RSS

記事一覧

【TGS2016 インディー】光と歌のワイヤーフレームSTG。『崩壊のダンガンウォール』は世界観でプレイヤーを吸い込む

1ba603fad14c00507166e3217fb2507c
ワイヤーフレーム縦シュー『ダンガンサーフ』、シューティング風リズムゲーム『星屑のダンガンチェーン』と、個人のシューティング好きが、ひたすらにシューティングを供給し続ける「自給自足シューティングマン(勝手に名付けました)」quizcat games。
その最新作、『崩壊のダンガンウォール』は、3作目にして「何か」の峠を越え、大きく完成度が上がっているように感じた。
過去2回の作品をTGSで見て、記事にしなかったゲームキャストでも、紹介せずに居られない。そんな内容だった。

先に行っておくと、quizcat gamesのゲームが悪いわけではない。ただ、「オシャレ」で「わかりづらい」が、ハマる人はハマる。そんな作品なので、想像力の鈍いゲーキャスが楽しむには時間がかかっただけだ。
シリーズに共通するワイヤーフレーム世界をかっこよく見るには、少しばかりプレイヤーの想像力で映像を補って遊ぶ必要があって……あ、この話を書くと長くなるので、これはまたの機会にしよう。

さて、そんなquizcat gamesの最新作は……分かりやすくてオシャレな普通の横スクロールシューティングゲームで、もしかしたらこれは人気が爆発するかもしれない、そんな作品になっていた。
dungunr-3

本作の作りは、ドラッグ移動+2ボタンと普通の横スクロールシューティング操作である。
画面右には武器を切り替える「Weapon Change」ボタン、強力なレーザーを放つがエネルギーのためが必要な「Wall Braek」ボタンの2つが配置されている。
つまり、武器切り替えと、強力なレーザーで敵を倒すわけだ。
dungunr-8

相変わらずのワイヤーフレームの背景には、『レイフォース』など過去の名作シューティングへのオマージュが込められており、わかる人にはわかる格好良さがあった。

ただ、今作は今までとちょっと違った。今回、過去作より光のエフェクトが強化されていたのだが、ワイヤーフレームの空間と光の相性が抜群で、ゲームに大きく貢献していたのだ。
今回のゲームには、見ているだけで、「おお、きれいだ!」というインパクトがある。
dungunr-9

そして、もう1つ。Wall Breakを使うと、その直後からBGMが歌ものに変化する。これがまた良かった。
不思議な歌をBGMにし、光で彩られたワイヤーフレーム空間を見ていると、ゲームに吸い込まれそうになる没入感があった。
dungunr-7

論より証拠。ここで、動画を見て欲しい。

自分がマクロス世代だからとか、そういった理屈を超えた「空間の気持ちよさ」を感じられた。
その昔、シューティングゲームにはストーリーテキストが存在せず、ステージの背景やBGMでそれを見せようと幾多の試みがなされてきた。
quizcat gamesは、そういった流れを常に汲み、努力してきた。が、ここに来てそれが花開こうとしている。そんな印象を受けた。

動画を見て気になった方。ゲームは年内リリース予定とのことなので、過去作を遊びながらゆるりと待ってみて欲しい。

アプリリンク:
星屑のダンガンチューンズ (itunes 240円)
弾幕STG BULLET'N SURF | ダンガンサーフ (itunes 240円)
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント