RSS

記事一覧

心の葛藤を映像で見せる青春アドベンチャー。『Lost Tracks』レビュー

losttrack_3
デンマークのCGとアニメーションの専門学校生が、卒業直前の1年を使って作ったアドベンチャーゲームが公開されている。
『Lost Tracks』だ。
CG専攻の学生だけあって、その映像の美しさは下手なゲームをしのぐほど。
心の葛藤を映像で表現したゲーム世界に、のめり込んでプレイさせられてしまった。
これで無料なのだから、プレイするしかない。

主人公は、内気な青年ロウ。彼が、いつも通り電車に乗ると、いつもと違うことが1つだけあった。
losttrack_8

斜め向かいの席に、かわいい女の子が座っている!
losttrack_10

話しかけたい。しかし、話しかけられない。
そんな葛藤のなか、ロウの体から白い何かが抜け出ていく。それとともに、意識が遠くなり……。
losttrack_11

目を覚ました場所は、線路がひたすら続く謎のロウの精神世界。
プレイヤーは、ロウを操作して精神世界を探索し、心の葛藤を克服して元の世界に戻る手助けをすることとなる。
losttrack_4

操作は画面ホールドでロウが前に進み、iPhone本体を傾けて曲がるという簡単なもの。
言葉も使わず、表情や仕草だけでストーリーを語る手法を採用しており、誰でも楽しめる。
CGとアニメーションの専門学生が作った作品を多くの人に見てもらうため、あえて簡単な操作を選択しているのだろう。
losttrack_2

そして、その選択は正しかったように思う。
寂しい光景、それを際立たせる足跡の音、時折挿入される音楽。
losttrack_3

「ロウの心の葛藤を克服する」というテーマがグラフィックで表現されているのはもちろんだが……。
losttrack_6

そのクオリティは、テーマを考えないでただ進むだけでも楽しめるほどだ。
精神世界の奥に進むほど、抽象的で美しい風景を楽しめる。
losttrack_7

多くの方に自信を持って勧められる1作と言えるだろう。
ただし、プレイ前に注意が2つある。
1つは、ヘッドホン必須と言うこと。音をより楽しめるのはもちろんだが、音を頼りに移動する謎解きが、iPhoneの貧弱なスピーカーではわかりづらい。
losttrack_5

2つめに、マイクを使って謎を解く場所もあるので、起動時に「マイクを使います」と出たら、許可を出すのも必須である。

それさえ気をつければ、あとはロウの気持ちになって探索してもいいし、何も考えないで遊んでもいい。
言葉の壁もない。操作も簡単。
ロウの精神世界を、静かな場所でゆっくり味わって欲しい。

評価:7(要チェック)

おすすめポイント
印象的なグラフィック
寂しげな音楽
映像で描かれる心の葛藤

課金
なし

(バージョン1.0.2 ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Lost Tracks (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

動画:

 コメント一覧 (5)

    • 1. 読者
    • 2016年03月07日 11:24
    • こいつはまたいいですね。
      最近、雰囲気ゲーの紹介が多いですけど、毎回当たりなイメージです。
      この塗油市でお願いします!
    • 2. 読者
    • 2016年03月07日 12:25
    • この塗油市でお願いします!
      じゃなくて、調子です。ごめんなさい。
    • 3. 雰囲気ゲーマー
    • 2016年03月07日 12:43
    • プレイ時間は短いですが、雰囲気に浸りたくて何度もプレイできてしまう素敵なゲームですね。

      これが無料とは思えない
      240円くらいで販売されてても満足したと思います。
    • 4. 良さそうですね
    • 2016年03月07日 20:47
    • 落としてみます
    • 5. tessy
    • 2016年03月08日 15:10
    • 2 iPhone5には対応していないのであった...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント