RSS

記事一覧

メディアにあなたのゲームを「書かせて」欲しい。ゲーム開発技術交流会、CEDEC講演“メディアが語るインディーゲームPR術”のスライド資料を公開

cedec
2018年8月24日、日本最大のゲーム開発者向け技術交流会『CEDEC 2018』で、小規模開発者を対象にしたセッション“メディアが語るインディーゲームPR術 「つくって半分、知ってもらって半分」”のトークセッションに参加してきた。
インディーゲームに代表される小規模ゲームは、広報にまで予算を回すことができない。そこで、必然的にプレスリリースの重要性が上がる。
プレスリリースのタイミングをどれだけ有効活用してゲームを広めるか、というテーマについて恐縮ながらメディア業界の有名人にまじって語らせていただいた。
それから1カ月以上たってしまったが、ここにそのときのスライドを修正したものを共有しておく。

セッションの内容はさまざまなメディアが(会場も満員で、思った以上に見られていた)書いてくださっているので、そちらを見て欲しい。


ここでは、全体の資料と、自分の資料に対する補足を置いておく。
開発者の方は参考に、プレイヤーの方は「こんなこともあるんだな」と見ていただければ幸いだ。


そして、こちらが『ねとらぼ』池谷さんのスライド


最後に、ゲームキャストのスライド。


このスライドで何が言いたいかというと、ゲームのメディア掲載チャンスは少ないので、最大限に生かしてほしいということ。
プレスリリースは大体(特にゲームがネタゲーでなければ)において無難で、読者から見ても面白くない情報が多かったり、特定のメディアの読者と合致していない情報だったりする。
数少ないチャンス、特にリリース時に特別な記事が出るようにメディアのライターをゲームのファンにして、「書きたい!書かせて!」という状況に持っていって欲しいと思っている。
(もちろん、ライターによって好き嫌いがあるので、人によってそうならないゲームだってある)

なお、この知見は短期的・即物的なもので、ゲームの長期的な流行感や信頼感を出したいとか、特定のプレイヤーにメッセージを伝えたいインタビューなど記事とは目的が異なるもの、と補足して終わる。
このスライドが、開発者の皆さんの役に立てば幸いだ。

 コメント一覧 (2)

    • 1. 魔
    • 2018年09月29日 07:58
    • 良いスライドだと思います。

      全然関係ないですがツイッターのゲームキャスト姫に噴いた。
    • 2.
    • 2018年09月29日 16:30
    • ゲーキャスさんのゲーム愛を感じる

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント