RSS

記事一覧

素早く撃って弾を消す弾幕シューティング『Danmaku Unlimited 3』レビュー

danmaku_r
シューティングゲームを愛するカナダの開発者が、『東方シリーズ』や『斑鳩』、『怒首領蜂シリーズ』などに影響を受けて製作した縦スクロールシューティングが『Danmaku Unlimitedシリーズ』。
その最新作『Danmaku Unlimited 3』は、過去作の欠点であったノッペリとしたグラフィックを立体的に強化して見栄えを整え、大胆に敵弾に重なれるスピリットシステムを採用し、ゲーム的にも演出的にも過去最高の作品となった。
腕に自信のあるシューターなら、チェックすべき1作である。

『Danmaku Unlimited 3』は、カバー範囲の広いショットと強力なレーザーを使い分け、ピンチにボムを使用する操作の弾幕シューティングゲームである。
自機中央の点に弾が当たらないかぎりミスにはならないため、大量の弾を避けられるという基本フォーマットを踏襲しているだけでなく、カナダ製ながらその作りは日本製の弾幕シューティングにとても近い。
danmaku_1
▲移動しながら指を下にスワイプするとショットとレーザーの切り替えを行い、指を上にスワイプするとボムが出る独自操作は慣れると使いやすい。

まず、海外シューティングにありがちな「固すぎる」敵はおらず、適度に撃ち込めば倒せる爽快なゲームになっている。ステージ間の演出は『斑鳩』風。
danmaku_2

ボス戦は東方シリーズの影響が色濃く、ボスは短いスパンで異なる弾幕をテンポ良く繰り出してくる。
幾何学的な弾幕は美しく、変化に富む。
danmaku_3

ステージ3以降は気合い避け(弾を見て頑張って避ける)が難しく、基本的には何度か相対して弾幕の穴を探してクリアするボスパターンを攻略パズルの様相が強い。
こう言った攻略が好きな弾幕シューティング好きのプレイヤーにはたまらないゲームだろう。
danmaku_4

もちろん、本作独自のシステムもある。それは“GRAZE&SPRIT”(グレイズ&スピリット)システムだ。
本シリーズの特徴は敵弾をかすめるように動くことでグレイズカウンターが上昇し、スコアが上がると同時に画面右のトランスゲージがたまっていく。
そして、トランスゲージが満タンになると「弾幕無限」の文字とともに画面上の弾がすべて得点アイテムになり、一定時間攻撃力が上がるのだ。
danmakurrr_1

グレイズしまくるほどにスコアが上がり、弾幕無限で攻撃力も上がって攻略が楽になる。
そこまでは過去作と同じだが、今作より“スピリットシステム”が加わることで大きな変化が訪れた。
敵弾に近づくグレイズはリスクが高く、弾幕シューティングというだけで間口が狭く見えるのに、その間口をさらに狭めていた。
そこで、弾を出した敵を倒すことで弾が幽体化(スピリット化)し、スピリット化した弾はグレイズできるが自機に当たらないという仕組みを取り入れたのだ。
danmakurr_1
▲画面上の青黒い弾がスピリット化した弾

これによって大量の弾を吐き出す敵を素早く倒し、スピリット化した弾に重なってグレイズゲージを稼ぐプレイが楽しめるようになった。
このシステムはスマホに相性が良く、大量の弾がスピリット化したときに指を豪快に動かして全てのスピリットにグレイズする瞬間は爽快の一言。

もう1つ面白いのは、ボムのシステム。
ボムを使用すると画面上の敵弾を消してピンチをしのげるが、多くのシューティングゲームではボムを使った瞬間に何らかのスコアに対するペナルティがある。
しかし、本作ではプレイヤーが意図的に使ったボムはスコアにペナルティを与えない。
自機に弾が当たったときにミスを防いで発動する“オートボム”の使用時のみグレイズカウンターがリセットされてスコアにペナルティがある。
つまり、ボム使用の腕が上がればスコアが上がるのだ。加えて言えば、スコアを稼いで2.5億点と7億点に到達すると残機が増えるので、ボムを積極的に使ってスコアを上げれば攻略にもつながる。
danmakurrra_1

『Danmaku Unlimited 3』日本の弾幕シューティングを良く研究して作られたことも分かるし、実際にケイブシューティングライクで馴染みやすい。
ただし、ステージ3以降は急激に難易度が上がり、EASYモードでも難しくなってしまう(EASY3面でも、HARD2面より難しい)ので、ある程度シューティングの慣れがあるプレイヤーにお勧めしたい。
この難易度上昇を抑えめにしておけば多くのプレイヤーが楽しめたと思うのだが……これは本作で唯一残念な点だ。

一方、上級者には最高難易度のTRUEに加え、「鋼の意思がないとクリアできない(公式説明より)」モードが用意されており、通常状態ではスピリット弾が発生せず、トランスゲージも貯まりづらいという状況で攻略する楽しみも用意されており、かなり遊べるのも間違いない。
弾幕シューティングをやり込んできたプレイヤーの皆さんなら、ぜひ手にとって欲しい1作だ。

評価:7(要チェック)

おすすめポイント
美しい弾幕とノリノリの音楽
当たり判定が消えた弾にかすりまくれるスピリットシステム

気になるポイント
ステージ3からは急激に難易度が上がる

アプリDL:
War Wings (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

開発:Sunny Tam (カナダ)
レビュー時バージョン:1.0.4
課金:なし

ライター:ゲームキャスト トシ

動画:

コメント一覧

    • 1.
    • 2017年08月17日 23:14
    • アカとブルーが正統派ケイブの新作とするなら
      こちらは首領蜂とギガウィングをベースに斑鳩的演出とサイヴァリアのシステムを合体させたような
      日本式シューティングの総集編といえる
      シリーズ最高傑作なのは間違いないけど、どうしてもアカとブルーとくらべると、弾幕の魅せ方や稼がせ方に成長の余地が見えてしまう
      多機種展開を予告されているので、そっちでも買います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント