RSS

記事一覧

あらゆる角度から手を見られる絵描き向け資料アプリ『Handy Art Reference Tool 』

hand13
手を描くのが苦手な方は多いのではないだろうか。そんな方に朗報だ。
さまざまなポーズの手を好きな角度から見て、ライとの位置まで調節できるイラストレーター向けの補助アプリが登場した。
これはゲームではないが、「自分の知る限りスマホで最高の参考資料なんで、ゲーキャスで広めてください!」と知人が興奮気味に伝えてきたのでこの『HANDY』を紹介しよう

アプリを起動すると、手と足と頭を選択するメニューが出てくる。
とりあえず、今回は手を選択しておく。
20170727_021437000_iOS

次に性別を選択する。
男性の手はごつくて欠陥が浮き出ていて、女性の手はすらっとしている。
hand11
▲左が男性、右が女性。

続いてポーズの選択。手のポーズは72種類。
使用者自身の手で指を動かすなどの微調整はできないが、これだけあればまず十分だろう。
hand02

で、ポーズを選択するといよいよ手の表示である。
手のスキンが少しリアルというか、ホラーに寄っている気がするが見やすさは十分。
指でドラッグすれば視点を変えられるし、ピンチ操作でズームも可能だ。
hand06

画面下のライトオプションで光源の調整や、左右の反転も可能。影を描く参考にもなる。
hand08

そのまま光源の位置やポーズを保存し、いつでも同じ角度、同じ光源の手を呼び出すこともできる。
光源設定だけをロードして、違うモデルに別々のポーズに同じ光源を適用することも可能。
「スマホの画面に手を映して、そのまま描けばだいたいオッケーですわー」とは、アプリを紹介してくれた友人の弁。確かに便利そうだ。
20170727_022041000_iOS

なお、アプリ名は『HANDY』だが、男性と女性の頭部、骸骨、フラットな頭部もおまけで付属している。
これもまた役に立ちそうだ。
hand12

さらに、追加課金で足と動物の頭蓋骨も利用できる。
足は240円で21通りのポーズ。男性の足のみ。
動物の頭蓋骨はは120円で牛、ネコ、犬、山羊のセットとなっている。必要そうであれば、買ってもいいだろう。
hand03

個人的には、フラットなアニメシェーダースキンも欲しいとは思ったが、絵描きの方には便利なアプリだと思うので、気になったらぜひ試してみて欲しい。

アプリリンク:
Handy Art Reference Tool (itunes 240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

コメント一覧

    • 1.  
    • 2017年07月28日 01:38
    • 手を描くのが苦手っていうか。
      手のデッサンはすべての基本だよ。
    • 2.  
    • 2017年07月28日 14:19
    • 適当な事言わないでくれ。
      手は第二の表情と呼ばれるぐらい感情豊かな場所ではあるが決して全ての基本ではない

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント