RSS

記事一覧

2015年最高の注目作の1つ。動きの気持ちよさを追求した『Downwell』が今週リリース

shot4-feb
暗い縦穴をひたすら降り続けるアクションゲーム、『Downwell』のリリースが今週になることが明かされた。
日本の学生が2ヶ月で作ったゲームが世界の開発者をわかせた。インディーゲーム『DownWell』」という記事を見て、記憶に残っている方もいるのではないだろうか。
あの記事のあとで、作者のmoppinさんは学校を辞め、ひたすらゲームに磨きをかけていた。
トーキョーゲームショー2015でいち早くゲームを触ってきた感想を言えば、「スマホ屈指のアクションゲーム」と太鼓判を押せる出来であった。

本作は、モンスターと戦いながら縦穴を落下死つつけるエンドレスアクション。
ときに敵を踏みつけて倒し、ときにブーツに仕込まれた銃で真下に弾を撃って戦う。
shot6-feb

「ローグライクアクション」であり、ステージは自動生成。
お店が出現し、買い物できる要素も。
shot5-feb

本作の特徴は、アクションゲームの基本とも言える動きの気持ち良さにある。
ハイテンポな動きの気持ちよさ、敵を撃破したときの溜めと派手な爆発。アニメーションの演出がすべて計算ずくで、動かしていて楽しいのだ。
ゲームのプレイ動画を見れば、それは感じてもらえるはずだ。


『Downwell』は、今週iOS版が登場し、後ほどPC版とAndroid版がリリースされる。
静止画で見るとシンプルすぎるが、遊べば確実に面白い。今年最高の期待作の1つだ。
リリースされたら、ぜひ遊んで欲しい。

追記:
でました → Downwell (itunes 360円 iPhone/iPad対応)

関連リンク:
Downwell

 コメント一覧 (4)

    • 1. phping
    • 2015年10月13日 10:55
    • 4 このドット絵は本物だ。なんで学生さんがこんなコトできるんだろう。単色やグラデーションでなく2色というのがまた渋い。
    • 2. う
    • 2015年10月13日 12:31
    • 学校辞めるのは親の身としては辛いなと思ってしまった。

      だけどこのゲームには超期待してる
    • 3. ガルド
    • 2015年10月13日 14:59
    • 面白そうだと思いました。
      期待してます。
    • 4. べーこん
    • 2015年10月14日 08:34
    • 気持ちいい動きですね。いい時代になったと思います。資本も持たない若者が自分の才能を自分の名前で自分の意思で世界に発信できるんだもの。

      僕の好きなドット屋さんや企画者、プログラマなんて誰にも名前を知られることなく年をとってしまいました。たとえばR-TYPE(1,2)、海底大戦争、メタルスラッグ(1~3)ってデザインは同じドット職人の方なんですけど、誰も名前知らないでしょ。他人事だけど悔しいです。

      若くて才能のある人は失敗を恐れずに自分の名前を看板にして世界に出てほしいと思います。パスポート持ってなくてもネットで行けるんだし。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント