RSS

記事一覧

『逆転検事』レビュー。ファンサービス満点、別視点の逆転裁判

gyaku-8
弁護士になって無罪を勝ち取る法廷バトルゲーム『逆転裁判』に対して、ライバルキャラの御剣(ミツルギ)検事になって有罪を証明するスピンオフ『逆転検事』がスマホにやってきた。
本作はニンテンドーDS版で2009年に発売された作品で、『逆転裁判4』と『逆転裁判5』の間を描く(ただし知らなくても楽しめる)外伝ストーリーを、スマホに合わせて高解像度化された映像で楽しめる。
プレイ感も『逆転裁判』に近く、過去の人気キャラも次々と登場するファンサービスもあり、シリーズファンならやって損のない内容である。

プレイしてまず感心したのは、その設定とテキストの演出の配慮。
『逆転裁判』といえば、ちょっと抜けている主人公の成歩堂(なるほどう)くんに突っ込みながらをコミカルに話が進むことが面白さになっていた。
だが、クールで知的なミツルギ検事がボケたらこれはキャラ崩壊だ。
gyaku-5

どうなるかと見てみると、猪突猛進でなイトノコ刑事とコンビを組んで、ボケるイトノコ刑事に冷静に指摘する形でストーリーが進む。
この組み合わせは相性抜群で、ミツルギ検事がスマートに指摘する形で推理が進むから原作のクールなイメージが壊れない。しかも、イトノコ刑事のおかげでコミカルな会話も楽しめる。
シナリオに関しては『逆転裁判4』以降よりも、“逆転裁判感”を感じたほどだ。
gyaku-6

さて、ゲーム面で見るとこちらも『逆転裁判』をプレイしている感覚と近い。
まず事件が発生し、続いて操作パートが始まる。操作パートでは画面を自由に歩き回れる点で逆転裁判と異なるが、要は普通に証拠集め。
gyaku-1

気になるところを調べて事件の“手がかり”や”証拠品”を集めるお馴染みの準備パートだが、1つ違いがある。
それは事件現場を見てムジュンを推理し、関連する証拠品と照合する仕組みがあること。位置がずれていることもあったり、証拠品が多いこともあってこれがやや難しい。
とは言え、何度もやり直せるしヒントも多いので苦になるほどではない。
gyakur-2

また、手がかりを脳内で組み合わせて推理し、新しい展開を導き出す“ロジック”システム持つ活かされた。事件に関連する2つの手がかりを組み合わせることで、ミツルギ検事が華麗な推理を披露して事件が進むシステムだ。
目新しさはないが、ミツルギ検事のスマートさが表現されるし、プレイヤーの情報整理の整理も兼ねられていいシステムだと思う。
gyaku-2

そうして証拠などが集まり始めると、今度はそれをもとに参考人や被疑者との会話が始まる。
これはもう、『逆転裁判』の裁判パートそのままで、会話の気になる点を“ゆさぶる”で情報を引き出したり、ムジュンを探して証拠品を“つきつける”で追い詰めていくおなじみの展開が楽しめる。
gyakur-3

『逆転裁判』の原作と異なり、法廷に立たなくても必要があれば随時会話パートが始まるので、展開に合わせて次々と舌戦が始まる場所を選ばないシステムが良い。
gyaku-7
▲「待った!」「異議あり!」も健在。

しかも、そこに登場するキャラクターたちは過去作でおなじみのキャラクター。
何も知らなくても楽しめるが、『逆転裁判シリーズ』を遊んでいると立場を変えて会話する様子がなお楽しめる。ファンサービスばっちりだ。
gyakurc-1

最初は『逆転検事』というタイトルから弁護士を追い詰めて法廷で有罪にするゲームを想像していて、裁判パートがないことに驚いていたが、プレイしてみればしっかり(というか、プレイ感の違いがなさ過ぎて拍子抜けするほど)『逆転裁判』。
面白さも、テキストの楽しさも他のシリーズ作品に引けをとらない安定の作りになっている。
ただ、過去のキャラクターが勢揃いするのでできれば『逆転裁判123 HD』をプレイしてから遊んで欲しい。
それにしても、安定しすぎて飛び抜けた面白さもないというのは無い物ねだりだろうか……。

評価:7(要チェック)

おすすめポイント
逆転裁判をミツルギ検事視点で楽しめる
テンポの良いテキストと全章に渡って繋がっている事件
過去のキャラクターが次々と登場

気になるポイント
逆転裁判の1~3を遊んでいた方が楽しめる
良くも悪くも新鮮さはない

アプリDL:
逆転検事 (itunes 120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
開発:カプコン(日本)
レビュー時バージョン:1.00.02
課金:全章シナリオセット2,400円、2~5章単品各720円

ライター:ゲームキャスト トシ

動画:

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント