RSS

記事一覧

逆タワーディフェンス『Anomaly 2』App Storeで復活&セール開始 - 3月8日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
Anomaly 2 (itunes 1,800円→480円 iPhone/iPad対応)
ss2
攻め上げる軍隊を雇い、進行ルートを決定し、敵の基地を破壊していく逆タワーディフェンス。
いわゆるリアルタイム戦術ゲームだが、スマホでも遊びやすく、美しいグラフィックを堪能しながら楽しめる。過去にリリースされていたものが、パブリッシャーを変えて登場したもの。
紹介記事:レビュー: Anomaly 2 - 砲台陣地を攻め上げる逆タワーディフェンス、さらに面白くなって登場

気になったら
Galaxy of Pen & Paper (itunes 600円→480円 iPhone/iPad対応)
Galaxy of Pen & Paper
スマホの中でTRPGをプレイしている様子を描写し、そのプレイをRPGとして楽しむ(ややこしい)メタRPG。
ネットを介して集まったプレイヤーがワガママなプレイを繰り広げる様子を見つつ、ひたすらバトルしてパワーアップを楽しむことができる。
日本語非対応。

Moonlight Express (itunes 120円→無料 iPhone/iPad対応)
Moonlight Express
クリスマスの夜、無限に続く高いマンションに手を焼いたサンタに頼まれ、プレゼントを届けるゲーム。
上り続ける乗り物からプレゼントを発射してベランダに届けるシューティングとなっている。
雰囲気はいいのだが、ゲームは単調すぎる。惜しい。

Mystery Tales: Alaskan Wild HD - A Mystery Hidden Object Adventure (Full) (itunes 840円→360円 iPad専用)
Mystery Tales: Alaskan Wild HD - A Mystery Hidden Object Adventure (Full)
アラスカの寒冷地で、長い間離ればなれになっていた家族との絆を取り戻す捜し物アドベンチャーゲーム。
日本語非対応。

継続中のセール
Legacy 2 - The Ancient Curse (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
Legacy 2 - The Ancient Curse
3Dグラフィックで作られた古代遺跡を探索するアドベンチャーゲーム。
かなり凝った作りになっており、脱出ゲーム系の中でもなかなか楽しめる。

伝説の道具屋@ボーシム研 (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
伝説の道具屋@ボーシム研
ドラクエ4のトルネコのお店経営に仕入れやバトルを追加した感じの道具屋経営RPG。 商品を作ったり素材を集める要素があるだけでなく、結婚して子供を作ったり傭兵を雇って強盗と戦ったりできる。 客とのやりとりもイベントとして楽しめて面白い。 十字キーの操作性が少し悪いが、この雰囲気がドラクエ4のトルネコの商売が好きだった人におすすめ。

Baldur's Gate (itunes 1,200円→600円 iPhone/iPad対応)
Baldur's Gate
テーブルトークRPGのD&D第二版を再現したRPGの移植作。 元祖『Baldur's Gate』にくわえて拡張パック『Baldur's Gate: Tales of the Sword Coast』と『Baldur’s Gate II: The Shadows of Amn』の追加要素(クラスキット、追加職業、追加種族)も取り込んだ完全版。
15階層の新ステージ「The Dark Pit」も追加されている。快適に遊ぶにはiPadが必要。

PuzzlAR: World Tour (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
PuzzlAR: World Tour
ARパズル。
分割された立体を360度の角度でぐるりと見まわして眺め、くっつけて元の物体を完成させる組み立てパズルになっている。

 Squareface (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Squareface
ゲームの世界から飛び出してきたペーパークラフトのキャラクターたちが、人間の世界で戦いを繰り広げるアクションシューティング。
バーチャルスティックで移動し、接近攻撃、爆弾、射撃を使い分けてゾンビたちと戦うゲームとなっている。
グラフィックはかなり良くできていて、ストーリーもちゃんとあって中々楽しめそう。

Solitairica (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Solitairica
ソリティアの容量でカードを片付けるバトルゲーム。
消したカードのスートに応じてMPが貯まり、さまざまな技が使える。反面、1手ごとに敵の妨害があり、HPがなくなるとゲームオーバーとなる。
ソリティア系が好きならかなり楽しめる。

Icewind Dale (itunes 1,200円→600円 iPhone/iPad対応)
Icewind Dale
ダンジョンズ&ドラゴンズ(以下D&D)をベースにしたRPG、『Icewind Dale』の拡張版移植作品。
『バルダーズ・ゲート』で冒険した地よりもはるか北方の「ノース」を冒険するRPGで、プレイヤーは種族やクラスを選択し、6人のキャラクターを作成して冒険の旅に出ることとなる。
高難易度で、かつ壮大なRPGを楽しみたいなら。ただし、英語のみ。

Mutant Mudds (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Mutant Mudds
3DSゲームから移植された、横スクロールアクションゲーム。
平面な2D画面なのに、画面に手前・奥・中間の3ラインが用意されており、それを移動しながらステージを攻略する立体的な画面構成が面白い。
水鉄砲で敵を倒しながらゴールを目指していくステージクリア式で、操作性も悪くなくiPhoneのアクションゲームとしてはかなり出来がいい。
アクションゲームが好きなら落としておいて損はない。
紹介記事:見た目は2D、ステージは立体、3DSから移植の本格アクション『Mutant Mudds』が面白い

マリーのアトリエ Plus ~ザールブルグの錬金術士~ (itunes 1,200円→840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
ガストの出世作にして、いまだ根強い人気を誇る『アトリエシリーズ』の原点。
本作は王道RPGがあふれる中で、「世界を救うのにはもう飽きた」というキャッチコピーでリリースされた作品で、王立アカデミーを卒業するため、落ちこぼれ錬金術師のマリーが5年の歳月で卒業課題となるアイテムを作り出すというゲームになっている。
アトリエで錬金術の腕を磨くだけでなく、ときに素材集めのために冒険し、資金集めのためにアイテムを作る経営RPGとなっている。リリースセールで30%オフ。

Evoland 2 (itunes 960円→840円 iPhone/iPad対応)
ゲームが進行するとゲーム製作技術が進み、グラフィックは2Dから3Dへ、ゲームシステムはレトロなアクションからシューティング、ときには戦術ゲームやRPGへと変わっていくゲーム史体験RPG。
iOS版は他とパブリッシャーが関係で(少し怪しいが意味は十分通じる)全ハードで唯一の日本語対応をしている。

Starsceptre (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Starsceptre
80年代風のアニメーションの絵柄のデモを入れ、80年代風のグラフィックで作った縦スクロールシューティングゲーム。
ゲームとしては荒いが、陰影のつけ方などに懐かしさを感じる。
とりあえず、死亡時カットシーンに驚いてほしい。                 
紹介記事:『Starsceptre』レビュー - 25年間独自ゲームを作りたかった男、通勤中にiPadでゲームを開発し、青春の1980年代風シューティングを作る

Million Onion Hotel (itunes 480円→360円 iPhone/iPad対応)
Million Onion Hotel
画面をタッチしてパネルの色を変え、ビンゴのように列をつなげると摩訶不思議で気持ちよい演出が繰り出される“アクションパズル&ポエム”。
PSのカルト作『moon』を手がけたディレクターの木村さんと、アートの倉島さんのタッグが放つ奇妙な世界観と、ゲーム機の流れを汲む遊んで学ぶゲームプレイが融合しており、スマホ系のカジュアルゲームとは一線を画す作品。
おすすめ。
紹介記事:奇妙で、理解不能で、愛しいパズル『Million Onion Hotel』レビュー

Evoland (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Evoland
モノクロのドット絵アクションから始まり、色がつき、描写が細かくなり、最終的にフル3Dまで、ゲームの進行に伴ってゲームシステムが進化するRPG。
ゲームの歴史をたどって見た目が進化していく様子が面白いだけでなく、過去の名作を思い出して強烈な懐しさを誘う。
ゲームの詰めは甘いが、進めるだけで楽しい。
紹介記事:オールドゲーマーへのラブレター。ゲームの歴史をたどるRPG『Evoland』レビュー

 コメント一覧 (2)

    • 1. 奈々さん
    • 2018年03月09日 20:12
    • 4 落としておいて損はなしって、500円は損するよね
      有料アプリ紹介しといてそう決めつけるのはどうかと思う。アフィで稼ぎたいのは分かるけど。
    • 2. 管理人
    • 2018年03月09日 20:20
    • 500円分のゲームは残るし、そこに500円以上の価値を感じられると思うからお勧めするわけです。
      本来より安いゲームをお勧めして、「価格分は損だからいやだ」と言われても。
      そもそも、私は常に赤字でやってますよ。赤字でなくとも同じようにやりますが。
      私としては「無料でやっても時間を損する方が厳しい」というつもりでいます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント