RSS

記事一覧

世界1位のスマホMOBA『王者栄耀』こと『伝説対決-Arena of Valor-』事前登録開始。DeNAと提携してテンセントがサービス

552x414bb
プレイヤー登録数2億突破。iOSアプリでの世界売上げNo1。
中国、そして世界で最も人気のスマホMOBA、『王者栄耀』こと『Arena of Valor』がついに日本に上陸する。
DeNAと中国テンセントが提携し、日本向けに『伝説対決-Arena of Valor-』の事前登録が開始を発表したのだ。
DeNAの担当は日本国内での運営支援、マーケティング、テキスト翻訳ディレクションなどで、ゲーム自体はテンセントが担当するようだ。

本作は、5v5で戦うスマホのMOBA(各プレイヤーが1人のキャラクターを操作し、協力してゲーム中に成長しながら敵陣を落とすアクション+育成+戦術ゲーム)。
eスポーツタイトルとして世界的に人気のジャンルで、日本でも愛好するプレイヤーは多い。
552x414bb2
▲悟空をメインビジュアルに持ってくるあたりテンセント側が強いことがうかがえる。日本のメインビジュアルでこれはない。

また品質に関してもこのゲームは折り紙付き。
2年ほど前に中国版をやっていたが、『Vainglory』をのぞいた当時の他のMOBAとは格が違うほど面白さがあった(『モバイルレジェンド』はこれの劣化版でしかなかった)。
果たして今プレイするとどれほど進化しているのだろうか。
今からプレイが楽しみだ。

なお、本作は世界で最も人気のあるPC向けMOBA、『League of Legends(LoL)』とゲーム内容も見た目のテイストも似ているが、テンセントは『LoL』開発元の Riot Games を買収した親会社であるから問題はない。安心して予約して欲しい。

アプリリンク:
伝説対決(Arena of Valor) (itunes 予約 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

関連リンク:
伝説対決 - Arena of Valor - 公式サイト

 コメント一覧 (4)

    • 1. あ
    • 2018年11月08日 19:26
    • これは間違いなく日本じゃはやらないでしょうね、日本LoLもオオコケしましたし。

      日本で対人が流行るのにはいくつか条件があって
      1つ目に1人あたりの責任が薄いこと。
      FEZの50VS50だったり、荒野行動の1VS99だったり、日本で流行った対人はいずれも1人の行動で勝敗が決まるわけではないというもの。
      もう1つがキャラクター仕様やルールが単純明快であること。
      これは日本で唯一流行ってるMOBAに近いシステムのコンパスがそれにあたります。コンパスは3箇所ある場所を取るっていう単純なルールで、キャラクターの強弱こそありますがロールがなく、各人割と自由に行動ができます。だからライトユーザーでもやるべきことがすぐにわかる。

      LoLや陰陽師MOBA、オーディンクラウンなどで絶対出てきた問題として、キャラ仕様やロールを日本のライトユーザーは理解できないし、しませんから、マッチングが完全に勝敗ガチャ状態になるんですよね、もう最初の面子で勝敗が確定。さらに役割を理解してない人に玄人はイライラして暴言はいたりと。
      あげくにサボる人がでてきたりとかね。

      マルチは普通のゲームでもよくそういうことで文句がでやすいですが、普通のゲームなら札束な人が無双してクリアという力技もできるのでなんとかなりやすいのに対し
      こういうゲームはそれが不可能。

      まぁそんな感じで他国と日本では土壌が違いすぎるので、MOBAそのものがコンパスのような日本向けの仕様としてもってこないと当てるのは不可能なのが現状かと思われます。
    • 2. 管理人
    • 2018年11月08日 19:38
    • ▼あさん
      まず、このゲームについてはビジュアルと発表の仕方を見ると「うーん?」と思いますし、日本で海外並にヒットするのは難しいとは思います。
      とは言え、スプラトゥーンだって1人当たりの勝敗に関わる責任が結構あるチームものですし、それって「何か流行るきっかけを得て、周囲が情報を教えてくれる」状況に持って行けるかどうかの差だと思っています。
      日本で人気のないジャンルMOBAを普及させるように頑張れるかどうかに尽きるかな、と。
      元々MOBAがDOTAから来ているわけで、PCゲームの人気作ウォークラフトのキャラが使えるゲームなので……FFのキャラでMOBAできるぐらいのインパクトから始まらないと無理かも、とは思ってます。

      LoLに関して言うと、北米でやったときも初期プレイヤーは5人で中央とかありましたし、ライトユーザーはどこまで行っても理解しない。
      そしてそういったプレイヤーに知っている人が「Uninstall Please」とか言って煽りまくります。
    • 3.
    • 2018年11月09日 11:23
    • 自分もこれは無理だと思います。。。
      今までも数々のMOBAが日本に参戦してきましたが、
      全て討ち死に状態ですし、もっともカジュアルに寄せたオーディンクラウンでも
      全く見向きもされずに終わってしまうようなジャンルです。
      唯一生き残っているベイングローリーも死に体ですし、
      あれと見分けも付かないようなビジュアルでは訴求力があるはずもありません。
      多分DeNAも勝算は無いだろうなと思いながら臨んでいると思います。
    • 4.  
    • 2018年11月10日 20:42
    • そうだろうか?
      確かにVaingloryは死にかけだが、あれはもっと最初から大々的に宣伝をするべきだった。
      実際特殊な独自の物理エンジンのお陰で直感的なタップ操作が可能だし、札束ビンタに飽きた人間からするととても面白かった。
      マッチングについてはユーザーが多ければ適切なレートの人間が選ばれるはずなんだ、普通は…
      ただひとつ、全くと言っていいほどタイトルが広まっていないことだけが問題だったと思う。俺も人から紹介されるまで聞いたこともなかったし。
      今となっては古参のプロたちもたくさん引退して、運営も集金にやっきになってるのが見てとれるから終わコン感しかないけど
      つまり何が言いたいかってAoVは宣伝頑張ってくれってこと、俺は手を出すよ。
      面白ければもちろん、続けるし。
      あと、Vainglory以外のMOBAは面白くないから流行ってないんだと思う、わりとまじで

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント