RSS

記事一覧

盆栽を育てるように惑星を育てよう。惑星を改造シミュレーター『TerraGenesis』レビュー

terrarrr_1
さあ、皆さん待望のゲームが登場した。この『TerraGenesis』は、長い時間をかけて惑星環境を整え、人間が住める惑星を作る育成ゲームなのだ!

え、惑星を育てたいと思ったことなんてない?
だが、そんなことは関係ない。この記事は「みんな、惑星を育てたい」という前提で書く。あなたもそのつもりで読んで欲しい。

もう、惑星開拓のイロハを知りたくて待ちきれないと思うが、心躍る惑星開拓の前に、目的地を選ぶ必要がある。
TerraGenesisには火星、金星、大気汚染の進んだ地球など、さまざまな惑星があり、惑星によって難易度も変わる。最初は初級難易度の「火星」を選ぶといいだろう。
terrarrr_2

惑星を選んだら、次に自身の政治派閥を選択する。それぞれの派閥に政治的信条があるが、気分で選べばOK。
「我々は企業国家だ!」とか、「自然本位に立ち返る地球教団だ!」とか、ノリで選ぼう。
terra_1

一応、経済が強ければ収入が増えるがバイオマス(自然環境)の成長は遅れ、環境保護が強ければバイオマスの成長は早いが、人間の居住スペースは小さくなるなど、派閥によってプレイに変化はある。
が、どれも一長一短なので、気にしすぎてもしょうがない。
terra_2
▲一応、政治的な信条は後から少しだけ変更もできる。

さあ、派閥は選んだだろうか。ここが、新しい人類の故郷となる火星だ。
大気が薄く、極寒。さらに水もない。意外に星の描写がリアルで、見ているとSF感がある。これを見ると、開拓精神がもりもり湧いてくるはずだ。
terra_3

さあまずは入植。メニュー画面から「コロニー」を建設すると、人類の拠点が建設される。
コロニーには、火星環境を改善するあらゆる施設を建築できる。人口が増えるほど建築できる設備が増えるので、どんどん入植させて増やしたい。
terrarrr_4
▲人口は、住居の限界数まで時間と共に緩やかに増える。

次にやるべきは、テラフォーミング資金の確保。いやだって、テラフォーミングには金がかかるから。
「基地」を建設して鉱山を作ると、現実時間の経過に応じてお金が手に入る。ここはクソめんどくさいが、通過儀礼だと思って我慢だ。
terrarrraaa_1
▲鉱山はカーソルを移動させて大地の資源を調査し、画面左のメーターが緑に近い場所に建てるべし。

これで、ようやく準備完了。惑星の気温、酸素濃度、水、バイオマス(自然)を調節し、人類の住みやすい惑星を作る作業が始まる。
直近でやるべきことは、優先事項として表示されるので、最初はその通りに作業を進めれば良い。
なになに、今は「大気圧の上昇」が重要とな……それでは、火星の地に大気圧を上げる設備を作ろう。
terrarrr_3

惑星環境の改善には相応の技術が必要なので、お金を払って研究する。
まずは、大気圧が上がる「サーマルダスト」技術を研究。研究は、現実時間で一定時間が経過すると完了する。
terra_6

なお、この研究時間はやたらに長い。課金で短縮もできるが、ちょっと落ち着いて考えて欲しい。我々は、惑星を変えるのだ。宇宙という単位の中で、4時間や8時間の待ち時間のなんとちっぽけなことか。
このゲームは、長時間かけて遊ぶゲームと割り切って、広い心で待とう。

で、研究が完了したら、コロニーに「サーマルダスト」施設を作る。施設を作るには時間がかかるが、宇宙という単位の中で、4時間や8時間の待ち時間(以下略)。
完成して、左上の統計ページで確認すると、気圧の変化が「+4/分」と表示された。そう、これで現実時間1分あたり4Pa気圧が上昇するのだ。
terrarrr_7

1分間に+4Pa……目標は100,000Paなので、目標到達には25,000分……つまり、18日弱も現実時間で待たなければならない。
しかも、このゲームは万事に時間がかかるが、研究や建設以外の時間は課金で短縮できない。
しばらくの間は、地味に研究を続けていくしかない。ときどきランダムイベントが発生してコロニーに偉人が出現したり、独自文化ができたりするので、チマチマと惑星を覗くと良いだろう。

しかし、本当に何も変化がない。このゲーム、これでいいのか……と思いつつ、大気圧の上がる設備を建築しつづけること3日。
朝起きると、惑星の回りに雲が!大気だ、惑星に大気ができた!
terrarrra_6

さらに2日後。地表に水がわき出る。頭頂部のハゲみたいな感じだけど、水だ。朝起きるのが楽しくなるヤツだ、これ!
terrarrra_1

さらに翌日。酸素濃度も高くなって、わずかに緑も見えてきた。
この頃になると研究も進み、ものすごい速度で惑星の環境が改善されていく。
これだよ、これ。俺、今、惑星を育てているよ!
terrarrra_2

そして翌日。水位が上がりすぎて、コロニーが水没。20万人以上になっていた火星の人口は、たった88人に。
やっちまったんだぜ。
terrarrra_5

さらに翌日。反省して水位を下げすぎて、水がない惑星になっていた。緑も心なしかいびつな色。
やっちまったんだぜ。
terrarrra_3

いやぁ、技術が進むと短時間で惑星環境が変化するので、微調節が難しい。
そして、試行錯誤すること1週間。ついに完璧な惑星になる。
terrarrra_4

コロニービューで見ると、惑星に生活の光がともり、人類が生活しているのが分かる。
これが文明の灯だ!
terrarrraaara_1

で、人口が増えると「文化」が増え、文化を貯めて惑星を地球の支配から独立させると、ゲームクリアとなる。
プレイ中、毎日たまにゲーム画面で惑星の変化を眺めるのは、盆栽を育てているかのような楽しさがあった。
ゲームのプレイスパンがとても長いので、TerraGenesisに合うプレイヤーも、そうでないプレイヤーもいるかもしれないが、この記事を見て興味を引かれた皆さんは、「惑星を育てたい」方のはず。
ぜひ、スマホの中で惑星を育てて悦に浸って欲しい。

評価:6(面白い)

おすすめポイント
長期間かけて惑星を育てる楽しさ
惑星のグラフィックがなにげにリアル

気になるポイント
ゲームはシンプル
育てた惑星を保存できない

課金
GP(研究と建築時間短縮、お金を即座に得る目的で使う。なくても問題なくゲームできる)
惑星(120円で1つ、360円で全て解放可能)

(バージョン2.9.2、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
TerraGenesis (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / )

コメント一覧

    • 1. えー
    • 2016年11月01日 15:32
    • すげー好みだ!買おう!と思ったら、えっ、惑星保存できないの!時間かけて作った星、消えちゃうんですか!?うう〜〜ん
    • 2. iPhone本体の熱がすごい
    • 2016年11月01日 17:12
    • 5 面白いです。
      すごく面白いし、絵もキレイです。

      でも、本体の発熱がホントにすごい。
    • 3. うあ
    • 2016年11月01日 20:32
    • これ面白いですね
      惑星が綺麗で引き込まれます
      スローペースだけど一朝一夕で惑星が変貌したら有り難みがないのでちょうど良いペースですね
    • 4. あ
    • 2016年11月01日 21:53
    • 育てた惑星は保存できないとは具体的どういったことでしょうか?
    • 5. 管理人
    • 2016年11月01日 22:01
    • ▼あさん
      惑星を育て終え、地球から独立するとエンディングだったりするのですが、セーブスロットが1つしかないので、次の惑星を育て始めたら前に育てた惑星は消えます。
      もう眺められません。
    • 6. 面白い
    • 2016年11月02日 14:14
    • 5 最初の方がめんどくさいですけど、大気を作って雲が現れ始めるとほんとに感動しますね
      ワクワクしながら暇さえあれば覗いてます。
    • 7. アップデートで
    • 2016年11月26日 09:27
    • アップデートで複数の惑星を進められるようになったようです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント