RSS

記事一覧

『火吹き山の魔法使い』や『盗賊都市』が日本語でRPG化。『Fighting Fantasy Legends』リリース

sc552x414
キミがいつも通りにゲームサイトを見ていると、Nomad Gamesから『ファイティングファンタジー』のゲームブックを元にしたRPG『Fighting Fantasy Legends』がリリースされていた。
これは、過去に一世を風靡した人気ゲームブック(技術ロールに成功すれば、これが『火吹き山の魔法使い』、『盗賊都市』、『バルサスの要塞』と呼ばれる本だったことを思い出せる)をRPG化したゲームのようだ。
文体統一できていないが、自動翻訳よりはマシな意味の通る日本語訳もされている。
君はスマホ版を買ってもいいし、Steam版を買ってもいい。TRPG風のRPG『Galaxy of Pen & Paper』に逃げることもできる。
どれも選ばないなら冒険は終わりだ。ブラウザを閉じよ。

アプリリンク:
Fighting Fantasy Legends (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)

 コメント一覧 (4)

    • 1. アラフォー
    • 2017年07月29日 00:31
    • 5 この文体マジ懐かしいわー
    • 2. いかちゃん
    • 2017年07月29日 12:35
    • 取り敢えず、スマホ版、Steam版、Galaxy of Pen & Paper を順番に覗いてみて、興味を惹かなかったら、このページに戻るか…。
    • 3. 終わった
    • 2017年07月29日 12:42
    • クリアしてこのパラグラフまで戻ってきた。
      3つのゲームブックの世界が繋がっているのが新鮮だった。日本語はもう少しなんとかして欲しかった。
      次はGalaxy of Penのパラグラフを選ぶかな。
    • 4. 闇将軍イキル
    • 2019年05月09日 23:18
    • おおーこの言い回しすき

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント