RSS

記事一覧

Apple、AR Kit 2発表。複数人数でARオブジェクトを共有し、ゲームも可能に

WS000029
Appleの技術者向け発表会 WWDC 2018 において、AR機能を強化する ARKit 2 が発表された。

ARKit2 は、物体や位置情報の検出機能、トラッキングが強化され、ピクサーと共に開発した新しい 3D / ARオブジェクト形式である“USDZ”も発表。

USDZは、Safari やメッセージアプリなど他のアプリから利用可能で、Adobeクリエイティブクラウドなどが対応するとのこと。

しかし、ARKit 2 で最も気になるのは同じ AR を複数の端末で共有することもできるし、現実世界に ARオブジェクトに配置して場所を記憶しておける“Persistent AR”もサポートされる。


ARKit 2 のデモとして出てきたのが、Apple公式のメジャーアプリ。iPhone だけで正確に物体のサイズを測れるとのこと。

これまで ARKit を利用したメジャーアプリは多く出てきたが、いずれも計測が不確かだった。今回、物体サイズの把握機能が強化されてこれができるようになったのだろう。

WS000031


しかし、何より大きいのは同じ ARオブジェクトを複数の端末で共有し、別々の角度から見られるようになったことだ。これを利用して、同じ物を別の角度から見て作業したり、誰かの AR体験を他の人にも伝えられるようになる。
WS000034


Apple は2人で対戦するシューティングアプリのムービーを見せてきたが、ARゲームはこれによって大きく進展する可能性がある。
ARKit2 は秋に出る iOS 12 で採用予定で、iPhone 6s以降とiPad Pro以降、第5世代iPad以降に対応する。

WS000029


今回、ARKit 2 によってまた新たなゲームの可能性が出てきた。WWDC ではレゴのゲームデモが行われたが、iPhone の発表会ではこれを利用した新しいアプリがまた発表されることだろう。

次の展開が楽しみな新技術である。

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント