RSS

記事一覧

スクエニ、クリスマス大セール開始。FF、ロマサガ、聖剣、半熟英雄、DQを除く有料アプリほぼすべて値下げ

スクウェア・エニックスが、ドラクエを除く主力有料ゲームほぼすべてを対象とした一大セールを開始した。
期間は2018年12月21日から2019年1月6日まで。
FF、外伝、サガ……なんでもセールなので気になるものをこの機会にどうぞ

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 (itunes 4,800円→3,800円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
system-img_01
サガシリーズ、売りきりの最新作。
マップ上を転々として、ひたすらイベントをこなしてバトルするシンプルな構造だが、その骨子は間違いなくサガ。
プレイヤーの選択で物語やイベント内容が変わるフリーシナリオシステムと、戦術性の高いバトル、シリーズ伝統のバトル中に技を覚える閃きシステムなどを特徴とする自由度の高いRPGとなっている。
ややマニア向けだが、私はすごく好み。

FINAL FANTASY LEGENDS 光と闇の戦士 (itunes 1,700円→840円 iPhone/iPad対応)
ss3
ガラケーで展開されていたドット絵FFの移植作品。
クリスタルを軸に4人の若者たちが世界を救う昔ながらのファンタジーFFで、移植の映像はチープだがストーリーやプレイ感は古き良きFFの新作。

FINAL FANTASY (itunes 960円→480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
初代FFのリメイク移植。PSP版をベースとしており、かなり簡単になっている。

FINAL FANTASY II (itunes 960円→480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
バトルで使用した能力が上がっていく、当時斬新なシステムを採用したFFIIのリメイク移植。
PSP版をベースとしており、かなり簡単になっている。

Final Fantasy III (itunes 1,600円→840円 / GooglePlay)
FINAL FANTASY III for iPad (itunes 1,600円→960円 iPad専用)
ss5
DS版のFF3をアップグレード移植した作品。
ゲーム自体も面白いが、FFの移植として初めてスマホの性能を活かしたアップグレード移植が行われた記念碑的作品。
できはかなりいいのでおすすめ。
紹介記事:レビュー:ファミコンからDS、DSからiPhoneへリメイクの名作 ファイナルファンタジーIII

FINAL FANTASY IV (1,600円→840円 itunes iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss3
ファイナルファンタジーIVのDS版リメイクを移植したもの。
スーパーファミコン版と比べると視界が狭いのがストレスだが、演出に関しては格段にパワーアップ。
値段には十分過ぎるぐらい見合う。
紹介記事:レビュー:FINAL FANTASY IV 3Dになって演出は格段にパワーアップ!プレイしやすさはちょっとダウン

FINAL FANTASY IV: THE AFTER YEARS -月の帰還- (itunes 1,600円→840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
FINAL FANTASY IV 』の後日談として作られ、ガラケーで好評を博した作品のリメイク作。
FF4と同じようなテイストで完全に3Dへ作りなおされたもの。
ゲームはよくも悪くもFF4しており、懐かしのプレイヤーにおすすめ。
ストーリーはFF4からつながっているので、プレイするならFF4をクリアしてからが良い。
紹介記事(序盤のネタバレ有り):20年越しの外伝にオッサンが涙する日〜FF4ジ・アフターをプレイする〜:iPhoneゲーマーな日々

FINAL FANTASY V (itunes 1600円→840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss3
ファイナルファンタジーVをスマホ向けにアレンジして移植したもの。
キャラのグラフイックやイラストについては賛否あるが、元のゲームも面白いし、リメイクもスマホ向けにきっちり作られていて、十分楽しめる。
Appleが選ぶゲームオブザイヤー2013で賞を獲得した作品。
紹介記事:レビュー:『FINAL FANTASY V』 名作がスマホ向けにきっちりリメイク。スマホFF史上最高作品。

ファイナルファンタジーVI(itunes 1,600円→840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
screen520x924
スーパーファミコン版をベースに、ゲームボーイアドバンス)版の追加要素を収録し、グラフィックを高解像度で描き直した名作RPGファイナルファンタジーVIの移植作。
主人公を入れ替えつつ語られる群像劇のストーリー、各キャラごとに異なる特殊スキルを持っており、バトルでの使い分けも楽しい。
昔を懐かしみたい人にも、やりごたえのあるRPGを求めている人にもおすすめ。
操作がFF5と比べると不自由なのだが、10月のアップデートで多少改善され、ゲームコントローラーにも対応した。
紹介記事:FINAL FANTASY VI レビュー - GBA追加要素、SFCの音源を兼ね備えた完全版移植。

FINAL FANTASY VII (itunes 1,600円→1,080円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
theroomthreerr - 1
プレイステーション時代に、その後の3DRPGの基礎を決定したと言ってもいいRPG業界の金字塔。
今遊ぶと、古い感は否めない。が、時代を体験する意味ならやっておく価値のある1作。
モンスターとの遭遇をオン/オフする機能や、ステータスを最強にできる機能で面倒なくストーリーを追える配慮も。
思い出に浸るにもうってつけのタイトルだ。

FINAL FANTASY Ⅸ (itunes 2,500円→1,600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
WS000038
ファンタジーとクリスタルを巡る正統派FFとして2000年リリースされた作品の移植版。
盗賊のジタン、黒魔道士のビビ、王女ガーネットなどの数奇な出会いと運命、彼らの生きる意味をテーマとしたドラマチックなストーリーには根強い人気があり、玄人好みの1作。
スマホ向けに高解像度化し、さらにギルマックスなどのブーストモードを加えた公式チート付きの1作。

ファイナルファンタジーXV ポケットエディション (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / Google Play)
ffr-9
PS4の性能を活かしたリアルなグラフィックと、FFシリーズ初のオープンワールド(自由に探索できる広大なフィールド)導入で話題になった『ファイナルファンタジーXV』の簡略版。
オープンワールドを廃止し、町の探索と物語、バトルだけを体験できるように整理したもの。
ただ、物語の良さがオープンワールドにあったので、できれば原作をやって欲しい感じはある。
遊べるかどうかでいうと、そこそこ。
前チャプターセットが2400円→1200円、各章単品購入が480円→240円となっている。

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争 (itunes 1400円→720円 / GooglePlay)
FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争_for iPad (itunes 1600円→840円 iPad専用)
ss2
ファイナルファンタジーシリーズのシミュレーションRPGでPSP版準拠の移植。
リリース時からアップデートでユニットキャラのグラフィックが高解像度化し美しく進化した。
描画スピードの改善もされてプレイの快適さもアップしている。

FINAL FANTASY LEGENDS II 時空ノ水晶 (itunes 1,800円→840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
旧スクウェアの時田さんがプロデューサを務め、ドット絵のFF新作として注目を集めながらもサービス終了となった『FINAL FANTASY LEGENDS II 時空ノ水晶』から課金要素を取り除き、再構成して有料ゲーム化したバージョン。
結果として、成長にあまり手間のかからないスマホっぽいバトル&物語のRPGとなっており、結構楽しめる。

聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝- (itunes 1,400円→720円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
seiken_1
ゲームボーイの『聖剣伝説 ファイナルファンタジー外伝-』をリメイクしたアクションRPG。
攻撃ボタンとアイテム、ため攻撃と移動キーのシンプルなゲーム内容は、今となっては古い。しかし、遊びやすく、原作を壊さない形で作られていて、原作ファンなら満足間違いなし。
BGMは、原曲を手がけた伊藤賢治さんによるアレンジ版と、ゲームボーイ版を選べるところもポイントが高い。

聖剣伝説2 (itunes 960円→480円 / GooglePlay)
seiken_0120_r12聖剣伝説2の移植。
もともとがゲーム機のアクションなので、少し操作に手間取るが、なんとか遊べる範囲の移植となっている。
聖剣伝説2を懐かしむなら、うってつけ。
紹介記事:聖剣伝説2 レビュー - 匠の仕事が光る移植。スマホでも快適に遊べる聖剣伝説

クロノ・トリガー (アップグレード版) (itunes 1,200円→600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
chrono09
名作RPGクロノトリガーのDS版の移植。グラフィックもそのままで、操作性が悪い。
ただ、元のゲームは面白いので遊べるといえば遊べる。
紹介記事:クリアしたから「楽しかった」と断言する。新しいスマホ版『クロノトリガー(アップデート版)』レビュー

半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!! (itunes 1,800円→1,080円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
おちゃらけたノリで、へんてこなエッグモンスターを召喚して戦う戦術ゲーム『半熟英雄(はんじゅくヒーロー)』が、ついにスマホで配信された。
しかも、完全買い切り。本作はリアルタイム戦術ゲームの一種なのだが、随所に盛り込まれるギャグと、バトル中の奇抜な召喚モンスター“エッグモンスター”を特徴としている。
今回はプロモーションも往年のスクウェアのノリになっていて、いろいろと年寄りには期待できそうに見える。まあ、まずはやってみて感想を述べたい!

ヴァルキリープロファイル VALKYRIE PROFILE (itunes 2,200円→1,800円 / GooglePlay)

PSPで配信されたRPGの移植版。
本作は北欧神話をモチーフとして作られたアクションRPGで、プレイヤーは半神のヴァルキリーとなって英雄を育て、神々の戦争のため魂を命を刈り取る仕事に就き、その中で英雄達と神の思惑が交差する物語が展開される。
物語もゲーム内容も評価が高い作品だが、じっくり腰を据えて遊ぶならば楽しい。ただ、今見ると説明不足か。
操作が気になる方は、スマホ用のコントローラーに対応しているので、コントローラーがあればゲーム機同様に遊べる。

CHAOS RINGS Ⅲ (itunes 2,400円→1,400円 iPhone/iPad対応)
CHAOS RINGS Ⅲ
鮮やかで見ているだけで楽しめるフィールド、後半に向けて加速度的に盛り上がる王道のストーリー、音楽も良し。
テンポの良すぎるバトルは飽きづらく、スマホのJRPGとしてはトップの面白さ。
カードと合成のシステムがわかりづらい欠点があるが、その欠点以上に面白い。
ゲーキャス的には、スマホのJRPG中で1位。

ロマンシング サガ2 (itunes 2,200円→1,800円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
screen480x480
スーパーファミコンで発売された同名作品の移植。
アヴァロン帝国の皇帝となり、モンスターを退治し、諸外国の問題を解決して国を発展させ、同時に歴代皇帝に力と記憶を引き継ぎ、巨悪とされる七英雄を倒す力を蓄えるRPG。
原作のテイストを維持しつつも高精細になったドット絵、新職業の「忍者」、そして7英雄の過去が語られる「追憶の迷宮」、植物を育てて資金を稼ぐ「アヴァロンの園」、いつでも「強くてニューゲーム」などの新要素がぎっちり詰め込まれた完全版。
おすすめ。

 コメント一覧 (2)

    • 1.
    • 2018年12月23日 07:00
    • ケイオス3はジョニーデップみたいのが起きたところで終わったけど、あの後なんかシナリオ追加されたのかな。
    • 2. 匿名希望
    • 2018年12月26日 00:22
    • 思わず買った、人生初FF
      OPからワクワクが止まらぬ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント