RSS

記事一覧

死者の思い出と引き換えに食事をふるまう『くまのレストラン』2月6日にリリース。暖かさと闇が同居する短編

photo03
死者が最後の晩餐のため訪れる特別な“くまのレストラン”。
そこには客の思い出を覗いて好物をそっとふるまう、くまのシェフと、ねこの給仕の2匹が待っている……。
精緻で暖かなドット絵世界を、ピアノ曲が彩る短編アドベンチャーゲーム『くまのレストラン』が2月6日、iOS / Android 向けにリリースされる。
無料ゲームの域を超えたドット絵の世界の注目作だ。

まずはゲームの雰囲気が伝わる動画を見てほしい。音楽、世界観ともに秀逸。


本作は発表からリリースまで時間がかかったが、なんと開発中にドット絵担当の力量が上がってしまって、前半に描いたドット絵を直さざるを得なくなったのだとか。
比較してみてみると、なるほど……という変化。
kuma

▲くまが青いスカーフを巻いている方が修正後。こんな形で、すべてのディティールが増されていったという。

ゲーム内では、プレイヤーは“ねこ”になってレストランの給仕を行う。
ねこは記憶がなく、なぜレストランで働いているかも覚えていない。しかし、ともかくも客から注文を受け、満足いく料理を出せればゲームは進む。
kuma02

ねこの役目は注文を受けるだけではない。注文を受けた段階では客の好きな料理の味はわからない。
だから、客の記憶の中に“ダイブ”して、その世界の中を探索して“記憶のカケラ”から注文された料理の味と、作り方を学ぶこととなる。
02_dive
なぜ、くまはレストランを経営し、死者が訪れるのか。
そういったことが、死者の記憶を知ることで明らかにされていき、大きな物語につながっていくのだと思われる。
kuma01

ゲームは3時間程度の構成になっており、短く濃く楽しめるインディーゲームになっているとのこと。
エンディングまでが無料で楽しめ、後日譚に当たる“虚無編”が360円で購入可能。
虚無編はガラリと雰囲気が変わり、展開も異なるようだ。


なお、本作の製作はギリギリの表現で人間のクズを描写して Google から警告を受けてしまった償いの時計』、少しダークで後味の悪い世界を描いた『しあわせのあおいとり』の Daigo さん。
ただ、本作開発の開始時、彼は「今回(くまのレストラン)は白 Daigo の予定です」と語っていた。

▲記憶の一例として送られてきた動画。

……。
おそらく死者の思い出を覗く過程で感動の物語が楽しめる……前提でなにか黒い沼にプレイヤーを突き落とすものと予想される。
『まどかマギカ』の虚淵節ではないが、暖かみの影に闇が見え隠れする物語が好きなら、このゲームは見逃せない。
アプリは2月6日に iOS / Android 向けにリリースされるが、すでに予約が始まっている。忘れずにプレイしたい方は、下記リンクから予約を。

アプリリンク:
くまのレストラン (itunes 予約 iPhone/iPad対応 / Android事前登録)
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント