RSS

記事一覧

『ドラゴンクエスト』が出た頃の小学生の話。ドラクエ30周年を記念して

dqdqicona2
ドラクエ30周年、おめでとうございます。
少し遅くなってしまったが、この節目に小学生だった自分とドラクエの出会い、その周囲でドラクエが広がっていった様子を記事にしておきたい。
当時の空気感を、この記事から少しでも感じてもらえれば幸いだ。

『ドラゴンクエスト』に出会ったのは、小学1年生のときだった。
友達の家に遊びに行ったとき、お兄さんがドラクエを遊んでいて、一目見て「面白そう!」と思ってしまった。

お兄さんによると、ドラクエは1日遊んでも終わらないほど長く壮大な冒険が楽しめるゲームだという。
すごい。すごすぎる。
それまで遊んでいたゲーム、『チャレンジャー』や『マッピー』、『ボスコニアン』などは短時間で終わる(子供の腕では)し、長く遊んでもループ構造に入るだけ。
1日遊んでも終わらず、長時間の冒険の末にボスを倒すドラクエは夢のゲームだった。
(実は、ハイドライドスペシャルというゲームが自宅にあったが、アルファベットだらけの画面で理解不能だった)

ちょうど、ナルニア物語シリーズを読み終えて「異世界に行って戦ってみたい!」というテンションになっていたこともあり、やりたくてしかたない。
だが、小学生にはファミコンカセットは高い。では、どうするのか。

翌日、登校した自分はドラクエを持っていないかクラスメイトに聞きまくった。
小学生は、新しいゲームが欲しくても自分で買えない。せいぜい、誕生日とかクリスマスにもらえるかどうか。
だから、教室でファミコンカセットを貸し借りしていろんなゲームを遊ぶルールがあった。
買えないなら、借りれば良いのだ。

しかし、クラスメイトは、ドラクエを持っていないどころか存在すらほぼ知らなかった。T君1人しか持っていなかったのだ。
そのT君も「まだ飽きてないから(当時のゲームはクリアの概念があるものが少なく、飽きたときがやめるときだった)」という理由で貸してくれなかった。
交換レートを引き上げてもだめだった(面白いゲームを借りるときは、1本に対して2本のファミコンカセットを貸さなければいけなかった)。

こうなったらもう仕方ない。
家に帰った自分は、父に「貯金していたお年玉を全部使って!」とお願いし、次の日の夜にはドラクエが家にやってきた。
あとはもう、ハマるだけである。

1日目はギラを覚え、ドラキーを倒して興奮した。
2日目には洞窟が暗すぎて泣いて帰り、3日目には「どうのつるぎ」の強さに感動していた(はずだ)。
dqdq2

学校に行ってはT君とドラクエ話で盛り上がり、クラスメイトに「貸して!」と言われるたびに「すっごく長いからまだ貸せない」と得意げに語っていた。
1ヶ月後には、クラスでファミコンを持っている男子の半数ぐらいは、ドラクエを親にねだって買ってもらっていたように覚えている。

自分はと言えば、竜王の城後略の日。幼稚園の同窓会があったが、竜王と戦っていたらすっかり忘れて行きそびれた。
小学校1年生にして、立派なゲーム廃人の誕生である。
dqgamecast2

そういえば、当時はゲーム自体が大人に知られてなかったこともあり、図工の時間にドラクエのモンスターを描いて怒られたり、作文で将来の夢に「エニクスの社員になってドラクエ10を作ります!」と書いたらサッカー選手に直させられたりもした。
真面目に言っていたのに、先生に「変な子」扱いされて不満だった。しかし、今思えば先生の反応が正常だろうな、とも思う。

さらに時は流れてドラクエ2の情報が解禁されると、ぼくらは週刊少年ジャンプを読むようになった。
袋とじの「ファミコン神拳」に情報が掲載されていることがわかったからだ。
(ちなみに、ドラゴンボールの漫画がジャンプに連載されていることをこのとき初めて知った。漫画は単行本で読むものと思っていた)

1987年にドラクエ2が発売されたとき、ドラクエを持っていた男子はみなドラクエ2を買っていた。
その後、サマルトリアの王子探しで盛り上がっているのを見て、ドラクエ2を見送った他の男子も次々に買い始めた。
IMG_1381_R

ドラクエ3が出たとき、クラスの男子はほぼ全員ドラクエ3を買おうとした。
もう、誰もドラクエを知らないヤツはいなかった。いや、抱き合わせ販売や、ドラクエカツアゲが登場し、社会問題になるほどの人気となっていた。

他の小学生が、どんな経緯を経てドラクエに出会ったのかはわからないし、人気度もわからない。
しかし、自分のいた下町の小学校では、こんな風にドラクエの知名度は上がっていったように記憶している。

過去のゲームを語るとき、その「時代」と切り離せない。
今、プレイして凡作と感じられるゲームでも、当時の時代性とか、社会的な期待度とか、いろいろな要因で「名作」と評されていたり、逆だったりもする。
なので、そういった時代を感じる資料になればと思い、ドラクエ30周年を記念してこの記事を書いてみた。
もう30年も前の話だが、小学校の仲間に連絡を取って書いたので内容にあまり間違いはないと思う。これを見て、ドラクエが出た当時の子供の気持ちを、少しでも感じてもらえれば幸いだ。

なお、今回の画像はスマホ版のドラクエからとっている。スマホ版のドラクエは、ポータルアプリからダウンロードできるので、遊んでみたい方は30周年の機会にどうぞ。

アプリリンク:
ドラゴンクエストポータルアプリ (itunes iPhone/iPad対応/Google Play)

コメント一覧

    • 1. 懐古厨
    • 2016年06月12日 23:44
    • 「やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです」一読オススメ
    • 2. 懐かしい
    • 2016年06月13日 00:06
    • 昔は攻略サイトなどなかったのになぜか攻略方法なんかは友達と情報交換してたよなぁ。
    • 3. 南の少年
    • 2016年06月13日 00:31
    • 私はドラクエ5が小学校低学年でしたが、私も周りもあまりせず、やっとやれるようになったのが小学5年生くらいでした。

      私は小学生低学年の時は親のパソコンでバトルスキンパニックをやプリンセスメーカー2やロードモナークをしていました。
      今は保育園児でも簡単にできるゲームがたくさんあっていいなぁ。
      逆にダメなのか。
      この辺は未だに謎です。

      当時のエニックスの社員になりたいって言うのは今の小学生のユーチューバーになりたいと同じようなものですよね。
      楽しそうだからなりたい!って言う。
      ゲーキャスさんの作ったドラクエ、やってみたかったです(笑)
    • 4. 20代ゲーマー
    • 2016年06月13日 00:37
    • 私が小学生の頃はちょうどPSからPS2への移行期で、FF10,12やDQ8などの最新のフル3Dのグラフィックに夢中になっていました。
      こうして見ると、世代の違いはあれど、それぞれのゲーム体験があって面白いですね。
    • 5. ぽ
    • 2016年06月13日 00:45
    • おっさん癒やし記事やなーと思うと同時に
      今の子供たちはどんなゲーム体験をしてるのかなと気になりました。
    • 6. ゆきんこ
    • 2016年06月13日 07:42
    • ドラクエVのストーリー展開に驚いたのも、もう遠い昔…(´-`).。oO
      自分は怖がりだったので1人でプレイできず、親戚の子が夏休み中プレイしてるのを隣でずっと見てました。懐かしいですー
    • 7.
    • 2016年06月13日 14:38
    • 決して売れはしないだろうけど、いつかまたファミコンライクなドラクエを家庭用で出してほしいな
      スマホで遊べるドラクエは当時のドラクエとはやっぱり別物なのだから
    • 8. たこぼうず
    • 2016年06月13日 17:38
    • 5 ドラクエが発売されたときは小6でした。
      それまではアクションやシューティングが主流だった中、ゆっくり長く楽しめるゲームで本当に夢中になりました。

      リムルダールの鍵屋やラダトームの太陽の石が見つからなくて苦労したことや、『かげのきし』にめっちゃやられたこと、今でもハッキリ思い出せます。

      当時は、ローラ姫をつれて宿屋に泊まった時の「きのうはおたのしみでしたね」が理解できなかったなぁ(笑)

      おじさんの懐古主義と言われてしまうかもしれませんが、昔のゲームは輝いてたなぁ……
    • 9. もふもふ
    • 2016年06月13日 18:21
    • 5 記事を読んでつい懐かしくなりました♪
      同じ歳のようです~!
      ドラクエに衝撃を受け、夢中になりました!
      小学生には復活の呪文の書き写しは難しく…。
      汚くて読めなかったりミスしたり…。
      それでも楽しかった!!
      この年でもまだドラクエしてますw
    • 10. トットテルリ
    • 2016年06月13日 19:42
    • 初めてドラクエに触れたのがドラクエ5からでした。

      なのでゲームキャストさんのようにリアルタイムでFC版のロトシリーズに触れたわけではないのですが、今年に入って初めてFC版の1に触れたのは感慨深かったです。


      スマホ版やDS版でドラクエの過去シリーズも触れやすい環境になってはいるのに、最近の子供はドラクエ自体そこまで触ったことない子もいるみたいですね……。。。



      個人的にドラクエのスマホ展開ですが、ナンバリングリメイクやソシャゲ系じゃなく、FFのFFL光と闇の戦士みたいな、売り切り系で『ドラゴンクエスト』の名前を関した専用のドラクエスマホゲームが出て欲しいです。

      「ドラクエライク」なRPGは結構見かけますが、それを本家ドラクエで新規で出てくれないものかと期待してるんですよね。。。
    • 11. んかげ
    • 2016年06月13日 21:35
    • 5 ゲームキャストさんと私は多分同じくらいの年代かと思います。
      私の故郷は結構田舎で、親はテレビゲームをよく思わない人達でした。私はまだ見たことの無いファミコンが夢に出てくるくらいファミコンに興味があったのですが、どうしても親が首を縦に振らず子供の頃に買うことは最後まで叶いませんでした。ハンガーストライキをしても無理でした(笑)
      学生時代はゲームのことは忘れて過ごしましたがドラクエ7あたりでドラクエと知り合い、薄く付き合って来ましたが、近年、中年になってある程度余裕ができた今、ドラクエを1からやってみよう!と思って1週間ほど前からやっています。攻略は見ずに自分で見つけよう!と思っていましたがアッサリ見ました(笑)
      お友達とあーだこーだ言いながらやるのは楽しかったのだろうな〜と頬が綻びました。
      羨ましくてついコメントしてしまいました。

      ちなみにファミコンを見た事のない時に夢に出て来たファミコンの形はなぜかツイスターゲームの様な形でした。その時の私のなかの最先端ゲームがツイスターゲームだったのかも(笑)
    • 12. 通りすがり
    • 2016年06月13日 23:10
    • なんというおっさんホイホイ記事
      自分は幼稚園の時父親のやっているドラクエ3を眺めていたのが初遭遇ですね
      ゾーマを倒した後のエンディングではストーリーをちゃんと把握していなかったにも関わらず感動で泣いたのを覚えています
      冒険の書が消えましたのBGMはトラウマですね
    • 13. name
    • 2016年06月13日 23:42
    • ファミコン入手の少し後に父の知人からお下がりで大量のソフトを貰い、その中にドラクエIIが入ってました。
      説明書は付いておらず、「そうび」という言葉の意味も分からず、(呪文の使えない1人パーティのため)戦闘は"こうげき"を選ぶだけ。
      しばらく後に遊びにきた友人がその存在に気付いて、遊び方を教えてくれるまで、よく分からないゲームとして棚に積まれてました。
    • 14. ほげ
    • 2016年06月14日 16:26
    • 僕はFF5の時期に同じようなことが有りました。
      思い出補正が入っているとは思いますが、僕の中でゲームが黄金期だった時代です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント