RSS

記事一覧

猫だけが生活する江戸時代の街で、料理屋を営む『ねこしろ』登場。お江戸のドット絵は圧倒的な華やかさ

neko05
猫だけが暮らす江戸時代風の街で、漁業に精を出し、海鮮料理屋を営むゲーム『ねこしろ(猫城)』がApp Store に登場した。
本作の見どころは、なんといってもドット絵で描かれる江戸時代風の街並み。
そのドット絵(と動き)を鑑賞する目的だけでダウンロードの価値がある、1点突破の魅力を持つ大江戸・猫・ドット絵ゲームだ。
論より証拠。まずはこの街並みを見てほしい。
昼は猫が動いて活気にあふれ、夜は暖かな明かりの中で遅くまで騒ぐ。
人間のように飲み食いするのに、移動するときは四つ足でリアルに動く猫の描写は必見。
neko01

ゲーム部分はといえばスタミナ制(1日おきに回復するスローなゲームだ)で、漁船を出して釣りをして、魚を仕入れるところから始まる。
漁師の能力によって航行距離が変わり、少しずつ遠くの漁場・町にもいけるようになる。
neko02
▲海ではときおり商人とも出会い、買い物ができることもある。

そして、街で店を借り、店員を雇って海鮮料理屋を作り、釣った魚を卸す。
これで金を設けて、次々と猫を雇い、新しい街(町ごとにグラフィックが異なる!)に出店するゲームとなっている。
neko06

正直に言えば、まだ完成度は低い。
しかし、この猫街の映像と、少しずつ猫を育成して行動範囲を広げ、新しい街を見つけては出店する根源的な楽しさは十分。
現段階でも、下記の方なら十分楽しめる。

・猫好きの方
・美しいドット絵が好きな方
・緩く育成するゲームが好きな方

ぜひ、ゲームを手に取って江戸前な猫街を堪能してほしい。

アプリリンク:
ねこしろ (itunes 無料)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント