RSS

記事一覧

銀河警察アクション『Space Marshals 2』が120円。ハッキング、銃撃、スニーク、多彩に楽しめる潜入ゲー - 2月1日の値下げゲーム


※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

気になったら
Space Marshals 2 (itunes 720円→120円 iPhone/iPad対応)
Space Marshals 2
宇宙保安官となって悪党と戦う西部劇風SFスニークアクション。
スニークモードで背後からゆっくり近づいて暗殺したり、敵の保安装置をハッキングして有利を作り出したり、ときに銃撃で大立ち回りを演じるゲーム内容は、ゲーム機のような作り込み。
見た目も美しく、マップ構成もわかりやすく、装備も多彩。さらに日本語も対応で、安定の面白さでおすすめ。
紹介記事:トラップか、正面突破か、ハッキングか? 多様な戦術が面白いスニークアークション『Space Marshals 2』レビュー

気になったら
Death Point (itunes 720円→120円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
見下ろし視点のシューティングアクションアドベンチャー。
単に銃撃戦を行うだけでなく、背後から近づいて敵を倒したり死体を動かして発見を遅らせるステルス要素、アイテムを奪ってステージを進む攻略要素などが存在しており、かなり楽しめそう。

Tower of Fortune 3 (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Tower of Fortune 3
スロットでバトル師、イベントをこなしていくランダム要素の強いRPG。味のあるドット絵がレトロでイカす。
ランダムゲーとして良くできていて、暇つぶしには良い感じ。

The Lost Shield (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
The Lost Shield
アルカノイドとRPGを融合したアクションRPG。
弾を放って、盾を持ったキャラクターで反射させ、敵に当たりアイテムに当てたりしてステージを攻略するゲームとなっている。
職業によってできることも異なり、長く遊べそう…なのだが、序盤がたるい。

Neo Angle (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
タイルに三角形を敷き詰めてゴールまで塗っていく一筆書き系パズルゲーム。
三角形を配置して道を作るため、普通の一筆書きゲームより少し難しい。
スタイリッシュな空気もあって結構楽しい。

Zero/Sum (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
ss3
画面に示される数字の間に四則演算記号を入れ、式の計算結果をゼロにする計算パズルゲーム。計算結果でがん治療の研究が進んでいく(たぶんそんな感じ)ストーリーもあるし、ゲーム自体も意外に楽しい。

継続セール
魔女の泉3 (itunes 480円→360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
人間に迫害され、森に隠れ住むある魔女の物語シリーズ最新作。
『魔女の泉』はコツコツと魔法を強化して、仲間を増やして、行動範囲を広げる懐かしのRPGを楽しめるシリーズだ。
また、物語の分岐もあり、森に迷い込んだ人間を助けることで評判が変わり、物語にも影響を及ぼすストーリーを楽しめる。
小さいRPGから始まり、世界の有料ゲームランキングで支持を得る人気の秘密を知りたければ本作をどうぞ。

アニムス - アイア番外編 (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Animus - Stand Alone
『ダークソウル』+『モンスターハンター』を目指して作られた、ステージクリア型のハードアクションゲーム。
プレイヤーを容赦なく倒す凶悪なボスや雑魚との戦い、練習を必要とする難易度はまさしく『ダークソウル』系。
ゲームを進めると武器の種類が増えてランダム付加属性によって装備選びの戦術も出てきて武器を選んで戦うモンハン感も出てくる。
スマホでキツいアクションを探している方におすすめ。元価格を考えると安すぎ。

Alleys - 路地探索 (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
alleys-2
英国の路地をイメージしたテーマパークを脱出するインディーゲームで、台湾の開発者が1人で6年もかけて製作した作品。
脱出までの決まった順路はなく、好きなように世界を探索し、すべての謎を解かなくてもゲームをクリアできる新感覚脱出ゲーム。
謎でイライラすることなく、好きに見て回ってクリアする体験が楽しい。
好きな場所を好きな順番で探索し、謎を放置してもクリアできる新しい脱出ゲーム『Alleys - 路地探索』レビュー。英国の路地を思う存分散歩して、ストレスなく脱出しよう

Salary Man Escape (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
ss2
ブラック企業に勤めるサラリーマンを、扉まで送り届けて生活を助けるパズルゲーム。
積み木で作られた道から赤いブロックをスワイプして放り出し、扉までの道をつなげるパズルとなっているが、積木は物理シミュレートされているので、適当にブロックを抜くと崩れる。
毎ステージブラック企業の標語が掲示され、ブロックにも「毎日」「仕事」などのワードが配置されていてブラック感すごい。
遊びづらいがこの価格なら。

The Room Three (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
theroom3 - 5
謎の屋敷を散策し、美しい箱の謎を解き明かす脱出ゲーム『The Room Three』のセールが始まった。
美しいグラフィック、適度に悩む難易度、そして先に進むたびに見えてくる世界観。
このゲームは、スマホのみならず、ゲーム機のアドベンチャーと比較しても遜色ないクオリティ。
Muse Dash (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Muse Dash
リズムに合わせて登場する敵を、画面タッチで倒していく横スクロールアクション風のリズムゲーム。
シンプルな作りながら、音楽に合わせて画面をタッチする反応が作り込まれていて楽しい。
また、序盤は曲が短く、後半になるにつれて長く複雑になる仕組みも良し。
リズム天国を音ゲー化したような、操作の根源的な気持ちよさがあるのでおすすめ。
紹介記事:次々と音を感じて楽しさが止まらない”音ゲーのわんこそば”『Muse Dash』レビュー。『リズム天国』と『ガルパ』・『デレステ』系の中間に位置する新リズムゲーム

The Room: Old Sins (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
room-3
精巧な3Dグラフィックで作られた物体の仕掛けを探り、その秘密を明かす脱出ゲームシリーズ最新作。シリーズ通じて評価されているグラフィックは強化され、メカニカルな機構はさえわたり、ゲーム画面の中に別世界があるかのような存在感。
謎解きゲームではあるが、謎がゲーム世界を邪魔しないよう作られており、“謎解きを通じて別世界を旅するゲーム”
そう、このゲームをプレイすることは異世界に旅立つことに等しい。iOS版のみセール。
紹介:謎解きを通じて神秘の世界を見る旅。脱出ゲーム『The Room: Old Sins』レビュー

Tesla vs Lovecraft (itunes 840円→480円 iPhone/iPad対応)
ss2
科学者ニコラ・テスラになって、ラブクラフトの小説に登場する怪物を倒す360度シューティング。
テスラの信奉する電気技術が勝利するか、ラブクラフトの迷信が勝利するかという演出、無数の敵をなぎ倒す爽快感が楽しい。
なお、テスラの発明品はプレイ中に出てこない。特に序盤は核爆弾や放射能兵器のが電子兵器より多い気がする。

I Am The Hero (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
I Am The Hero
PCから移植されたビートアクション。
打ち上げからの連打、空中ダッシュからの追い打ちなど、爽快なコンボアクションが楽しめる。
操作も結構いける。
紹介記事:打ち上げ、連打、空中ダッシュからの追い打ち! 空中コンボ楽しい1人用ビートアクション『I Am The Hero』レビュー

Nightgate (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Nightgate
狂ったコンピューターネットワークの世界に入り込み、セキュリティゲートを開けていくアクションゲーム。
ビジュアル化された電子世界を移動し、アナログスティック移動で赤い障害を避けてチェックポイントを通過するだけのゲーム。
だが、音とビジュアルを楽しみながら進む雰囲気ゲーとして楽しめる。
もう少しメリハリがあれば名作だったかも。

Samorost 3(サモロスト3) (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
screen520x924
魔法のフルートの謎を解き明かすために、妖精たちが9の世界を調査し、不思議な体験をするポイントクリック型アドベンチャー。
手描きによる西洋絵本のようなアートが、そのまま動く点がまず魅力。
ゲームとしてもきっちり謎解きゲームになっていて楽しめる。

Alto's Odyssey (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Alto's Odyssey
永遠に続く砂漠を滑るアクションゲーム。
自動で滑り続け、タッチでジャンプするシンプルな内容だが、刻々と変わっていく景色、天気、光の演出を見ているだけで楽しめる。
前作と比べてギミックが増えて面白くなっているし、ゲームの納得感も上がっているので前作ファンの方にもおすすめ。
とにかくこの景色を見て欲しい。
紹介記事:遊ぶ芸術『Alto's Odyssy』レビュー。雄大な砂漠を気持ちよく走り抜けるために進化

Hidden Folks (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Hidden Folks
巨大なイラストの中から、小さなキャラクターを探す探し物絵本アプリ。
触ると絵が反応し楽し、ユーモアにあふれる演出や音が楽しめる。
探し物自体も楽しく、おすすめのウォーリーを探せ系ゲーム。iOSのみセール。
紹介記事:『Hidden Folk』レビュー - ウォーリーを探していたあの頃を思い出す。動いて音が出る探し物絵本

Blyss (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Blyss
タイルをなぞって点を消していき、画面上のすべてのタイルから点を削除するパズルゲーム。
タイルは、一筆書き、1度に3つ以上をなぞれればどんななぞり方をしてもOK。ただ、適当になぞっているとすぐにタイルが断片化して、最初からやり直しになってしまう。
適度な難易度と、音や見た目の気持ちよさがあって面白い。

Iron Marines (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Iron Marines
誰もが苦戦して……でもぎりぎり勝てる。魔法のようなバランスのタワーディフェンス、『Kingdom Rush』で多くの人々を魅了してきたIronhide Game Studioのリアルタイム戦術ゲーム。
ユニットを生産して指揮して、敵の拠点を破壊する戦術ゲームとなっている。
iPhone PlusやiPadなど大画面のデバイスを持っていれば断然おすすめ。

Bridge Constructor Portal (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応 / Steam)
552x414bb
ワープホールを作り出し、謎だらけの会社の中を探索するパズルゲーム『Portal』の公式なライセンス作品『Bridge Constructor Portal』が配信開始となった。
本作は決められた資材で橋を建築して車両を支える建築物理ゲームがベースとなっており、そこにPortalの世界観によるギミックとストーリーが融合したコラボ作品。
元よりゲーム内容がよいものを、いい感じに合成したゲームはかなり面白そうに見える。

Frederic: Resurrection of Music (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Frederic: Resurrection of Music
ショパンの曲を使ったリズムゲーム+バカゲー。
間に挟まれるデジタルコミックがお馬鹿すぎる。
続編よりも初代の物語が面白いと思うのだが、こちらは日本語非対応。
紹介記事:Frederic: Resurrection of Music レビュー - 喰らえッ!ショパンビィームッ!おバカリズムゲー登場

Frederic: Resurrection of Music Director's Cut (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Frederic: Resurrection of Music Director's Cut
ショパンの曲を使ったリズムゲーム+バカゲーの総集編。
前2作があって、それでも足りなければ。
日本語非対応。

Frederic - Evil Strikes Back (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Frederic - Evil Strikes Back
ショパンが現代によみがえり、ジャンプ的な音楽バトルを繰り広げるリズムゲーム+バカゲーに続編が登場! リズムゲーム部分はノートにあわせて鍵盤を叩く普通のシステムだが、作りがしっかりしている上にに有名曲のアレンジ楽曲がメインなので親しみやすい。
また、前作は英語だったが、今作は微妙な翻訳の日本語になっている。
中途半端な翻訳の日本語がおバカなストーリーにマッチしていて楽しい、奇跡的な現象が発生している。
紹介記事:Frederic - Evil Strikes Back - ショパンvs実在有名ミュージシャン…のパチモノな音ゲー

Iesabel (itunes 720円→120円 iPhone/iPad対応)
Iesabel
ハック&スラッシュの簡易ディアブロ系アクションRPG。
色々なドロップアイテムが手に入り、職業ごとに特徴的なスキルがあり楽しめる。
アップデートでシナリオも増え、かなりのボリュームなので、やや簡易とはいえDIABLO系を探しているならおすすめだ。
背景は綺麗だがキャラなどが小さいのでiPad向け。

Sinless: Remastered (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Sinless: Remastered
ポイントクリック型のアドベンチャー、『Sinless』のリマスター版。
イラストの雰囲気や、遠近感のあるぼかしなどは良く出来ているが、英語のみの対応。

Sparkle 3: Genesis (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Sparkle 3: Genesis
生物を補食し、深海生物を育てるアクションアドベンチャー。
透き通った独特のグラフィックが美しい雰囲気ゲー。

 コメント一覧 (3)

    • 1.
    • 2019年02月01日 23:13
    • SpaceMarshals2とかiOSでは買い切りなのに、Androidだと基本無料になるのはなぜなのか

      これ買い切りで欲しかったんですけどね…
    • 2.  
    • 2019年02月02日 18:56
    • >>1
      Android版も課金で600円のプレミアム買えば買いきりと一緒になると思うけど。
      iOSに比べてAndroidは買いきり売れないから様々なタイトルがそんな風になってる。
      同社のXenowerkもそう。
      ダンジョン X ダンジョンというメトロイドヴァニアもiOSは有料買いきりで持ってますが、Android版は基本無料だが基本無料状態のままだと敵が固すぎてキツイらしい。
      インプロージョンはiOS版は有料だがAndroid版は1ー6まで無料で体験させて以降は有料アンロック方式。
    • 3. 1
    • 2019年02月06日 20:42
    • >>2
      なるほど、そういう理由で。

      ゲーム内容をアンロックする方式ならいいのですが、プレイヤー側を強化する方式の課金はためらってしまうんですよね…
      課金パワーでクリアしても後で空しくなりそうなので。

      最終的にプレイ内容は同じだとしても、精神上モヤるので前者の課金方式にしてほしいなー、というメンタリティもメーカーに汲んでもらいたい(面倒な奴)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント