに超ハイエンドゲーミングパソコンをレンタルしてリモートプレイするサービスっすよね。価格かなり高そう。ネット回線も超高速なの必須だしリッチマン向けに見えるけどリッチマンは超ハイエンドゲーミングパソコンを買っちゃうよね。誰にうけるんだろうこれ。
    • 10.  
    • 2019年03月21日 14:21
    • Appleが25日におんなじような物を発表したりして

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント