RSS

記事一覧

ゼビウス、魚沼に乗っ取られる。『ゼビウス対ご当地怪獣ドキラ世界の食いしん坊越後魚沼大集合!』のカオス

xebi
2015年3月、バンダイナムコは『パックマン』や『ゼビウス』などのゲームタイトルを解放する「IPオープン化プロジェクト」を発表した。
それがこんな怪物を生み出してしまうとは、誰が予想しただろうか。

『ゼビウス対ご当地怪獣ドキラ 世界の食いしん坊越後魚沼大集合!』は、往年の人気シューティング『ゼビウス』を、魚沼のご当地キャラクターと合体させてしまったのだ。

ゲームをスタートすると、お馴染みの『ゼビウス』の音楽と共にソルバルウが出撃する。
ゲームはオーソドックスな縦スクロールシューティング。
だが、ゼビウスなのはそこまで。後は魚沼である。
xibi - 4

そもそも、設定からしてカオス。
日本の地域振興のため、ソルバルウは魚沼に田植えの手伝いにやってくる。
そこに外国からお客様が来日。
ソルバルウは、お客様をもてなしつつ田植えをするのだ。

だから、ソルバルウが発射するのは魚沼産コシヒカリのおにぎり。
画面上からやってくる客に発射し、満腹になるまで撃ち込んでもてなすと、お金を落としていってくれる。
xibi - 1

もちろん、田植えも重要な仕事だ。
田んぼにターゲットをあわせると人間が投下され、田植えが行われる。
客ももてなす、田植えもする。ソルバルウの仕事は大変だ。
xibi - 4

もちろん、最後には要塞に客が乗ってやってくる。
xibi - 8

で、ここまでは「ああ、ご当地PR+ゼビウスなんだなぁ」ですむのだが、このゲームはそこで終わらない。
ゲームを進めると懐かしのBGMは女性の歌に切り替わり、ボスがご当地怪獣の「ドキラ」になり、「魚沼」成分が強くなるのだ。
xibi - 9

ソルバルウの脇もご当地の女子が固め、魚沼名産の豚や鮎が発射されるようになる。
そして、気付くと『ゼビウス』は魚沼に乗っ取られ、地面にも「ようこそ魚沼へ」の看板。
完全に、ナムコのオープンIPプロジェクトを踏み台にしたご当地PRである。

オープンIPプロジェクトが発表されたとき、「懐かしのゲームを使ったクソゲー」や「懐かしのゲームの変化球版」が出てくるとは思ったが、まさか他のIPと合体させるとは想像も付かなかった。
もっと混沌としたゲームが登場するだろう。

本作は、その混沌の先兵である。

評価:2.5(奇ゲー)

おすすめポイント
ゼビウスと思ったら魚沼

気になるポイント
ゲームは普通

課金
なし

(バージョン1.0.0 ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
ゼビウス対ご当地怪獣ドキラ 世界の食いしん坊越後魚沼大集合! (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1.
    • 2015年09月09日 21:30
    • >だが、ゼビウスなのはそこまで。後は魚沼である。

      なかなかシビれる一文である。
    • 2. 魔
    • 2015年09月09日 23:37
    • ゼビウス「お、俺を踏み台にした!?」

      いやあ、これはご当地大勝利ですねぇ
    • 3. 中魚沼粽
    • 2015年09月10日 01:45
    • 魚沼米姫TPPもよろしくね
    • 4. 名無し
    • 2015年09月10日 15:32
    • 普通にゼビウス移植してたまにPR入るみたいなやつの方が良かったんじゃ…
      これじゃ逆効果でしょ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント