RSS

記事一覧

共闘が楽しいのでやって欲しい『コトダマン』、素晴らしいアニメーション美『オドマール』など注目作品9作 - 4月19日までに遊んだ新作感想

コトダマン意外にも楽しかった。見た目で敬遠せず、プレイの価値はあり。
あとは『オドマール』と『The Mooseman』も良い。Sdoricaは序盤微妙だが、長くやると楽しくなると聞くのでもっと遊ぶ予定。

注目のゲーム
コトダマン ‐ 共闘ことばRPG (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
本作は文字の精霊“コトダマン”が持つひらがな一文字を組み合わせて単語を作り、できた単語の力で敵を攻撃するRPG。作った単語の数や長さで戦況が変化するワードパズル系となっている。
ワードパズルが楽しいという基本もあるのだが、とにかくプレイしやすく作られているのがよい。
また、1人用はテンポが遅く感じるが、共闘で仲間と言葉を考えながら戦うとちょうど良いテンポ。
楽しい。

おすすめ
オドマール (itunes 600円 iPhone/iPad対応)

魔法の力を手に入れたバイキングが体験する不思議な冒険を描いた横スクロールアクション。
ディズニーアニメかと勘違いするほど高品質なビジュアルと、丁寧なステージ構成で魅せた『レオズ・フォーチュン』スタッフの新作で、滑らかに動く映像、装備や魔法の力を手に入れながら進む全24ステージの冒険もさることながら、少し触ってみて驚いたのは指に吸い付くような気持ちよい操作感があって良い。

WAKFU : The Brotherhood (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss3
PCのMMORPG、WAKFUの広告を兼ねたミニゲーム。
次々と出てくる敵を体当たりで一直線に貫通して倒すか、ファイアボールを連打して燃やして倒すかするアクションゲーム。
演出が気持ちよく、敵の出現もテンポ良く、ステージは少ないが楽しい。

The Mooseman (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
伝承の世界を探索し、偉大なる精霊を出会う横スクロールパズルアドベンチャー。
プレイヤーは精霊の世界を見ることができる特別な人間で、霊を見る視点(物理の障害を避けて進める)と、物理世界の視点(霊的な障害を避けて進める)を切り替えてゲームを進めることになる。
左右の移動と視点の切り替えだけだが、神秘的な音楽とグラフィックのおかげで興味深く進める。
ザ・良い雰囲気ゲー。

良いとこあり
Sdorica -sunset- (itunes 無料 iPhone/iPad対応 GooglePlay)unnamed
本作は絵本のようなビジュアルを特徴とする横スクロールRPGで、4年の制作期間をかけて「目と耳で感じるアートや、物語とRPGの融合における表現の頂点」に挑んだRPG。
『Deemo』のBGMを手掛けたChamber Chuさんによるフルオーケストラの音楽を採用しており、ビジュアルと音はさすが。
しかし、バトルシステムは微妙で少しやっての印象はそこそこ。時間をかけると面白くなると聞いているので、少しやっていきたい。


Find the Mustache (itunes 240円 iPhone/iPad対応)
ss2
立方体型のステージを覗き込み、口ひげを探してタッチするAR探し物ゲーム。
口ひげをタッチするという設定は謎だが、ステージ内のオブジェクトには触ったときの反応がきっちり用意されていて、面白みがあって結構好き。
おすすめかというと微妙だが。

Fortress TD (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
兵士を効率よく捜査して建物内の防備を固め、外敵を排除するディフェンスゲーム。
シンプルな見た目だが、効率よく兵士を動かして稼ぎ、強化していくゲーム内容は結構面白そう。

Brew Town (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
オリジナルビールを売り、新しく高く売れるビールを開発し、さらにビール製造効率を増やして……と延々続くビール製造インフレゲーム。
インフレ速度がゆっくりなのでハマりはじめは遅いが、オリジナルのラベルを作る機能があり、ビールに愛着が出てくると止まらなくなる。

ポーラー・ローラウト (Polar Rollout) (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss1
指で道を作り、その上でコロコロと丸いシロクマを転がしてゴールに導く物理パズル。
癒やし系かと思いきや、ものすごくジャンクで派手な演出が気持ちいい。

その他のゲーム
Bad Burgers (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
ハンバーガーのキャラクターがパンチと防御ボタン(移動はない)で戦う対戦格闘ゲーム。
単調でだが、見た目はなんかユーモラスで良い。
なお、240円の体験無料アプリで最初の2試合だけ遊べる。そういう意味でも良心的。

Furious Heroes (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
ドラゴンに乗って戦うバイキングの横スクロールシューティングゲーム。
ステージクリア型で見た目も演出もそこそこできているのだが、ステージが単調。

Soap Dodgem (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
石けんをスライドしてばい菌を洗い、石けん箱まで移動するスライドパズルゲーム。
普通のスライドパズルだが、演出も及第点で普通に面白い。

Disco Road (itunes 240円 iPhone/iPad対応)
ss1
音楽を取り込んでステージを作るランゲーム。
スワイプで移動とジャンプ操作を行い、リズムに合わせてアイテムをとっていくのだが……スワイプの反応が悪すぎて、取り込み精度とかを判定する以前の問題。

The Legend of Faty (itunes 360円 iPhone/iPad対応)
ss2
バーチャルスティック&攻撃ボタン+アイテムボタンでフィールドを探索するファンタジーRPG。
自由にマップを移動し、好きな人と仲良くなって冒険に連れ出すことができるのが売りのようだが、全体的にバランスがハードすぎて進まない。
公式でもそれを知っていて改善予定のようだが……。

Pixel Runner! (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
スワイプで最大2弾ジャンプまでできるランゲーム。
ナムコカタログIPプロジェクトでコラボしているキャラクターが売りだが、ランゲームとして単著なのが辛い。

クロノ ブリゲード (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
装備カードを選ぶと、その素早さの順番に行動して戦闘が解決されるターン制RPG。
演出もビジュアルも「いまどきこれか」という水準でキツい。
あと、よくサーバーから切断されすぎて進めづらい。

The Wolf's Bite (itunes 240円 iPhone/iPad対応)
ss1
3匹の子豚をモチーフとした対戦アドベンチャー。
街の中でさまざまな場所を訪れて行動し、オオカミとブタがより良いレストランを作るべく競争し、2人のプレイヤーが物語を作るというゲームになっている。
日本語ならなぁ…。

コメント一覧

    • 1. tomasu
    • 2018年04月19日 21:58
    • 5 コトダマンは自分も結構はまってます。
      ワンプレイがちょっと重いですが
      今後の調整次第なのかな。

      色んなアプリのいいとこどりで
      詰まらず遊べるようになってるので
      しばらくは人気キープしそうですね
    • 2. うあ
    • 2018年04月20日 11:14
    • sdoricaには期待してる。雰囲気と音楽はいい。萌え産業が主流の日本でどこまで通用するかわからないけど新しい波を作って欲しい
    • 3. 名無し
    • 2018年04月20日 14:29
    • コトダマンは文字ピッタン以来飢えてた文字をつなげる欲求を満たしてくれた
      現在ハマり中
    • 4. 名無し
    • 2018年04月20日 20:49
    • sdorikaの紹介文が尻切れとんぼになってます〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント