RSS

記事一覧

人を導き信仰を集める神様なりきりSLG『GODUS』レビュー。神は7日で世界を作ったが…。

godus_1
『GODUS』は神になって大地を動かし、奇跡の力で人々を導く「神様ゲーム」だ。
このゲームの制作者は、なんと元祖神さまゲーム『ポピュラス』のピーター・モリニューさん。
スマホ版の『GODUS』は、その大御所がDeNAと共同製作することでも話題になり、「PC版とスマホ版でどうかわるのか」という点でも大いに注目されていた。

さて、実際はどうだったのか。
今回は「神は7日間で世界を作った」という伝承にあやかって、プレイの様子を日記風にお伝えしよう。

1日目。
人々は海におぼれ、死に面していた。
godus_rrrrr1

見かねた神は力を消費し、指で大陸をドラッグした。
すると指に合わせて土地が隆起し、人々は救われた。
godus_rrrrr2
▲土地がスルスルと隆起する感触は気持ちいい。

その後、神は人々を「約束の地」まで導いた。
彼らは平地に家を作り、神に感謝した。
godus_1

2日目。
家を作ると人が増え、神の力がたまるようになった。
さらに、人が一定まで増えるたび「技術カード」が生まれた。
godus_rrr1

神は土地をいじって土の中から宝箱を見つけ、「ステッカー」を手に入れた。
ステッカーを技術カードに貼ると、さまざまな技術がアンロックされた。
貧しいテントに暮らしていた人々は、家を与えられて大いに喜んだ。
godus_r1

神が家をタップすると大工が出現し、さらに広がった土地に家を建てた。
時間ととも家からはピンクの球体が出現し、神は「信仰の力だ」とそれを集めた。
godus_rrrrr4

神と人の心が通じ合い、喜ばしい時代が続いた。
「土地が豊かになると楽しい」という声が聞こえた気がした。

3日目。
人々は神殿を作り、神を祭った。
神殿を作るたびに神は奇跡の力を手にして、聖なる木を生やしたり、恵みの雨を降らせるようになった。
godus_3

4日目。
「facebookに接続せよ」そう神は言った。
godus_2

「その後、家ができるまで休む」と神は言った。
godus_7

5日目。
神は港に人々を導き、新たな土地に導いた。
人々は新しい土地で祭壇を目指して歩いた。
godus_rr1
▲1つの島が1ステージのミニゲーム。

神も土地を隆起させて人々を助け、素早く祭壇へ導いた。
島の攻略が失敗すると人口が減ったが、神へを信じて人々は果敢に進んだ。
人々が祭壇に早く到着するほど多くのステッカーが手に入り、新しい技術が生まれた。
godus_5

しかし、前よりも進化のスピードが落ちているように感じた。
天から「それなりに楽しめるパズルだな」という声が聞こえてきた気がした。

6日目。
でかい神殿を復旧させると「農村が作れる気がする」と神は言った。
godus_rrrrrrr2

神が左下の指型ボタンをタップし、「定住地」から「農耕型定住地」を選択すると周囲の家が固まり、村ができた。
村の周りには畑ができ、数時間ごとに小麦が生産されるようになった。農耕の始まりである。
godus_rrrrrrr1

畑ができると、突然に人々は餓えるようになり、小麦がなければ家を建てなくなってしまった。
godus_rrrrrrrrrrr1

さらに「幸福度」が出現し、神に不満がある者は邪教の村へ逃げ出すようになった。
godus_rrrrrrrrr1

人々は働かなくなり、文明は進まなくなり、神は退屈しているようだった。


7日目。
「課金せよ、さもなくば休まん」
神は言った。
godus_rrrrrr1
▲フォローしておくと、課金する気にならない作りなので課金圧力は低め。

「断る」と言ったところ、神はまた休んだ。
そもそも、人々は小麦がないと働かないし、働いても家を建てのに時間がかかるので神のやることはあまりなかった。
godus_rrrrr3

以上、神の記録である。
記事内の1日は2時間程度と思ってもらえればいいだろうか。
ゲームの印象は、神になって街を広げる「テンポが悪い神さま風の街作りゲーム」だった。

やることはあるのだが、単調でつらくなってくる。
また、先に進むと奇跡を起こしたり特別な建物を建てられたりするが、楽しそうなものは基本課金。
godus_rrrrrrrrr2

なので、そこまでたどり着く前にやめてしまうプレイヤーも多いだろう。
そして新しい要素が出てきても街作りのテンポが遅いのでツライ。
『ポピュラス』的なものを期待している人はもちろん、普通に街作りが好きな方でも楽しめないプレイヤーは多いと思う。
なお、スマホ版の『GODUS』はDeNAと共同製作だが、PC版も似たようなものなのでDeNAが悪さをしたわけではなさそうだ。

アートデザインはとてもいいので、神さまとして大地を作る楽しさ、人々に崇拝されて大地が広がっていく表現がもっと豊かならば楽しめたと思う。
もしくは、開発初期に宣言されていた「異教徒とのバトル」が実装されていれば違う楽しさもあったかもしれない。

だが、現状ではスローペースの街作りゲームで、かなりツライ。

評価:2.5(価格通りに楽しめる)

おすすめポイント
土地を隆起させる気持ちよさ
神さまの気分で遊べる

気になるポイント
単調
プレイ2日目から待ち時間が長い

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Godus (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1. 916
    • 2015年02月07日 18:13
    • ちょうど小麦の生産ができるくらいまで進めましたが私もテンポが悪いと感じました
      雰囲気は好きなので引き続きプレイする予定ではありますが
    • 2. 通りすがり
    • 2015年02月07日 22:11
    • クラクラと同じで超スローペースにして時短課金させる作りですね。基本無料である以上はこうなってしまうのはいたしかたないことでは。
    • 3. kyonshy
    • 2015年02月09日 01:31
    • ポピュラス・・・凄まじく懐かしい・・・SFCだったっけね?あれ自体がのんびりプレイするタイプだから好みが分かれるかと。そもそも信者の営みを温かく、時に厳しく「見守る」ゲームでしたからねポピュラスは。ある意味育成ゲームみたいなものかと?
    • 4. 名無し
    • 2015年02月11日 11:30
    • ビジュアルは素晴らしいのに惜しい。
      課金大前提というわけではなさそうなのでのんびりやるならちょうどいいのかも。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント