RSS

記事一覧

総計80本以上、ブラックフライデーの圧倒的セール! XCOM、Mushroom 11、Gorogoa、Florenceなど人気作ずらり

ブラックフライデーセールが始まる……!
本日はいつも紹介する微妙系は省き、合計80作品のみ紹介。Androidデモセールしているものはリンクをつけているので、参考にして欲しい。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
Gorogoa (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
gorogoargr
水彩画タッチで描かれた仕掛け絵本のページをつなぎ合わせ、ストーリー的な繋がりを持つページを作って物語を進める仕掛け絵本パズル。
4枚のイラストを分解しては組み合わせ、ときにつなぎ合わせて1つのイラストのようにして、イラスト内の人物を助けて怪物Gorogoaに立ち向かうゲームは、物語を読むように進んでいく。
映像、物語の演出が素晴らしく、かつパズルも面白い。おすすめ。
物語を読み進める“仕掛け絵本パズル”『Gorogoa』レビュー。読むように進むゲームという新しい体験

おすすめゲーム
Radiant One (itunes 400円→120円 iPhone/iPad対応 / Steam)
552x414b2b
仕事に退屈し、SNSでの関わり合いに疲れたダニエルの心の葛藤を描く現代ホラーアドベンチャー。
夢の世界を自由に動けるようになり、現実逃避するダニエルはある日、夢の世界の奥深く……自らが蓋をしていた心の闇と向き合うことになるのだが……。
海外のゲームでも、社会人のストレスは日本と変わらない普遍的なテーマを扱った短い作品。

Iron Marines (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Iron Marines
誰もが苦戦して……でもぎりぎり勝てる。魔法のようなバランスのタワーディフェンス、『Kingdom Rush』で多くの人々を魅了してきたIronhide Game Studioのリアルタイム戦術ゲーム。
ユニットを生産して指揮して、敵の拠点を破壊する戦術ゲームとなっている。
iPhone PlusやiPadなど大画面のデバイスを持っていれば断然おすすめ。

XCOM®: Enemy Within (itunes 1,200円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
XCOM®: Enemy Within
科学軍事機関XCOMの指令官となってエイリアンと戦うSFシミュレーションゲーム。 兵士が死ぬと蘇らず(それでいて育成要素もある!)、成果を上げられなければ予算をカットされ、経営が行き詰まるシビアさがたまらない。
また、SFストーリーの面白さもあり、始めるとやめ時が見つからないゲーム。日本語も対応していておすすめ。
紹介記事は前作のものだが、内容的には大きく変わらないので参考にどうぞ。
紹介記事:取り返しのつかない死が生む面白さとドラマ『XCOM:Enemy Unknown』

Civilization Revolution 2 (itunes 1,200円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Civilization Revolution 2
ご存じ、人類の文明を導き、他の文明に打ち勝って世界を統一する戦略シミュレーション。
初代の『Civilization Revolution』家庭用版のグラフィックを使って見た目を美しくし、システムをアレンジしたマイナーチェンジ版だが、やはり中毒性の高さは健在。戦略ゲーム好きにおすすめ。
紹介記事:Civilization Revolution 2 レビュー - 中毒性の高さは健在。時間泥棒の戦略SLG、再びスマホへ!

Monument Valley (itunes 480円円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 390円→110円)
Monument Valley
視覚トリックを利用した構造物を旅するパズルアドベンチャー。
壁だと思っていた場所が、気づいたら道に。道だと思っていた場所が、気づけば壁に。
トリックを利用した不思議な体験ができる。
意味深なストーリーや静かな効果音が作り出す寂しげな世界観も良い。
短い旅をしているような感覚に囚われる芸術作品。「スマホでゲーム探しているなら、だまって買っとけ」な1作。Androidのみセール。
紹介記事:Monument Valley レビュー - だまし絵の世界を旅するパズル

Monument Valley 2 (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 600円→110円)
Monument Valley 2
錯視の視覚トリックを暴いて道を進むパズル『Monument Valley』の続編。
印象的なビジュアルと視覚のトリックに驚かされる点は前作と同じだが、2人の親子を主人公にして、ときに一緒に、ときに分かれて旅するストーリーを見るパズルとなっている。Androidのみセール。

Alto's Odyssey (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Alto's Odyssey
永遠に続く砂漠を滑るアクションゲーム。
自動で滑り続け、タッチでジャンプするシンプルな内容だが、刻々と変わっていく景色、天気、光の演出を見ているだけで楽しめる。
前作と比べてギミックが増えて面白くなっているし、ゲームの納得感も上がっているので前作ファンの方にもおすすめ。
とにかくこの景色を見て欲しい。
紹介記事:遊ぶ芸術『Alto's Odyssy』レビュー。雄大な砂漠を気持ちよく走り抜けるために進化

Mushroom 11 (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
mashroom_6
緑の粘菌を移動させてゴールへ導くアクションアドベンチャー。粘菌が一定の質量を保ち続ける性質を利用し、指でいらない部分を消して任意の方向に再生させるゲームとなっている。
新しい操作性をうまくゲームに仕上げており、「こう動かせばいいかな?」などと新しい操作性に対して考えながら進むのが楽しい。
PCよりもスマホ版の方が操作しやすいので、このゲームについてはスマホ版がお勧め。
『Mushroom 11』レビュー。変形自在の粘菌を操るゲーム。新しい操作が生み出す新しい面白さ

オドマール (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
odomar-9
魔法の力を身につけたことで過酷な運命を課されたバイキング、オドマールの冒険を描く横スクロールアクション。
レオズ・フォーチュン』スタッフの新作でアニメーションへのこだわりは職人芸の域。恐ろしいほど滑らかな動きが操作の気持ちよさに直結している。
アニメが滑らかすぎて面白さにまで昇華されたアクション『オドマール』

The Bug Butcher (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
The Bug Butcher
左右に移動しつつ上方向に弾を撃つ古典的アーケードシューティングながら、とても完成度が高い1作。
1ステージ3分で完結するスマホに適合した作りながら、3分の中でチマチマ撃つ気持ちよさ、一気に敵を殲滅する気持ちよさなどのメリハリがついており、1プレイが濃い。おすすめ。
紹介記事:3分に濃縮された充実の古典シューティング。『The Bug Butcher』レビュー

Flood of Light (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Flood of Light
限られた光の力を利用して、仕掛けを起動するライトに明かりを灯し、水没した遺跡を探索するパズルアドベンチャーゲーム。
音楽もビジュアルも良く、雰囲気ゲーが好きならかなり楽しめる。

Dandara (itunes 1,700円→840円 iPhone/iPad対応)
Dandara
ゲーム機でも、スマホでも同じように遊べる操作を考えて作られたというが、実際には「ゲーム機並みの密度のゲームを実現し、スマホの方が直感的に遊べる」という作品に仕上がっている。
広い2Dマップを自由に探索し、ときに戦い、ときにアイテムを手に入れて行動範囲を広げていくメトロイドヴァニア系探索アクションとしてよくできている。
黄昏の世界感も良くできており、世界観も含めておすすめの1作。ただ、iPadの画面サイズは欲しい。
紹介記事:音と文字とドット絵で。黄昏の世界を表現する『Dandara』レビュー。ゲーム機と変わらぬ体験をあなたに

スキタイのムスメ:音響的冒剣劇 (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Superbrothers: Sword & Sworcery EP
ドット絵と音が融合した雰囲気重視のアドベンチャーゲーム。神秘的な世界観と音は、体験の価値あり。
ただ、iOS9からは日本語で遊べなくなってしまったが、iOS10対応時に日本語に再度対応。
紹介記事:レビュー:スキタイのムスメ~音響的冒険~ ドット絵とリアルな音、素晴らしい演出が織りなす芸術

Suzy Cube (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)suzycuber-1
スマホで3Dのマリオ(ジャンプしながら進むアクションゲーム)系ゲームを探しているなら『Suzy Cube』は最高の作品の1つと言える。
バーチャルスティックとジャンプだけの簡単な操作系ながら、ステージにはプレイヤーを楽しませる工夫が「これでもか!」と詰まっており、どのステージをとっても同じ印象のステージはない。
アクション操作を簡単にしてスマホで操作しやすくして、代わりに緻密なステージ構成で遊ばせる逸品。
明るくて可愛くて、楽しいマリオ系アクション『Suzy Cube』レビュー。1人で3年をかけて練り込んだ渾身のインディゲーム

Hidden Folks (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Hidden Folks
巨大なイラストの中から、小さなキャラクターを探す探し物絵本アプリ。
触ると絵が反応し楽し、ユーモアにあふれる演出や音が楽しめる。
探し物自体も楽しく、おすすめのウォーリーを探せ系ゲーム。
紹介記事:『Hidden Folk』レビュー - ウォーリーを探していたあの頃を思い出す。動いて音が出る探し物絵本

Downwell (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
ss2
下に向かって銃を撃つ「ガンブーツ」を装備し、敵を倒しながら暗い井戸を下るアクションゲーム。
難易度は高いが、クオリティの高いビジュアルとアクション、絶妙の間を持った演出で飽きずにクリアまで遊べてしまう。
おすすめ。

SPACEPLAN (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
SPACEPLAN01
スマホを連打してジャガイモを生成し、惑星に打ち込んで世界を変革するSFクリッカー系ゲーム。
アンビエントな音をバックとした壮大なSF世界。ミニマルで印象的なグラフィックだが……登場するのはすべてジャガイモ。
科学理論を実践する手段もジャガイモ。
その生産手段はプレイヤーの連打。
でも意外に面白くてやめられない。
紹介記事:『SPACEPLAN』レビュー - 宇宙の謎をジャガイモで解く。壮大な映像と音楽、おバカが融合したクリッカーゲーム

気になったら
Florence (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Florence
『Monument Valley』のデザイナーが設立したStudio Mountainで開発し、ゲームの手法をコミックに盛り込んだアプリ。
要所要所にさしはさまれたミニゲームがプレイヤーに感情移入を促し、恋愛を思い出させる甘酸っぱいコミック。
紹介記事:プレイヤーの恋を思い出させるコミック『Florence』レビュー。ゲーム的な手法で記憶をくすぐる挑戦

Reigns (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)Reigns
カードで示される選択肢にYES/NOの2択で答え、国の勢力バランスを取る政治ゲーム。
一見、選択肢を選ぶだけのカードゲームだが、隠された選択肢を見つけることで王国の秘密に迫り、謎を解くアドベンチャーの性質もあり、意外な演出に驚かされる。
紹介:呪われた王となり、国という化け物を治めよ。『Reigns』レビュー

Reigns: Her Majesty (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
DiOwHYMVQAUJWsF
記憶を保ちながら転生する女王となり、重臣たちの進言に対してイエスかノーだけの返答で行動を決めて国を治めるアドベンチャーSLG。
前作よりやや複雑になっており、1作目をクリアして遊ぶのが良い。

Always Sometimes Monsters (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
ss3
現代社会の闇を扱うサバイバルライフシミュレーター。
無一文で追い出され、闇商売などに手を出しながら生き延びるゲームらしい。
未プレイだが、Devolverのゲームなので面白いとは思う。

Umiro (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)

信頼のゲームパブリッシャーDevlover Digitalより、色彩と記憶のパズル『Umiro』がスマホ・Steam向けにリリースされた。
本作は記憶を失った主人公を導き、迷路を脱出するゲーム。
指で道を描くとそれに沿って主人公が移動する筆書きパズルの応用ゲームだが、プレイヤーが指を滑らせると、灰色の迷宮が色づいていく様が実に美しい。
パズル&ストーリーのゲームとして楽しめそうな1作だ。

はーとふる彼氏 (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Hatoful Boyfriend
ハトしかいない学園に人間の女子が入学し、ハトたちと対等な立場でふれあい、恋愛する乙女ゲー。
一見ジョークゲーだが、やり込んでみると思ったよりも深いストーリーがあり、ハマる。
紹介記事:ハトと人の恋愛乙女ゲー。今さら真面目に語る『はーとふる彼氏』レビュー

NBA 2K19 (itunes 960円→600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
NBAの定番スポーツアクション。未プレイ。

The Warlock of Firetop Mountain (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
The Warlock of Firetop Mountain
火吹き山の魔法使いをベースに、ジオラマのベースのグラフィックで資格情報を付加した現代のゲームブック。
全編英語だが、空気感はとても良い。

Shadowmatic (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Shadowmatic
光源の前で物体を回転させ、まったく別の意味のある影を作り出す影パズル。
素晴らしい映像とサウンド、iOSだけのゲームであること、iPhone3GSでもプレイできることを評価されてApple Awardを受賞している。
ゲームとしてはちょっと難があるが、アートとしては一流。

Valleys Between (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
576x768bb
川の中に存在する平原を育て、どうぶつを守る美しいパズルゲーム。
六角マスを上に引っ張ると中央から隣接した区域が平原になり、平原を上に引っ張るとそのマスには木が生えて動物は通れなくなる。
1手ごとにその上を動物が移動していくので、うまくどうぶつを誘導して生かしつつ、できる限り長く生きるパズルとなっている。
ゲーム的な面白さはそこそこだが、雰囲気は良い。

Abalone® (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Abalone®
駒を動かして相手の駒を番外に押し出す戦術相撲のようなボードゲーム『アヴァロン』のスマホ版。
1対1の対戦ゲームで、気軽に遊べる。

Reckless Racing 3 (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
screen640x640
ドリフトで走るミニチュアレースゲーム、Reckless Racing シリーズ最新作。
今作では28台の車が使えて、それぞれに性能差もある。
ゲームモードはキャリア、アーケードの2種類のレースと、ドリフトや1周のラップを競うイベントの3モード。
30以上のステージと60のミッションがあってボリュームはたっぷり。
ただし、オンライン対戦はない。

AMON (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
ss1
現実の中に立体的な破片を出現させ、それらを組み合わせて像を造るARパズル。

Space Marshals (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Space Marshals
西武開拓時代を意識した惑星で、脱獄囚を捕まえるために様々なミッションをこなすSFアクションアドベンチャー。
レーダーで敵の位置を確認して死角から近づいて隙を突いたり、遠くから爆弾を投げて倒したりするスニーク系のアクションがメインとなっており、そこそこ楽しめる。
ミッションをクリアすると新たな武器が手に入るので、進めていけばやれることが増えていくと思われる。
Reckless Racingシリーズのメーカーが製作しており、Metal(iOSのグラフィックを強化する機能)対応の美しいグラフイックが楽しめる。

Bottom of the 9th (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Bottom of the 9th
野球の9回の裏だけを扱った対戦カードゲーム。
相手との読み合いが重要だが、判定はサイコロで行われるため深い思考がいろいろぶっ壊れることも。
海外ではかなり人気の対戦ゲームの模様。

Lichtspeer (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Lichtspeer
引っ張り操作で槍を投げ、画面右からやってくる敵を次々と倒すアクションゲーム。
先に進むほどに神の力を授かり、多彩な技が使えるようになる。
やるとかなりハマるので、セールしているタイミングにどうぞ。

Harald: A Game of Influence (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Harald: A Game of Influence
使者を評議会に送り込み、プレイヤーの村の威信ポイントを挙げていく政治駆け引きをテーマにした対戦カードゲーム(同名ゲームの移植)。

Hell Raider - Wheel of Fate (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
ss1
地獄に落とされた男が、蘇るために必死に戦うルーレットRPG。
全ての行動の結果がルーレットで決定するが、ゴールドを払うとルーレットの結果を変更することが可能。つまり、運ゲーのようでいて、お金の限り要所で運をコントロールするゲームになっている。

物語もちょっと面白そうだが、残念ながら英語のみ。

Type:Rider (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
screen480x480
2つの玉を操作してゴールを目指すアクションアドベンチャー。
ステージの背景は絵画や文字で埋められており、芸術的な空気感が素晴らしい。
水の音や本にぶつかる音など、地形に応じて異なる効果音を採用しており、プレイ時はヘッドホン推奨。
白い文字などを集めるとストーリーが読めるが、日本語に対応していないのが残念だ。

Yomi (itunes 1,200円→720円 iPhone/iPad対応)
Yomi
対戦格闘ゲームを再現したカードゲーム。
キャラクターごとに定められた、攻撃・防御・投げ・避けの4種のカードを使い、1対1のバトルを行う。
キャラの行動からコンボ、ガード削りなど格闘ゲームの要素が完全再現されており、格闘ゲーム好き&カードゲーム好きならニヤリとできる1作。

Joe Dever's Lone Wolf - Complete (itunes 1,480円→600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Joe Dever's Lone Wolf - Complete
ゲームブックのローンウルフシリーズを1つにまとめ、美しい3Dでシーンを再現したアプリ。
グラフィックはかなり臨場感があり、かなりできは良い。ただし、英語のみ。

アフター・ジ・エンド:忘れられた運命 (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応)
screen520x924
人類がいなくなり、終わりを迎えた世界を冒険するアクションパズルゲーム。
バーチャルスティックで移動し、視点をぐるぐると回転させながらギミックを探し、道を進んでいくオーソドックスなゲームだが、カメラワークの補助が少なく、慣れるまでプレイしづらい。
音楽やグラフィック、演出は良いので雰囲気ゲーが好きな方に。

Vandals (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
警察の目をかいくぐってグラフィティを描き、ゴールまで逃げ切るターン制のパズルボードゲーム。
『Hitman GO』など、GOシリーズに似たアプリだがギミックを使ったポリス誘導が重要になっている。
雰囲気はあるが、パズルとしては普通。

Pigeon Wings (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
sc552x414
傾け操作で高度を制御し、画面左タッチで加速、右タッチでダッシュやショット(ステージによって変わる)を行うレーシングアクション。
ハイテンポでクリアしやすい構成のため、一気に遊べてしまう。
とぼけたキャラクターも良い味を出しており、価格分の価値はある。

Sentinels of the Multiverse (itunes 840円→240円 iPad専用 / GooglePlay)
Sentinels of the Multiverse
コミックヒーローと悪の戦いを再現したカードゲーム。
PCからの移植作品で、Steamでの評価は良い模様。
未プレイだがセール中だったので紹介。

Thumper: Pocket Edition (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Thumper: Pocket Edition
鋼の甲虫を操作し、敵を打ち砕いていくリズムゲーム。
タッチに対する強烈な反応とサイバーチックなビジュアルの変化が最高に気持ちいい。

One Deck Dungeon (itunes 1,200円→840円 iPad専用)
One Deck Dungeon
同名のボードゲーム移植作品。
5人の冒険者から最大2名までを選んで山札(ダンジョンイベント)をめくっていき、モンスターやトラップを攻略して、ボスに到達するまでに十分に成長したうえで戦うRPG系ソリティアゲーム。
Game Gallaryさんの動画が詳しく解説している。

Hitman: Sniper (itunes 120円→無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Hitman: Sniper
ヒットマンシリーズの狙撃ゲーム。
単に狙撃するだけでなく、建物の配電盤を破壊して停電させて混乱を引き起こしたり、水の中に落としたりと狙撃現場の環境を使ってターゲットをおびき寄せることもできる「暗殺シミュレーションゲーム」になっている。

Hyperforma (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)

サイバーパンク・ハッキング・ブロック崩し系ゲーム。
ブロックの中心にあるコアにボールをぶつけるとハッキング成功になり、ストーリーが進む変わり種ブロック崩しとなっている。
プログラムのコアは立体的に配置されたブロックで守られており、ドラッグで360度回転させて好きな方向から攻撃することができる。
また、必殺技があったり、一定時間ごとに好きな方向に向けて打ち直せるなど独自の仕組みが多い。雰囲気はいいが、ゲーム部分が面白いかどうかは慣れるまで判定できない複雑さを持っている。

FRACTER (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
fra-8
迷宮の中に散らばってしまった少女の影を集めるパズルアドベンチャー.
白と黒の濃淡だけで構成される世界を舞台に、光を利用して解くパズルの美しさが印象的で、黙々と謎を解き、ダンジョンを進む少女の姿に無言のストーリーを感じてしまう。
良い雰囲気ゲー。
闇の迷宮を脱出するパズルアクション『FRACTER』レビュー。金属、水面、鏡…すべてが黒く美しい世界

おじいちゃんの記憶を巡る旅 (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応
sc552x414
老人の記憶を巡る旅を手助けし、その人生をのぞいくパズルアドベンチャー。
土地を指でドラッグして隆起させ、老人の旅路を助ける「地形を見て道を考えるパズル」となっている。
美しい町並みを眺めつつ、ゆっくりと進む旅の描写は、Apple Design Award など世界各国で多くの賞を受賞している。
紹介記事:『おじいちゃんの記憶を巡る旅(Oldman's Journey )』レビュー - あなたは、老人の人生を締めくくる旅の同行者になる

The Walking Dead: A New Frontier (itunes 600円→無料 iPhone/iPad対応)
ss1
人気ドラマ『ウォーキングデッド』のアドベンチャーゲーム。
英語のみだが、1章が無料に。

三國志漢末霸業 (itunes 1200円→960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
1人で遊べる三國志系ゲーム。
スマホの戦略SLGとして最初から作られていて、コーエーの三國志並みに遊べると評判(未プレイ)。

The Lion's Song (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
スランプに陥った音楽家の卵となり、都会を離れて音楽活動について考え直すアドベンチャーゲーム。

音作りに優れており、独特の薄いカラーの見た目が音を引き立てている。

英語のみだが、気合いでプレイしたくなる空気感の1作。


The Walking Dead: Michonne - A Telltale Miniseries (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss2
人気ドラマ『ウォーキングデッド』のアドベンチャーゲーム。
日本語対応はないが、1章が無料に。

継続中のセール
Grimvalor (itunes 840円→720円 iPhone/iPad対応)
m-2
封印された地下都市を探索し、そこに封じられたものと戦う探索アクション。クイックなアクション、都市迷宮の隠し通路を探し、宝箱から装備を集めて100%探索済にして行く「地図埋め」の楽しさ、そして強敵とのバトル……2018年でも屈指の良作ゲーム。
英語アプリだが、日本語解説を用意したので是非遊んで欲しい。
マップを歩いて、探索して、ボスは苦戦して倒す。ただ面白いだけの探索アクションをスマホで遊べる『Grimvalor』レビュー

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争 (itunes 1,400円→360円 / GooglePlay)
FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争_for iPad (itunes 1,600円→480円 iPad専用)
ss2
ファイナルファンタジーシリーズのシミュレーションRPGでPSP版準拠の移植。
リリース時からアップデートでユニットキャラのグラフィックが高解像度化し美しく進化した。
操作性に不満は残るが、過去最安値ということで元ゲームが好きな方に。

リバーシクエスト2 (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
rev-1
『タクティクスオウガ』のようなリアル調ドット絵を、独自解釈で追い求めて作られたRPG。
リバーシのようにコマを交互に出して、挟み込んで攻撃するパズルバトルが楽しいだけでなく、差別などのシリアスなテーマを描く物語も見どころ。
第1章のみ無料で遊べ、リリースセールでフルバージョン840円→600円、全部入りセットが1,440円→960円となっている。

Spider: The Secret of Bryce Manor (itunes 240円→120円 iPhone専用)
Spider: The Secret of Bryce Manor HD (itunes 240円→120円 iPad専用)
Spider:  The Secret of Bryce Manor HD
蜘蛛の巣を張って虫を捕らえていくアクションゲーム。
廃墟が舞台となっており、蜘蛛の生活を通じて住んでいた人の人生の一部が透けて見えるストーリーや、美しいグラフイックが評価されて、数々の賞を受賞している芸術的な作品。
アクションゲームとしても軽快な動きでプレイしていて気持ちがいい。
紹介記事:Spider: The Secret of Bryce Manor レビュー - 蜘蛛の目から見た人間の屋敷を見るアクションアドベンチャー

Time Recoil (itunes 720円→120円 iPhone/iPad対応)
Time Recoil
コンボをつなげることで超能力に目覚め、派手な技を使えるようになる360度シューティングゲーム。
壁で区切られたオフィスを爆破しながら敵を倒したり、要人を救出したりと、ミッションをこなすステージクリア型となっている。
ストーリーは英語だが、ゲームはストーリーを知らなくても遊べる。

Motorsport Manager Mobile 3 (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss4
F1チームのマネージャーとなり、スポンサーの誘致からドライバーやエンジニア、マシンの管理まで一手に引き受ける経営ゲーム。
演出は地味だが、F1好きならかなり楽しめる。

ダンジョンメーカー (GooglePlay 310円→100円)
552x414bb
魔王になり、ダンジョンにトラップやモンスターを配置し、やってくる人間たちを撃退し続ける戦術ゲーム。
とにかく時間が湯水のように使われる恐ろしいゲーム。なお、Google Playのプレイヤー投票対象のゲームに選出された記念セールのため、iOSはセールではない。

Reigns: Game of Thrones (itunes 480円→360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)
552x414bb
呪われた王の血族となり、国のパワーバランスを保ちながら王国を運営する『Reigns』と、ファンタジードラマ『ゲームオブスローンズ』のコラボ作品。
様々な人物の質問に対して、「イエス」と「ノー」で回答するだけで政策がきまり、回答を元に複雑なシナリオが展開されるアドベンチャー。
これに『ゲームオブスローンズ』世界の複数の人物に乗り移って政策を定める機能を加え、今作ではさらに深みを増している。
ただ、原作を知らないとつらい。

Waking Mars (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
ss2
火星の内部を探索し、生態系を復活させながら謎を解き明かすアドベンチャー。
架け橋ゲームズが翻訳を担当しており、しっかりした日本語でストーリーを楽しめる。
SF好きにおすすめ。
2012年の優秀iPadゲームで2位を獲得している作品。
紹介記事:Waking Mars - 火星に眠る生命を覚醒させる…ハードSFアドベンチャーが日本語に対応

Spider: Rite of the Shrouded Moon (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Spider: Rite of the Shrouded Moon
蜘蛛として生を受け、獲物を捕食し、えさを求めて人間の屋敷を探索するアクションアドベンチャー。 普通にプレイしているときは、巣を張ってえさを捕まえるパズルアクション。
そして、背景に注目するとそこにストーリーがあり、人間の屋敷を探索するアドベンチャーとして機能している。
ただし、謎解きが複雑になりすぎて今作はシンプルに楽しみきれない印象。
腰を据えて楽しむなら面白いのだが……。

Archer Pinball (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss4


Family Guy Pinball (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
海外の人気アニメ、ファミリーガイのコラボピンボールゲーム。

Star Wars™ Pinball 4 (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Star Wars™ Pinball 4
スターウォーズをモチーフにしたピンボール台。
安定のZENピンボールシリーズなので、普通にピンボールとしても楽しめる。

Portal ® Pinball (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
pinball_r1
パズルFPS『Portal』をモチーフにしたピンボール台。
見た目がPortalっぽいだけでなく、ポータルのキャラクターが登場したり、ポータルを通じて別の台に移動したりとPortalらしいギミックを採用している。

Sproggiwood (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Sproggiwood
村を再建するためにダンジョンに挑むローグライクRPG。
やや運要素が強いように感じるが、正統派ローグライクが楽しめる1作。
財宝を貯めて村を再建すると、少しずつキャラクターの選択肢が増えるのも嬉しい。

Kick Ass Commandos (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Kick Ass Commandos
『戦場の狼』のような空気(あくまで空気感として)の見下ろし型シューティングゲーム。
コマンドーになって敵地に突っ込み、仲間を助け出して隊列を組んで戦う「助け出しては使い捨てる」ステージクリア型のゲーム。
演出は爽快だし、区切りやすいし、爽快で少し進むと難易度も手応えが出てくるし、なかなか遊べるシューティング。

Weapon Shop Fantasy (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Weapon Shop Fantasy
武器屋を経営するファンタジー経営RPG。
武器を作ってさまざまな人々に売ることで人々の勢力図が変化し、物語の行方にも変化を与える。

Castle of Illusion (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Castle of Illusion
魔女にさらわれたミニーを助けるため、ミッキーが不思議な城を冒険するアクションゲーム。
メガドライブの名作として名高い『アイラブミッキーマウス ふしぎのお城大冒険』のリメイク作。
移動とジャンプを主体にしたオールドスタイルの横スクロールアクションゲームだが、丁寧に作られており手堅く楽しめる。
ミッキーや敵キャラクターの姿、ナレーションなどはディズニーらしさを重視していて、ディズニーファンならもっと楽しめる。
紹介:ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン レビュー

Deemo (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Dr2Tt4lUcAEafrC
謎のピアノ弾きDeemoと記憶喪失の少女の触れあいを描いたピアノリズムゲーム、Deemo5周年記念セール。
本体半額のうえ、追加シナリオ『
忘れられた砂時計』が70%オフ!
紹介記事:レビュー: Deemo - 物悲しい世界観とピアノ曲。お互いが融合して高め合う静のリズムゲーム。
週末はこのゲームで遊びたい! Deemo を絶賛するネット上の反応まとめ。


Lazaretto Horror Game (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Lazaretto Horror Game
謎の孤島の廃屋から始まる超常現象を描いた3Dホラーアドベンチャー。
1時間程度で終わるが、かなり様々なロケーションが用意されていて価格分の価値は十分ある。
PC版がおよそ800円と考えると、価格的にもお得。

Rogue Cards (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
ss1
ランダムに配置されるカードの効果を見て、盤面を攻略していくローグライクカードゲーム……らしい。
未プレイだが気になったので紹介。

Power Hover (itunes 480円→150円 iPhone/iPad対応)
Power Hover
美しいステージの中を、フロートボードで滑るランアクション。
左右の移動操作だけだが、ちょっと慣性のあって一癖あるところが楽しい。
世界観を重視したカメラワークで、スクリーンショットを見て気になったら即買いでOKな雰囲気ゲー。
紹介記事:広大な砂漠、不可思議な文明、人のいない世界……背景で魅せるランゲーム『Power Hover』レビュー

Gleam of Fire (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応)

いわゆる『Goblin Sowrd』亜種な横スクロールアクション。
左右移動キーとジャンプ、攻撃とワープ、2種類の遠隔攻撃を使い分け、トラップだらけのステージを進むオーソドックスなゲーム。
アップデートで操作性にもメスが入り、かなり楽しめるようになった。

伝説の道具屋@ボーシム研 (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
ss1
ドラクエ4のトルネコのお店経営に仕入れやバトルを追加した感じの道具屋経営RPG。
商品を作ったり素材を集める要素があるだけでなく、結婚して子供を作ったり傭兵を雇って強盗と戦ったりできる。
客とのやりとりもイベントとして楽しめて面白い。
十字キーの操作性が少し悪いが、この雰囲気がドラクエ4のトルネコの商売が好きだった人におすすめ。
紹介記事:それゆけ僕らのドルネコ商店!第1話 - ドルネコ、無法の街で商売を始める

Wonder Blade (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
10
ファンタジー世界で、敵をぼこ殴り倒しつつ進むベルトスクロールアクション。
多彩な仕掛け、パターンを見切って倒す手ごたえのあるボス、ただ爽快なコンボとゲームを通じて無理なく成長する育成要素、冒険を楽しくする武器コレクションなどなど、このジャンルでほしい要素全部入り。
PCやXboxで大ヒットしたインディーアクション『Castle Crashers』に近い感覚で遊べて、この手のゲームが好きなら手を出して損のない超おすすめゲーム。

Cloud Chasers - A Journey of Hope (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

雨雲から水を集めつつ砂漠を旅する父娘を描くアドベンチャー。
ラジコン飛行機で水を集め、砂漠を旅してイベントをこなし、飛行機を強化してゆく模様。
グラフィックの雰囲気は結構良いし、ランダムイベント(だと思う)をこなしてサバイバルするシステムは良いのでもう少しプレイして見るつもり。

Construction Simulator 2 (itunes 500円→250円 iPhone/iPad対応)
Construction Simulator 2
ブルドーザーやショベルなど、さまざまな重機を操作し、建築を行う建築シミュレーター。
工事現場に入って作業し、会社が大きくなって豊かになるのは労働の喜びを感じる。
運転&砂場遊びが好きな方に。日本語対応。

 コメント一覧 (6)

    • 1. たろー
    • 2018年11月21日 19:14
    • 積みゲーが・・・増える!
      積む喜び
    • 2. atuyaki
    • 2018年11月21日 21:09
    • 凄いまとめだけど、天空のバルスミラスの配信開始のチェック忘れてそう。
    • 3. 名無し
    • 2018年11月22日 00:28
    • type:riderが240円、vandalsが360円、アフタージエンドが120円みたいなんですがどうなんでしょう?急に価格が変わったわけではないように思うのですが……。
    • 4. 魔
    • 2018年11月22日 02:35
    • 上のコメントで挙がっている天空のバルスミラスを軽くプレイ。
      これチュートリアルでやらかした感ある。

      まず、難易度が高く頻繁に「リトライ」することになるが毎回いちいちマップまで戻されるのは辛い。
      次に細かいテクニックの講習が多過ぎる。
      しかもステージをクリアしなければ先に進めないため、ゲームの楽しさを体験する前にゲームで勝つためのテクニックを詰め込み学習させられている色が強い。

      ゲーム自体はシンプルな操作の割にテクニカルでよく出来ていて「楽しそう」だが、このチュートリアルはゲームを楽しめるところまでたどり着く前に大半のプレイヤーが挫折しそうに思える。

      チュートリアルは最小限の操作方法を教えるだけに留め、細かいテクニックは詰め将棋風のやり込みミッションを通じて学習させる形のほうが良かったのではないだろうか・・・何というか非常に勿体ない。
    • 5. 管理人
    • 2018年11月22日 22:37
    • ▼3さん
      すいません、普通にミスしていました。
      ご指摘ありがとうございます。直しました。
    • 6. 名無し
    • 2018年11月23日 23:07
    • FFT androidは420円です

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント