RSS

記事一覧

2017年6月の人気記事ベスト5 - シノアリスの運営が最悪だったこと、クソゲーを連発した男が任天堂Switchで頂点に上り詰めた話など

kamikoa
2017年6月の記事の中で人気を博した記事をアクセス順に5つ紹介する。
6月はとても疲れた。期待していた『シノアリス』の運営がひどすぎて、その記事に力を持っていかれたからだ。
ただ、その裏側で『PPKP』や『Last day on the Earth』などの良作もたくさん出ていたので、プレイしていて楽しい月でもあった。


1位:
メディアの皆さん、読者のためにも『シノアリス』運営の状況を周知していきませんか
jpg large
スクウェア・エニックスのヨコオタロウさんが関わるゲームとして、一躍注目を集めたシノアリス。
しかし、その運営はひどいものだった。
サービス開始から高負荷でアイテム消失が発生しているにも関わらず、『シノアリス』に課金系バグがあるはずなのに「直った」と宣言して運営継続
私はバグを指摘し続けたし、メールも送ったが未だに返事は返ってきていない。
そして、その後に『シノアリス』バグの存在を認めるが課金サービスは継続
順次補填とお知らせがあったので初期にガチャアイテムなどが消失したプレイヤーは対応を待っているが、未だ補填がない。
メディアから見ても、ゲーム業界から見ても、売れてしまえば正義という悪い前例をグリーとスクエニで作ってしまったように見える。

2位:面白くなるまで作ることをやめない。ニンテンドースイッチでセールス1位を獲得した男の物語:PR
maxresdefault
ユウラボさんとともにニンテンドースイッチで『神巫女』をリリースし、セールスランキング1位を獲得した男の物語。
彼は、スマホでクソゲーを乱発する職人だったのだ……。
なぜ、こんなにもてはやされるゲームが作れたのか、調査員はその謎を追った。

3位:『デレステ』驚異のアップデート。全アイドルが別々のダンスを踊る楽曲を実現20170619_112322000_iOS
最近、本家版のアイドルマスターアプリも出て何かと話題のデレステ。
あまりにいい感じにアップデートされていて、久々にプレイしてびっくりしてしまった。
やはり、ダンスは別々の動きをしてくれた方がはるかにメリハリがつく。

アプリリンク:
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

4位:『パンチ パンチ キック パンチ』レビュー - “ゲーム職人”の執念を感じる作り。くにおくん+ストIIなバトルゲーム
ppko08
シンプルなのに、面白い。パンチとキックボタンだけで戦う格闘ゲーム『PPKP』。
中盤以降中だるみしたので評価は7にしたが、序盤の数時間は猛烈に面白い。
Android版は開発中なので、しばらく待つべし。

アプリリンク:
パンチ パンチ キック パンチ (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

5位:『Last Day on Earth: Survival』レビュー - ゾンビだらけ世界で俺だけが行動してる。クラフトして、家を建設して生きるテラリアな面白さのゾンビゲー
gunji_13
ゾンビらだけの世界を単身で生き延びるサバイバルゲーム。
危険な地域を移動しては素材を集め、道具や家を、畑を耕して食料を作る作業が楽しい。
現在はまだ早期アクセス版だが、序盤の面白さは十分。

アプリリンク:
Last Day on Earth: Survival (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)


以上。
その他、下記の2記事は5位に近いアクセスをたたき出していた。
Google、報酬に基づくアプリのインストールやレビューを明確に禁止。リワード広告終了か
まさかの隠し要素。3年の時を経て『Threes!』のエンディングが発見される

関連リンク
2017年1月の人気記事ベスト5-2016年の面白いゲーム振り返り、FGOの課金トラブル問題が注目を集める
2017年2月の人気記事ベスト5 - ファイアーエムブレム無双。そして意外なゲームがジワ売れ人気
2017年3月の人気記事ベスト5 - KOF98訴訟問題と今後について、オンラインゲームの終わり方など
2017年4月の人気記事ベスト5 - 『ロード・トゥ・ドラゴン』の終わりに、アナザーエデンの話題性が頭一つ抜けていた
2017年5月の人気記事ベスト5 - タクティクスオウガの面影を追う『リバーシクエスト2』と、オッサンがゲームする記事が人気に

コメント一覧

    • 1. 名無し
    • 2017年07月02日 21:33
    • スクエニをやめたある人が
      売れたゲームが面白いゲームって言い切ってたきがする
      インタビューで見て印象に残ってる
      日本業界全体で見たらソシャゲマネーで潤ったしゲームに触れる人も確かに増えたけど他に道があったかと言われたらわからない
      絵師も声優などの他分野の仕事も一気に増えた
      後はやはり何をもって健全で誠意ある商売かだろうけど何かしら対策は必要だとは思う
      グレーなところをやったもん勝ちなところがit業界多いからねぇ難しいね
    • 2.
    • 2017年07月02日 22:40
    • もうそろそろ誇張したタイトルから卒業した方がいいと思う。
    • 3. 読者
    • 2017年07月02日 22:42
    • タイトル詐欺を感じないんだけど、どこ?
    • 4. 通りすがり
    • 2017年07月03日 01:00
    • > 売れてしまえば正義という悪い前例
      シャドウバースのことじゃん。かってのそこそこ対戦ツールとしてイケてたゲームバランスは過去のもの。2~3種類のテンプレデッキで先行が勝つゲームになり、テンプレデッキを揃えるためだけに課金するデジタルメンコなのに、売れてればeスポーツ扱い(笑)
    • 5. ( º дº)<キェァァァェェェェァァァァァァァァァァ
    • 2017年07月03日 01:32
    • そんな簡単に新ゲーに課金するもんじゃない。すぐにホイホイ課金して馬鹿馬鹿しい。リリース後の3日ぐらい普通にやってみたらどうなんだ。
    • 6. シノ
    • 2017年07月03日 01:46
    • 米5
      シノアリスはリリース後少しして、運営がバグの解消を正式告知した直後にバグやぞ。
      記事読め
    • 7. ぱぴこ
    • 2017年07月03日 03:07
    • ミリオンアーサーや
      ドラゴンクエストの金のマップ事件に始まり、
      ゲームフェスでスライムにモザイクをかけろ事件、
      スクウェアーエニクスのゲームはダウンロードしては行けないということを知りました
      クリエイターも広報も運営もクズだということを知りました
      王道◯◯や正統派◯◯、立派なのはキャッチだけ
      ファンの心は戻りませんよスクエアエニクスさん
    • 8. すがり
    • 2017年07月03日 09:50
    • ※7
      それは言い過ぎ
      スクストや星ドラなど
      良心的で誠実な運営を続けてる
      スクエニ製ソシャゲもある

      あれほど大きな企業の一部の不祥事だけを
      捉えて全体のように言うのは間違い
    • 9. ぎしあん
    • 2017年07月03日 11:56
    • このブログが無かったらシノアリスのクソっぷり知らないままだったわ
      まあ今も遊んでるんだけど
      やっとコロシアムのCBTとか言ってるぞクソすぎる
    • 10. あ
    • 2017年07月03日 13:08
    • >>4
      カードゲームなんてどれも昔から流行りデッキでの2~3個メタゲームでしょ。まだスタ落ちとかない分ええんじゃないの?

      >>7 >>8
      メビウスは意外といいよ!課金石ドロップで手に入るし
    • 11. 管理人
    • 2017年07月03日 13:41
    • あさんと被ってしまいますが、一応。

      ▼4さん
      シャドウバースは私も大会に行くぐらいやっていますが、運営の思想からして「俺たちの用意した強い数種類のデッキでメタを張ってね」だと思います。
      プレイヤーの工夫の余地が少ないことはゲームとして感じますが、それはゲームバランスの話であってここで問題にしているバグなどの放置や周知の不足の問題ではありませんね。
      大きな意味では運営ですが、私はカードゲームはメタを回すものだと思っているし、それで問題ないと思っています。

      ▼7さん
      スクエニのすべてが悪いわけではありません。スクストなんて分かりすぎるぐらいわかりやすいですし、メビウスファイナルファンタジーもとても運営が良いと思いますね。
      スクエニは巨大すぎて、開発室ごとに評価しないとわからないでしょうね。雰囲気としては、内政開発タイトルはしっかりしている印象ですね。
      ただ、1つのタイトルの評判は会社全体につながるので、1つ悪ければ全体が悪くなるのは仕方ないと思いますが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント