RSS

記事一覧

インディゲーム展示会Tokyo Sandboxの感想と、試したゲームのまとめ

tkbb-1
インディーゲーム展示会Tokyo Sandboxで触ってきたものについては一通り触れたので、最後に書いたゲームをまとめつつ、イベント自体の感想も書いておきたい。
このイベントは「ゲーム会社やゲーム新興企業と国際的な投資家やパブリッシャ―を結びつけるイベント」とのことだが、その重要なパーティーは体調不良で欠席したため、そこについては触れない。



イベント会場には所狭しと机がならんでおり、ゲームが展示されていた。
入場費が2,500円と高めのため、人はややまばらだが、その分居心地は良かった。
ゲームの数はデジゲー博やBitSummitと比べると少なめだが、1日かけてがっつり遊ぶならちょうど良いぐらいか。
tkbb-2

海外系のイベントらしく、ステージを使っての生放送イベントは力が入っていたように思う。
tkbb-3

放送に関しては「PVをご覧ください!」などと言われても会場にPVが映し出されず、会場にいる人間は置いてけぼりであった。
また、VRブースの位置が分かりづらく、帰る頃まで気づかなかった。

とは言え、新興のイベントに多少のミスはあるものだし、このあたりは来年に改善されていることだろう。
東京にはこの時期にインディー展示会がないので、ここぞとばかりに新しいゲームが集まっていたし、次回もそうなるに違いない。来年も、1日ぐらい顔を出したいとは感じるイベントだった。

以下、記事にしたゲームのまとめ。良いものが多かったので、ぜひ確認して欲しい。

可能性の獣賞(一番わくわくした)
Twitterのタイムラインで遊べる集団タコ殴りアクション『ドラゴンレイド』
今回の一等賞。

単発記事
『魔法の女子高生』作者の新作『はむころりん』
かわいい。

「ポケモンのローテーションバトルが大好きで、自分で作っちゃいました」DCG『ReRotation』
好きを形にする同人の素直さに打たれた。

理系の良さを中高生に叩き込むゲーム『plantan』
意識高い!

少女が俺を殺す…サイコ電脳異界ADV『異界探訪記』
コンセプトはとても良いが、まだ完成に至っていない。完成形が楽しみ。

プレイヤーの精神を分析して心を突き刺す言葉を投げかけるゲーム『ALTER EGO』
すごくネガティブな分析が出て、自分でびっくりした。出たらやってもっと自己分析したい。

ロックオンミサイルだけで敵を倒す偏ったSTG『Missile Dancer』
普通に面白そうだった

その他
インディーゲーム展示会Tokyo Sand Boxで見たスマホゲーム・関連品一覧
リリース時期とか新しさとか考えて個別にしなかったもの。
内容はいいものばかりなので見てみて。

他のハードのゲーム
IGNさんの記事をどうぞ。
ファンが本気で選ぶシューティングゲーム5選:TOKYO SANDBOX 2018

TOKYO SANDBOX 2018より「抑圧される個人」というテーマが光るADV4選
中国の方が全体主義の抑圧をテーマに作った空箱は注目。

ブーメラン、種、学ラン時代劇――TOKYO SANDBOX 2018で気になった5つのアクションゲーム
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント