RSS

記事一覧

iPhone 6sはiPad Air 2並の性能。ベンチマーク結果公開

海外にて、iPhone 6sのローズゴールドが発売日前に届くラッキーなハプニングが発生し、その持ち主がgeekbench 3による性能の測定結果を公開している。
それによると、iPhone 6sのCPU性能はiPad Air 2に近いほどの性能を誇るようだ。

iPhone 6sのシングルコアのベンチマーク結果はスコア2292。
現在、iOS機器でトップのiPad Air 2(スコア1808)勝っているだけでなく、iPhone 6(スコア1609)と比べると43%程度性能が上がっている。
13

iPhone 6sのマルチコアのベンチマーク結果はスコア4293。
iPad Air 2(スコア4626)には劣るものの、十分高い。
iPhone 6(スコア2879)と比べると69%程度性能が上がっている。

23


この結果から、iPhone 6はデュアルコアで、トリプルコアのiPad Air 2に近い性能を持っていることが分かる。
当たり前だが、CPUの性能などは画面解像度が大きいほどより多く必要になる。
iPhone 6sはiPad Air 2よりも解像度が低いので、実効性能としてはより高くなる可能性すらある。

メモリが2GBである個とも含め、iPhone 6sは、ゲーム好きの熱い要望に応える端末になっていそうだ。

 コメント一覧 (3)

    • 1. めぇめぇ
    • 2015年09月23日 09:24
    • これは買いの性能ですね。欲しいけどお金が...
    • 2.  
    • 2015年09月23日 10:21
    • Air2の後継機種を今年用意しないのも少しわかる気が…。それでもPROでなくて、A9xのAir3が欲しかった。
    • 3. 名無しだがおっぱいが好き
    • 2015年09月23日 11:58
    • ゲーム重視の自分としてはIOS9の動作不安定でゲームが動かなくなる問題が解決しない限りは買う意味がないな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント