RSS

記事一覧

黄昏の限界集落、最後の老婆として生きる『The Stillness Of The Wind』リリース

The Stillness of the Wind (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / Steam)
01
にぎやかな都会を夢見て、人々が村を去っていく。
ただ1人、老婆タルマを除いては。
彼女はヤギを世話して、畑を耕し、今日も孤独に生きる。
限界集落に残る老婆として生活し、生と死を考えるサバイバルゲーム『The Stillness Of The Wind』が App Store でリリースされた。

予告動画はこちら。

プレイヤーはヤギの世話をしてチーズを作ったり、畑を耕して作物を作ったりし、ときおりやってくる旅人と物々交換で生活必需品を得て生き延びることになる。
ただ、公式ページには「サバイバル」とあるが、生存は楽なので「生活」という方が正しいスローライフなゲームとなっている。
02

厳しい生活を送る老婆を心配し、都会に住む家族からは安否を気遣う手紙がやってくる。しかし、それでも彼女は孤独な生活をやめない。
そういった生活の中で、生と死を考えるゲームになっている。
03

日本語の翻訳・表示も問題なく作られており、オープニングから情感たっぷり。
ゆったり遊ぶのであれば、雰囲気を楽しむゲームとして十分に楽しめそうだ。

アプリリンク:
The Stillness of the Wind (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / Steam)

ちょっと攻略:
ゲームの説明が足りなくて苦労したので、基本的なことを書いておく。
本作の操作はタッチのみ。
1本指タッチで目的地を指定して移動(もしくは調べる・持ち上げる)し、2本指タッチでキャンセル(持っているものを落とす)ことができる。

生活に必要なものは“作業道具を手にもって”から“収穫できる場所をタッチ”することで入手できる。
かごを持って鶏小屋の入り口をタッチすると、卵。
バケツをもってヤギをタッチするとミルク。
クワをもって家の左側の土地をタッチすると畑を作れる。
stilleness-1

ミルクがいっぱいのバケツをもって画面右の小屋に入ると、小屋の鍋でチーズを作れる。
チーズは火にくべたら一定時間後に小屋を訪れ、鍋をタッチすると完成する(火をつけたら放置でよい)。
stilleness-2

寝る前に自宅のコンロをタッチすると、料理して食事できる。1日1食で生きられるようだ。
寝るときはベッドをタッチすればよい。
stillenessa-1

「ヤギに干し草をあげなければ……」と画面に表示されるが、旅人から干し草を買えば、ヤギは自動で食べる。えさを与える操作はない模様。
干し草を与えないペナルティは不明(怖くて試していない)。
ショットガンは使い方も不明。あとでイベントがあったりするのかもしれない。
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント