RSS

記事一覧

TVCMでおなじみ、『KOF98』のスマホゲームにユーザー訴訟問題発生。特商法違反など複数の違反の疑いも

screen696x696
あの『キングオブファイターズ』の看板を背負ったゲームが、提訴されようとしている。
そのタイトルとは、App Storeのトップセールスでも上位に入るゲーム『THE KING OF FIGHTERS '98UM OL(以下、KOF98UMOL)』だ。
このガチャに確率表記の誤解を招く表現があり、それを指摘したプレイヤーが訴訟を起こそうとしているのだ。
対する相手はOurpalm株式会社。中国ourpalmが提供していたゲームのローカライズを提供している同名のメーカーである。

話しは2016年末にさかのぼる。
この時期KOFの人気キャラクター「クーラ」が出現するガチャキャンペーンが行われており、「出現確率3%」と書かれていた。
しかし、後に訴訟を起こすことになるプレイヤーTomasさんは違和感を感じた。体感として3%もの確率があるように思えなかったのだ。そこで、Tomasさんが運営に問い合わせを送ったところ、驚くべきことが判明した。
その3%というのは、格闘家が出たときに3%の割合で手に入るということだったのだ。

KOF98UMOLのガチャは特殊で、ガチャを10回引くと1回は確定で格闘家が出るが、それ以外のタイミングで格闘家が出ることは非常に少ない(確率は非公開)。
つまり、クーラの出現率はガチャを10回引いて3.x%程度と推測され、通常ガチャ1回に対しては1%を切っていると推測される。

これを知ったTomasさんは、有利誤認を禁止する「景品表示法」違反ではないかと指摘するが、Ourpalm側の回答は「ゲーム中に記載があった」というもの。
通常、すでに終わったイベントに対してイベントページの記述を確認することは難しく、こういった言い合いになるとプレイヤーが泣き寝入りすることも多い。だが、今回は違った。Tomasさんは、事前にそういったスクリーンショットを記録しており、その報告が嘘であると気づいたのだ。
もともと、TomasさんはKOF98UMOLのファンであり、Ourpalm側が謝罪すればそれで話は終わりにしようと思っていたという。だが、この嘘の報告には怒った。
そして、内容証明を送り「一週間以内に返金に応じなければ訴訟を起こす」と伝えたのだ。

ところが、Ourpalm側の返事は「Appleに課金したけど反映されなかったって言って返金してもらえばよい」というものであった(ほんの少しだけ弁護すると返金処理はとても面倒だし、Appleが返金してもOurpalm側からお金が引かれる仕組みなのでOurpalmがお金を返す行為には近い)。
それを拒否して訴状を送ると、次は「秘密保持契約」を結び、訴訟を取り下げることを条件にダイヤ補填することを提案してきた。

だが、一連の流れでTomasさんの意識はすでに変わっていた。
「この裁判は、同じような手で騙されるユーザーの立場を守るための裁判」という位置づけになっており、前例を作ることが目的になっていたのだ。
裁判して、返金されればそれが記録に残り、他のプレイヤーにも伝わる。そのため、提案を断ったのだ。

そのようにやり取りを続ける中で、驚くべきことが判明する。
運営会社の住所に送ったはずの訴状が、あて先不明で戻ってきたのだ。
その住所とは、六本木アークヒルズの森ビル。しかし、森ビルに問い合わせるとOurpalmという会社など入居していないという回答が得られた。
2017-02-03_11-43-26_000
▲2017年2月28日までの特定取引法の表示

さらに、その後に特商法に基づく表示の住所が変わり、代表の表記がなくなっていることも判明する。
訴状が送られてから逃げる手を打ったようにも見えるが、これは通信販売で責任者を明記する特定商取引法に違反している(そもそも、住所の詳細や電話番号なども表示しなければならない)。
あきらめて会社登記から住所を調べ、ようやく訴状は受理された。
2017-03-02_16-39-29_000
▲変更後の住所

ゲームキャストでは、Tomasさんに連絡を取って証拠の一部を拝見させていただいたが、確かにOurpalmサイドの打った手は企業として考えられない行動に見えた。

一方でKOF98ULOMのガチャは中国では一般的な形式であり、その表記もまた他のゲームで見られたものだ。なので、日本では誤解を招くが、運営としては中国の感覚でやってしまった過失とも考えられる。
ゲームキャストでも公式サイトを確認したところ、コンプガチャに通じる仕組みがあり、仮想通貨を発行しているにもかかわらずサービス終了時に仮想通貨の払い戻しができず、前払式支払手段(第三者型)発行者登録一覧にも登録が見当たらず、資金決済法など日本の商習慣にそもそも詳しくないのではないかと思える。
WS000130

そうであれば、早々に訂正して運営を正してほしいと思う。データが消えてやめてしまったが、私は過去KOF98ULOMにハマって課金して遊ぶほど楽しんだし、今でも多くのプレイヤーがいるのだから、公正な運営で楽しく遊ばせてあげてほしいと願っている。

今後も、ゲームキャストではこの訴訟の行方を追っていくつもりだが、こういった訴訟は遅延作戦を取って疲れたプレイヤーが泣き寝入りするか、反訴をチラつかされて個人の資力では背負えないリスクの前に泣き寝入りするケースが多い。
こういったケースにならず、TomasさんとOurpalmの話し合いが正しく行われて真実が明かされることを願いたい。

なお、Tomasさん側の主張は下記のサイトに詳しく書いてあるので、そちらも合わせてどうぞ → KOF98 UM OL 運営会社相手に訴訟を起こした話 | ふぁんふぁーれ!

 コメント一覧 (27)

    • 1. ローグライクマニア
    • 2017年03月23日 14:55
    • ガチャなんてそんなもんだと思いますね。

      たとえ出現率10%だと明記されていたとしても、実際のところ何%に設定されているかなんて一般プレイヤーにわかるわけがないし、証明しようもないですから。
      この件はこの運営会社が自分で墓穴を掘った形になったけど、たとえば実際の出現率が1%でも、運営が10%ですと言い張れば、プレイヤーはそれが10%じゃなく1%であると証明することができない。「たまたま出なかっただけなのでは」で済まされるわけですから。

      それなのにガチャのために課金してる人は、自分から騙されに行っているとしか思えないんだよね。
      はっきりいっちゃって申し訳ないけど、表記を信じて有料ガチャを回すこと自体どうかしてると思う。
    • 2. とーりすがり
    • 2017年03月23日 15:05
    • 1コメ目から鍵閉めなかったから泥棒に入られても仕方のない論理がでてくるとはだまげたなぁ
    • 3.
    • 2017年03月23日 15:43
    • まぁ中華ゲーに課金してガチャ回すのはアホだと言うのは分かるがTomasさんのブログで経緯を見ると運営が酷すぎますね
      嘘ついて誤魔化さなくても最初から紛らわしかったですね御免なさいしておけば裁判だ何だってならなかったのに
    • 4. 7SAMURAI
    • 2017年03月23日 16:00
    • 1
      いやいや、その発想が毒されているかと
      どの分野でも払った金額に見合うサービス提供は責任だどの思うが。パチスロ等(やったことはないが)、「〜%の確率で〜メダルや玉が出て〜こんな商品がもらえますぅ〜」って最低限は明確にしている筈。ガチャならそこら辺、何してもいいならそれは詐欺だよね。
    • 5. 草
    • 2017年03月23日 18:06
    • 5 ソーシャルゲーム屋の言い分は毎回一緒「騙される方が悪い」「食っていくには仕方が無い」自覚がある人間はまだマシな方で、顔を真っ赤にしてマトモな商売だと力説してくる輩までいる始末
      従来の同種のサービスと比較すれば一目瞭然だが、現物が動く商売に当てはめれば独禁法や風営法に抵触するような事を平然とやっているのがソーシャルゲームのガチャ商法
      堂々と『合法』と言えるものではなく、行政や司法の判断がデジタルコンテンツに追い付いていない『無法空間』な故に成立している商売である以上
      今後もこのような訴訟が適正に行われ、消費者が健全に関われる市場となる事を切に祈るばかり、その為には大幅な規制も止む無し
    • 6. あ
    • 2017年03月23日 19:20
    • 中国産のローカライズなので
      言い訳次第で過失程度に収まると思いますが

      運営の対応が悪かったの一言ですね
    • 7. ふか
    • 2017年03月23日 19:56
    • Tomasさんのツイッター鍵かかってるなあ・・・何があったんだろ
    • 8. ななし
    • 2017年03月23日 21:37
    • ついに出た、空前絶後の詐欺企業

      appleに嘘ついて金を騙しとれとかクズの鑑
    • 9. 名無し
    • 2017年03月23日 21:46
    • やってみるとゲームはクソ単調でつまらないからダウンロード数や評価も怪しい
    • 10. _
    • 2017年03月23日 21:48
    • 22日裁判ってTomasさんのブログに書いてあって、今日この記事が出てたから何か進展があったのかと思ったら、ただのまとめだったでござる(´・ω・`)
      Tomasさんのツイッターも鍵かかっちゃってるし、ブログのコメントには「お金が尽きて訴訟取り下げ」とか書いてる人がいるし、どうなったんだろう?
      悪質ソシャゲ運営に対する判例が作られるかも、ってことで興味あったんだけどな。
    • 11. ソーシャルゲーム保全委員会
    • 2017年03月23日 22:17
    • 中華業者は架空の企業名、架空の日本人名やレンタル・バーチャルオフィスの住所を平気で使うので
      予約top10等で海外製のゲームアプリ(ソーシャル問わず)の事前予約を見たら気をつけていただけると幸いです。
    • 12. とある運営の雑コメ
    • 2017年03月23日 23:04
    • この案件は中華とか関係なくアウト。
      判例ではないが、DQMSLにおいては表示がマズかった為大規模な補填を行なった。早期撤退を考えているなら対処は要らないが、まだランキング上位に居たいなら運営は重い腰を上げないといけない。
      まともなゲームを運営している人たちのイメージダウンになるのは頂けない。もっと拡散が必要。届けYahoo!トップ記事!
    • 13. 七氏
    • 2017年03月23日 23:27
    • このゲーム、日本語表記の間違い多いんですよね。
      (単純に”ニュー”が”ニョー”だったり、
      同一項目のなのに、説明や名称がページによって違ったり、
      そもそも書いてることがガセだったり)
      しかもバグも半端なく多い。

      で、ユーザーも『察する』『解読する』『諦める』を、
      やれやれと言いながら受け入れてる部分があった。
      方々の書き込みを見ると、
      確率表記をその延長としている人と、そうじゃない人の温度差を感じる。

      半年以上やっていて、このゲームは脱法、違法だらけ…アウトだと思う。
      コアユーザーはそれを承知の上で遊んでいる人が多いのでは。

      個人的には、宿命システムやチームボーナスが
      コンプガチャに該当しないのか規制無しなのが不思議で仕方ない。
    • 14. ローグライクマニア
    • 2017年03月24日 01:49
    • >4
      表記の確率が、実際に設定された確率と同じだとはかぎりませんよ?すべては運営の良心次第なんですよ。明記されてるからそれをそのまま信じろと言われてもねぇ。

      問題の本質は、表記された確率が実際に設定された確率と違っていても、プレイヤーがそれを証明することができないことなんですよ。だから、たとえ騙されていても誰も気づくことはできないですよ。

      別にすべての運営がプレイヤーを騙してるとはいいませんよ。良心ある運営もそりゃいるでしょうけど、世の中良い人ばかりではないですからね。それにガチャのあるゲームは完全に金儲け目的で作られてますからね。
    • 15.
    • 2017年03月24日 05:58
    • >14
      ガチャ自体にえらい固まった考え持ってるみたいですね、悪だと断じてしまう勢いで……

      確率表記で騙されていても客は分からない、とは言っても今回の件は客が運営の表記を疑い、証拠を保存し、調べた結果判明した事ですから。運営を信用するとはいっても、全てを丸呑みするかどうかは別ですよ(まぁ今回は運営が故意に騙そうとしたのか、ただの大きな不注意なのかは決められないようですが)

      騙された人間を「ほらみたものか」と切り捨てるのは、詐欺を許容することに近しくなってしまうように思いますよ
    • 16.
    • 2017年03月24日 06:06
    • 普通のガチャよりよほどエグい拝金システムだからいつか訴えられるなとは思ってたよ
      初期に止められてホント良かった
    • 17.  
    • 2017年03月24日 07:59
    • 同じ中華の運営で「崩壊3rd」というものがいわゆる「コンプガチャ」ではないかという疑いが持ち上がっています。

      崩壊学園3rdでは「聖痕」というアイテムが課金ガチャと言う形で提供されていますが、通常の性能に加え、「2つ、3つ揃うと能力が追加される」と言うものになっています。
    • 18. 業界人
    • 2017年03月24日 10:06
    • ほんと詐欺が好きだなあ、中華は。Tomasさん全力応援の一択ですね。
      ガチャゲーが滅べばゲーム業界は100%今より良くなるのに。
    • 19.
    • 2017年03月24日 11:47
    • >>14
      >>問題の本質は、表記された確率が実際に設定された確率と違っていても、プレイヤーがそれを証明することができないことなんですよ。だから、たとえ騙されていても誰も気づくことはできないですよ。


      あまり詳しくはないけど、ちょっと前の星ドラの集団訴訟も今回の件も表記をされた確率と実際の確率が違うとユーザーが気が付いて詐欺だ!となったのでは?誰も気づくことはできないですよ(キリッ)って矛盾してね?
    • 20. userName
    • 2017年03月24日 13:07
    • 確率表記しても実際その確率かどうかユーザーは確かめようがないので意味ないって意見たまに聞きますが
      同じくユーザー側からは確かめようのない、食品の産地表示されても産地偽装してるかもしれないから意味ないって事はないでしょう。
      確率表示の義務(とそれに伴う罰則)と運営が信用できないってのは別に考えるべきかと。


      >それにガチャのあるゲームは完全に金儲け目的で作られてますからね。
      商用ゲームはすべて金儲け目的なのでは……
    • 21. 情報弱者
    • 2017年03月25日 10:14
    • twitterの鍵ですが、よほど怪しいアカウント(明らかにフォローするためだけに作ったようなアカウントとか)でなければフォロー許可出ますからフォローしてみては?

      ※14
      (最新記事より引用)
      Tomasが情弱なら情弱でいいですが、そんな情報強者アピールに必死な方にもわかるように丁寧に書かせていただきますと、「その情弱な人がわからないような書き方したらダメですよ」ってお話しなので。そう受け取っていただければ幸いです。
    • 22. ななし
    • 2017年03月25日 17:56
    • 詐欺師のターゲットは情弱や馬鹿だからね
      馬鹿を守るルールも必要よ
    • 23.  
    • 2017年03月27日 10:00
    • ローグライクマニアって国産ローグしかやったことなさそう
      おまけにコンシューマの
    • 24. とめ (市川)
    • 2017年03月29日 00:23
    • 自分が被害を被ったから訴訟する。
      それは当たり前だが「他のユーザー
      の為」と言った時点でもうダメ。

      応援しない。
    • 25. うあ
    • 2017年03月29日 18:30
    • ガチャっていうのはパチスロ等のギャンブルで身を持ち崩す問題と同等なのでなんとかしたいって気持ちはあるんじゃないの
    • 26.  
    • 2017年03月30日 00:57
    • Yahooの記事が訴えられているみたいだけど、何かコメントないの?
      何もなければ扇動しているだけの犯罪者だよ。
    • 27. ひげ
    • 2017年04月01日 18:48
    • 26
      訴えられたら犯罪者?そんなことはないでしょ。刑が確定したら犯罪者。
      つい最近、元社員を損害賠償で訴えた会社があったけど、逆に負けて110万円支払うことになったらしいよ。
      訴えられたら犯罪者と言うあなたの理屈で言うなら、110万円支払うように言った裁判所は犯罪者の片棒担いだ犯罪者だよね?
      別に誰の味方をしようが、敵視しようが好きにすればいいけど、何の根拠もないことで他人を攻撃するのはやめようや。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント