RSS

記事一覧

ベルギーにて『オーバーウォッチ』など換金性のないルートボックス(ガチャ)が賭博認定される。ミネソタ州では成長に悪影響として18歳未満への販売禁止を含む法案提出

gachagacha_ataranai
ランダムにゲーム内アイテムを与えるルートボックス(ガチャ)が賭博か否か、問題要素なのか?
『スターウォーズバトルフロント2』で火がついたこの問題は、諸外国で激しい議論を呼び、様々なスタンスで規制が成立しつつある。

およそ5ヶ月前、ベルギー賭博委員会が『オーバーウォッチ』などのルートボックス(ガチャ)がギャンブルにあたるか確認中とお伝えしたが、ベルギーのKoen Geens法務大臣は2018年4月25日(水)、『Overwatch』や『FIFA 18』、『Counter-Strike: Global Offensive』の3タイトルのルートボックスが賭博に相当すると公表した(公式サイト記事
パブリッシャーが改善しなければ最高で5年の懲役と80万ユーロの罰金を科すと勧告したという。
これまで、ルートボックスについては「換金できるかどうか」で賭博認定されたり、「ゲーム内の有利不利をもたらすかどうか」で擁護されたりしていたが、今回の認定は換金性・ゲームへの有利不利に関係なく賭博と認定される厳しい判定となる。

ベルギー以外での状況は、私の知る限り下記の通りだ。

換金できれば賭博のオランダ
オランダでは、ルートボックスが賭博として認定されて話題になった。
これは換金性の有無が問題となり、外部にルートボックスからのアイテムを換金する仕組みがあり、それらが機能しているゲームが賭博として認定された。

メーカーが「RMTは禁止しており、換金できない」と予防線をはっている日本と意識的には近いのかもしれない。

ゲーム内に換金システムがなければOKのイギリス
イギリスではゲーム内に換金システムがなければ、ルートボックスは賭博ではないと裁定されている。
オランダより少し緩い認定になる。

確率を開示すればOK
中国ではが義務づけられており、確率が開示されていれば合法というスタンス。
ただし、ゲーム自体が青少年に悪影響を与えるものとにらまれており、油断はできない。

ルートボックスに迫るさらに厳しい法案も
ただ、ルートボックスの立場はまだまだ苦しくなりそうな気配がある。
最も新しいものは、ベルギーと同じく4月25日に提出された米国ミネソタ州の規制案だ。
ミネソタ州ではルートボックスが中毒性をもたらしすぎるものとして、未成年に18歳未満にルートボックス付きのゲームの販売を禁止が提案されている。(
条文:英語
また、
このゲームには、ゲーム障害を促進するギャンブルのような仕組みがあり、有害な精神的または肉体的な健康上の影響のリスク、ユーザーに大きな財務上のリスクを与える可能性があります。」などの警告文を表示し、プレイヤーに確認させる必要がある。
賭博と言うよりも、タバコのような扱いである。

なお、ここでのルートボックスとは「直接ランダムな報酬を得る課金、直接・間接的にランダム報酬を与える仕組み」をさしており、宝箱アイテムがドロップし、それをゲーム内で手に入れた鍵などで開ける仕組みも含まれる。
つまり、課金のない無料ゲームにおいて「広告を見て、ランダムアイテムをゲット」のような仕組みも入るようだ。
ここまで広範なルートボックスの規制は珍しいが、一方でこれはビデオゲームのみの規制であり、『マジック』などの物理TCGなどに影響は及ぼさない。

全体的にルートボックスへの規制は加速していっているが、一方で気になる点は既存のトレーディングカードゲームなど、ランダム提供のパックを購入する物理TCGなどの存在だ。
これらも過去に賭博疑惑をかけられてきたが、最終的には(マジックはカードを賭ける効果のカードを禁止し、なくしたりして)地位を確立している。
しかし、ランダム排出のカードをゲームショップで換金する外部換金システムが存在するわけで、ルートボックスの規制に対してなんともアンバランスにも見える。

過去にゲームの歴史を見ていくと、「青少年への悪影響」や「賭博」などの文言で何度も規制の議論が行われているが、いずれも切り抜けてきた。
もしかしたら、このルートボックス規制の加熱にもどこかで揺り戻しが来るのかもしれない、とも思う。
とは言え、ルートボックスには「デジタルによる不透明性」や「演出などによるより高い中毒性」など物理ゲームにない要素が問題視されおり、無傷ではすみそうにない。

コメント一覧

    • 1. 名無し
    • 2018年04月26日 17:11
    • 遅過ぎるくらいですね
      しかし日本はどうしたガチャが活発な日本で積極的に動いているのは米企業のアップルという情けない話
    • 2. うあ
    • 2018年04月26日 17:40
    • 中国でもゲーム依存症は深刻化してるらしいし世界的に規制の対象になれば世界基準に合わせたがる日本も動くでしょうね
    • 3.  
    • 2018年04月26日 19:15
    • いい動きだと思う
      もし日本でもガチャは違法となった場合、今のガチャゲーはどうなるんだろうか
      ブレフロ2みたいに好きなキャラを買うって形になるのかな
    • 4. 名無し
    • 2018年04月26日 20:19
    • 日本でも規制しろとよく言われてるけど
      換金出来るならアウトなオランダと同程度の規制はもう日本でもやってるんですよね。

      今回のベルギーのは他に比べ厳しすぎるというか、基準がどうにもあいまいで
      ガチャに限らずランダム要素のあるゲームかなり引っかかりそうだけどどうなんだ……
    • 5.
    • 2018年04月27日 03:00
    • 実体もなく低確率のデータに金銭を払うのには抵抗あるので基本的にガチャはやらないけど
      かといって楽しませてもらってる作品に対価を払わないことにはもっと抵抗あるので
      月額1500円くらいのプレミアムパス的なものを買うようにしてる
      個人的にガチャの規制はイタチごっこであまり意味がない気がするのと、禁止してメーカーを苦しませるのも気の毒だし、かといって今のガチャのあり方が健全とも思わないので
      ユーザーの負担にならず、メーカーに安定した利益をもたらす新しい課金形式を考えるべきなんじゃないかなぁと
    • 6. 南国
    • 2018年04月27日 11:16
    • >>4
      確かにそれはある
      ゲームに限らず本来のガチャガチャみたいなのもダメになりそうよね
    • 7.  
    • 2018年05月01日 14:05
    • 金銭による取引OKなら賭博と言うが、逆に取引不可にした方が消費者の負担は跳ね上がる。
      TCGに代表されるように、直接アイテムを交換可能なシステムであれば「ユーザー全体」で確率が収束するため
      全体の確率に応じた最終的な相場という物が決まって来るから。
      その価格と言うのは、往々にしてメーカーが想定している「対象のアイテム単体を個人が出るまで回すのに必要な金額」よりは少なくて済む。
      要するに換金できるか否かを基準にしても消費者厚生が上昇しないと言うのは分かり切っている事なんだから、規制するならランダム型販売と言う手法自体を縛る以外にない。そういう意味でベルギーの対応は至極真っ当だと言える。
      >>5
      「ゲームが売れないから~」と言う言い訳は何万回も聞くけど、だったら一部消費者に必要以上の負担が発生する取引手法が放置されて良いのかと言うと完全に別問題。
      雑誌が売れないから出版社全体で協定を結んで、新刊をランダム型販売するようにしましょう と言ってるようなもので、全ての取引のシーンに同様の行為が適用された場合、市場は大いに混乱して全ての消費者が苦しむ事になる。
      結局現状では「自分の趣味の分野とは関係ないから勝手にやれば」と言う理由で放置されているだけの話で、取引の公平性を欠くような手法については、ゲームだけ「特例的に許されて良い」話ではない。
      >>6
      国内の普通の実機ガチャガチャであれば風営法で設置場所や設置方法・運用時間等が規制されている。違反すれば公安が来て即営業停止もあり得る。
      スマホゲームのガチャについては同様の行為が行われているに関わらず、風営法にデジタルサービスを扱う項目がないため完全に放置されている状態、同列に語るには最低限風営法並みのの規制がネットゲームのガチャに適用されてから。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント