RSS

記事一覧

渋すぎる…! 『J・Bハロルド』、『アナザーコード』作者の手による新作『Black Rose Suspects』事前登録受付中

blackrose_2
サスペンスRPG、『Black Rose Suspects(ブラックローズサスペクツ)』の事前登録が現在行われている。
当初「なんか大きく宣伝しているなー」と適当に見ていたのだが、広告案件を受けてしっかり公式サイトをみると…意外、ゲームキャスト的にも直撃の期待作であった。
なんと、本作の企画原案・シナリオは鈴木理香さん、ストーリーディレクションは宮川卓也さん…つまり、サスペンスゲーム制作の大御所が担当していたのだから。
え、わからない?ならば、説明しよう。

本作のメインキャラクターデザイン担当は『エヴァンゲリオン』で知られる貞本義行さんであり、多くのサイトでそれを前面に出している。が、鈴木理香さんと宮川卓也さんのコンビもそれに負けないほどすごい。
なんせ、この2人はレジェンド級のサスペンスゲーム開発者なのだ。

1980年代、この2人はリバーヒルソフトという会社に所属し、シナリオを鈴木理香さんが、ゲームデザインを宮川卓也さん担当して『殺人倶楽部』などの渋い探偵サスペンスものシリーズをヒットさせている。
この探偵ものシリーズは『J・Bハロルドシリーズ』という名前で何作もリリースされ、アドベンチャーの古典として様々なハードに移植されている。
100730jb3
▲スマホ版『殺人倶楽部』より。現在は配信停止中。

リバーヒルソフト倒産後、2人は株式会社シングを立ち上げ、同じコンビで『アナザーコード 2つの記憶』や『ウィッシュルーム 天使の記憶』など、推理物でヒットを飛ばす。
1度のヒットはまぐれ、2度ヒットを飛ばしたら本物という説を信じるなら、鈴木理香さんと宮川卓也さんの2人はサスペンスものにおける本物と言える。

『チェインクロニクル』や『Fate/Grand Order』のストーリーゲーム成功を見て、2016年はストーリーを厚くした基本無料ゲームが多く出たが、いずれもストーリーを読ませることにおいて先に挙げた2つに勝てず、苦戦していたように思う。
しかし、『Black Rose Suspects(ブラックローズサスペクツ)』ならこれらと戦えるストーリーを出してくれるのではないか…そんな期待を抱いている。
blackrose_1
▲この渋さ。基本無料ゲームでも、シングの魂は受け継がれているようだ。


懸念は、いかにもソシャゲ然としているように見えるシステム。
そして、複雑なストーリーを作ってきた2人の物語がソシャゲで素直に頭に入るのか、という点。
ただ、これだけはリリースされてみないと分からないので、プレイして感想を述べたい。
blackrose_4

感想が待ちきれない方は、こちらから事前登録をして待っておこう → Black Rose Suspectsの事前登録はこちら
終了済

 コメント一覧 (5)

    • 1. 懐かしい
    • 2017年01月23日 18:16
    • シングにはお世話になったなぁ。倒産時はどこかの記事になるぐらい注目浴びた気がします。
      レベル5の呪われた双子。
    • 2. あ
    • 2017年01月23日 21:54
    • ベータ版プレイした方達の反応だと、シナリオにも十分期待できる内容だったそうです。
    • 3. い
    • 2017年01月23日 22:14
    • ゲーム部分はともかく、シナリオは良さそうでした。
      正式版が延期したのは、ゲームが良くなったからだと信じたい。
    • 4. レナス
    • 2017年01月24日 08:59
    • PR記事がPR以上のPRになってますよ!
      J.Bハロルドは懐かしいですね
      ソシャゲが前面に出過ぎない感じを期待します
    • 5. 管理人
    • 2017年01月24日 18:31
    • ▼レナスさん
      本当はコマーシャルって「良い物を広める」って意味なんですよね…クソみたいな宣伝が多いのが問題だと思っています。
      あと、嘘をつかないこと。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント