RSS

記事一覧

人気カートゥーン調ゲーム『Cuphead』に偽のiOS版が登場し、Appleが被害者全員に返金を実施

8CBB3FBD-2A34-4F76-ADC0-5D89E761A8B4
App Storeの誕生時から、しばしば「有名なゲームを騙る偽物」の問題が取りざたされてきたが、Appleが偽アプリの被害者に自動的に返金を行ったことが話題になっている。
事の発端は12月19日、レトロカートゥーンのテイストで人気を博した『Cuphead』にiOS版が登場した……という情報が欧米のゲームサイトで報じられたことに始まる。
このニュースが本当なら嬉しいことだが、情報サイトが報じた『Cuphead』のアプリは偽物だったのだ。

App Storeには、下記のように掲載されていた。
WS000066
The 'Cuphead' Scam and TouchArcade: What Happened | TouchArcadeより

アプリを起動すると出てくるのはこんな画面。完全な詐欺アプリである。
しかし、年末の対策ラッシュにチェックが緩くなっていたのか、大手のスマホゲームサイトや紹介アプリにゲームが掲載されてしまい、被害者が出てしまった。
IMG_3288-2

通常、こういったアプリに対してプレイヤーは返金申請を行えるが、今回Appleは購入者に自動で返金を行う処理を行った。
「もし、騙されたら申請してくれれば返金しますよ」
「バグに遭遇したら言ってください」
という仕組みは多いが、こういった仕組みでは気づかないプレイヤーがいたり、購入して積んでいるプレイヤーなどには行きわたらない。
Appleの対応は、これまでより一歩進んだものと言える。こういった取り組みが続くことを願いたい。

関連リンク:
Steam:Cuphead

 コメント一覧 (2)

    • 1. なっしー
    • 2017年12月21日 18:57
    • 掛け軸の偽物みたいに適当なのに名前だけつけたみたいなアプリですね
    • 2.
    • 2017年12月22日 00:02
    • アップルからアプリ開発者への入金って通常一ヶ月ほどかかるので、詐欺を早期に発見できればアップル側も損害ゼロで利用者を救済できるんですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント